2018年02月08日 (木)

ふるさとの誇り竹にのせて【京田辺市】

2月2日(金)放送 北浦静香

DSC09638.JPG

今回の「ええとこ」は、京田辺市を訪ねました。

京田辺は、竹の産地!

その竹を奈良・東大寺の「お水取り」で使う「おたいまつ」として、

奈良まで運ぶ活動をしている地元の皆さんに出会いました!

 

 

まず、直売所で見つけたのは、行列!

 気温も冷え込んでいたのにもかかわらず、

みなさん30分も前から並んでいらっしゃるんです。

一番前に並んでいたかたは、午前7時半から並んでいたそう。

 eetokomononogohunde.jpg

8時に開店したら、争奪戦!!

eetokoyasainakunaru.jpg

5分もしないうちに、お野菜がなくなりました・・・。

 一番を取りたい理由もわかりますね。

さらに、こちらでは、直売所の方が、サービスでお茶を振る舞ってくださるんです。

 

ocaitadakumasu.jpg

京田辺もお茶の産地で、おいしいお茶を頂き、体も心も温まりました・・・♪

eetokonobashokikuto.jpg

そんな直売所で教えてもらった「ええとこ」が、「二月堂の竹送り」。

ん?竹送り??

実は、お隣の奈良県・東大寺の「お水取り」のお松明用の竹

二月堂まで、運んでいるそう!!

eetokotakeokuri.jpgeetokotakeddd.jpg

地元にある、大御堂観音寺。

こちらに竹を運び込んで、奈良まで運んでいるのが、

地元の有志のみなさん。

DSC09636.JPG

この日も竹を掘るということで私も参加させていただくことに♪

みなさんが着ている法被を私も着させていただきました。

eetokohappi.jpg

これで、力もりもりっ!!!(着膨れて私の肩ももりもりっ!!)

よーし!張り切って掘るぞ~~♪

eetokotakenokohori.jpg

 竹の根は、ほかの植物の根などとも絡み合っているので、

「掘る」というより、ザクザク根を切るのがポイントだそう。

掘り出した竹は、なんと、およそ50キロ~70キロ!

eetokogorikita.jpg

「試しに担いでみな!」と言われ、挑戦してみると・・・

eetokokatudu.jpg

 

食い込んで、私の肩も竹のように割れそうでした・・・。

そんな竹を掘り起こして、さらに、担いで東大寺まで運ぶ皆さんの気概に感服。

eetokokatuguntaoueh.jpgeetokokutakuta.jpg

みなさん40年間、ボランティアで続けている竹送り。

eetokokorekara.jpg

有名なお水取りの行事に地元の竹が使われている、というのは皆さんの「誇り」なんだそうです。

さて、この【竹送り】の行事は、2月11日(日)午前8時から行われます。

竹を掘り起こして、東大寺へ運びます。一般の方も参加できるそうです。

そして、ご紹介した場所への行き方は、

大御堂観音寺、直売所がある普賢寺ふれあいの駅ともに

田辺西インターチェンジから車で10分、JRおよび近鉄三山木駅からバスで5分です。

 

さて、次回の「ええとこ」は、3月2日(金)の放送予定です!

お楽しみに~♪


1

ページトップへ