2017年09月25日 (月)

竹、竹、竹が生え。【向日市】

丹沢です!

9月15日(金)「京のええとこ連れてって」は、

のまち・向日市を訪ねました。

takennomitiarukutanzawa.jpg

 

全長1.8kmの「竹の径(みち)」

良質のたけのこを育てるために手入れされていますから、

日光や風をよく通す、明るく美しい竹林が広がっています。

takenomitidrive.jpg

風が吹けば竹の葉がさらさら鳴り、鳥や虫の声も聞こえて、

最高に気持ちのいい散歩コースでした!

 

しかもここ、あまり混んでいないのがまた良いんです。

京都らしい竹林の風景を観るなら、撮るなら、かなりおすすめです。

kaidougaki.jpgkohunngaki.jpg

「竹垣」は8種類もあり、歩きながら気分が変わるよう工夫されています。

竹垣に竹立てかけてあったら「竹垣に竹立てかけてある!」と言いたかったのですが、

竹垣に竹立てかけてはありませんでした(音読してみてください)。

次は隣の客が柿食う現場に行ってみたいと思います。

 

向日市の竹は、意外な所でも活用されていました。

isekihakken.jpg

ここは平安京の前に10年間、都があった「長岡京」の遺跡。

住宅街の真ん中にあります。

 takeberatemotoni.jpgtukitatetetutiwohaneru.jpg

貴重な文化財を傷つけずに掘り出すためには

柔らかい「竹べら」が最適なんだとか!

isekihakkutusagyou.jpg

この場所は最近の調査で、天皇の住む「内裏」

南側の塀があったところだとわかったということです。

端がどこかがわかるということは、建物の全貌を明らかにする上で

とても大事な発見だということです。

 

長岡京の遺跡というと長岡京市に全部あるものだと思っていましたが、

内裏などいくつかの重要な建物は向日市にあったそうです。

 

最後は、福島県の子どもたちを支援する活動をしている

向日市のお母さんたちのグループ「ミンナソラノシタ」に出会いました。

minnsorahayashisann.jpg

ミンナソラノシタが招く福島の子どもたちに遊んでもらうため、

地元の竹遊会のみなさんが「竹のおもちゃ」を作っていました。

tikuyuukainominasannto.jpg

pitagorasuittisuberidai.jpgdoyougadetekitekonnnitiha.jpg

のすべり台をどんぐりが転がる「ピタゴラスイッチすべり台」

どんぐりが落ちる「池」には、どじょうがいるというこだわりのおもちゃ!

donnguriteppou.jpg

のしなりでどんぐりを飛ばす「どんぐり鉄砲」、男の子に大人気!

その他、竹笛竹とんぼなどなど…。

 

地元の方は、竹の楽しみ方を知り尽くしていました。

来月、福島の子どもたちを招いて交流するそうです。

DSC09601.JPG

たけのこの季節以外も色々楽しめる“竹のまち”。

にまつわるええとこにたっぷり出会った旅でした!

投稿者:丹沢研二 | 投稿時間:15:06 | カテゴリ:京のええとこ連れてって | 固定リンク

1

ページの先頭へ