2017年08月29日 (火)

海の恵みと暮らす"おかあさん" 【伊根町】

荒山沙織 7月28日(金)放送 

 

夏といえば、海!

そんな海がすぐそこにある伊根の舟屋から今回の旅はスタート!

町のマンホールも、舟屋のかわいらしいデザインでした。

1.funaya.jpg 2.funaya.JPG

 

 

京都で働き始めてから、

ずっと舟屋の風景を近くで見てみたいと思っていた私。

念願叶って、舟屋の中にまでお邪魔させていただきました!

 

伊根で生まれ育った芦原サカ江さんの舟屋です。

1階に船を着けるところは、

本当に海がすぐそこで、ついついへっぴり腰になった私。

それを見て芦原さんは、

「私なんか、小さいときは舟屋の2階から飛び込んでたわよ!」

笑い飛ばしてくれました。

3.funaya.jpg 4.funaya.jpg

その2階はゆったりとくつろげる空間になっていて、

海と舟屋の景色を眺めながら波の音で癒される、

心地のよい“ええとこ”でした。

5.funaya.JPG 6.funaya.JPG

 

芦原さんは、「さらに“ええとこ”に連れてってあげるわ!」と、

バイクでひとっ走り!81歳、実にお元気です!!

到着した「いーわーね」では、地元のおかあさんたちが

伊根の海の幸で特産品を作っていました。

7.iwane.jpg 8.iwane.JPG

小さなアジを甘辛く炒めたおやつに、ひじきたっぷりのコロッケ。

どれもおかあさんたちの愛情たっぷり!

伊根の方言で「おいしい」は「うみゃー」ということも教えてもらい、

放送を見たねこまるも、お土産のアジを食べて「うみゃーねー」と喜んでいました♪

9.iwane.JPG 10.iwane.jpg

11.iwane.JPG

とにかく明るくて、笑い声があふれる「いーわーね」。

おかあさんたちとお話ししているだけで、たくさんの元気をいただきました。

おいしい料理とともに、ごちそうさまでした♪

12.iwane.JPG

 

つづいて訪ねた「新井崎漁港」で出会ったのは、

京都で唯一の海女大西幸子さんです。

13.ama.JPG 14.ama.jpg

海に入るときも、ネイルをはじめ、つけまつげ、カラーコンタクトと、

オシャレを欠かさない女子力高めの大西さん♪

ですが、腕一本で獲物をとらえる!男気もあふれる海女さんです。

15.ama.jpg 16.ama.jpg

素潜りで行う海女さんの漁。

息を止められるのは、わずか1分弱。

その短い時間のなかですばやく岩場に隠れた貝を探す姿は、まさに職人技

17.ama.jpg 18.ama.JPG

海に入る前には必ず神社にお参り

自然相手でひと時も気が抜けない、命がけの仕事です。

19.ama.jpg 20.ama.jpg

 

そんな大西さんの心強い味方が、娘の美岬ちゃん

大西さんが漁に出ている間、この日は絵を描いて待っていました。

海女のおかあさんと、海の生き物を紙いっぱいに描き込んでいて、

普段からよく見ているんだなとすぐに分かりました。

21.misaki.JPG 22.misaki.JPG

さらに、おかあさんが漁から帰ってくると、すかさず迎えに行って、

「お疲れ様、大丈夫?」と声をかけたり、

お水を差し出したりしてサポートする美岬ちゃん。

「美岬ちゃんにとって、おかあさんはどんな存在?」と聞くと、

「おかあさんと私は“親友”だよ」と教えてくれました。

海を通して育まれている“母娘の絆”に胸が熱くなりました。

23.misaki.JPG 24.misaki.JPG

だからこその大西さんの「思い出ノート」の一言。

「海がある それだけで いーね」

とっても深くて、とってもあったかい言葉だなと感じました。

25.misaki.JPG

 

おまけ

美岬ちゃんの無邪気な笑顔には、スタッフもみんなメロメロ♪

26.omake.JPG 27.omake.JPG

おかあさんの絵を描き終わったあと、なんと、私の似顔絵も描いてくれました。

美岬ちゃん、素敵な宝物をありがとう。

28.omake.JPG 29.omake.JPG   

すっかり懐いてくれたので、「京都に一緒に帰る?」と聞いてみたら、

「おかあさんと離れたくないから、やだ!」と、キッパリ断られちゃいました(笑)

その言葉にも、またキュン♪としたひとときでした。


1

ページトップへ