2017年03月31日 (金)

卒業"ええとこ"旅 【小野田真由美】

ついに、この日が来てしまいました。

祝!75回目。

私の最後の“ええとこ”旅は、“おみくじで占う 旅立ちの春!”

ぜいたくに、府内3か所を旅してきました。

 

宮津市の「天橋立 智恩寺」では、扇おみくじを。

私の春からの未来を占うと、『大吉』

期待が持てそうです(*^_^*)

 

 

八幡市の「飛行神社」では、“神”飛行機おみくじ

おみくじを引き、運勢を確認したあと、紙飛行機の形に折るんです。

テレビをご覧の皆さん、そして、番組の運勢は?!

こちらも、『大吉』!!

私が折った少しいびつな紙飛行機も、

皆さんの夢を乗せて“奉納鳥居”の輪の中を気持ちよさそうに飛んでゆきました。

 

京都での5年間、私がずっと大切にしてきた御守りがあります。

“にぎり花仏”

表には「お地蔵様」の絵が、裏には「だんだんよくなる」の言葉が記されています。

福知山市の「観音寺」

ご住職の小籔実英さんが、デザインされました。

 

仕事を始めたばかりの頃。

寺を訪ねて引いたこの御守りを、つらい時、悲しい時、落ち込んだ時、

いつも握りしめては力をもらっていました。

 

今回、どうしても御礼参りがしたかったんです。

久々に小籔さんに会いに行き、新しい御守りを引かせてもらうと。。

表には「お不動様」、

裏には「思うようにはならない。だから人生はおもしろい」

小籔さん、

『居心地のよい所で過ごしたいと思う。

 だけど、そのままでは自分の成長が終わりになる。

 新天地で頑張りなさいというメッセージですね』と。

 DSC_0068.JPG

DSC_0069.JPG

 お地蔵様と、お不動様と、小籔さん。

二つの御守りと、握手をしてくださった小籔さんの手から、

旅立ちの勇気をもらえた“ええとこ”でした。

DSC09570.JPG


1

ページトップへ