2018年09月21日 (金)

防災一口メモ 「雨の中避難する時 安全な避難難しい時」

2018_09_21_10_2.jpg

防災一口メモです。

台風等による大雨に伴い避難所に避難する際の注意点です。

 

雨の中を避難する時は・・・

動きやすい格好で、2人以上での避難を心がけましょう。

道路が冠水している場合、マンホールや側溝のふたがはずれていても、

そのことがわからず、転落する場合があります。

やむをえず、冠水した道路などを歩く場合は、傘や長い棒で足元を確認しながら

避難してください。

 

避難所への避難が難しくなった時は・・・

すでに避難所に安全に避難することが難しくなった場合には、

近くのビルなどの頑丈な建物や建物の2階以上で崖や斜面から離れた場所に

避難したほうが安全な場合があります。

周囲の状況をよく確認して、行動するようにして下さい。


2018年09月21日 (金)

京の防災2018 第5回「いつ逃げる?それぞれの判断基準を」

各地に大きな被害をもたらしたことし7月の西日本豪雨。

京都府内でも、5人が死亡するなど大きな被害が出ました。

この時、京丹波町の山間のある地区の住民たちのとった行動が、

災害時の避難を考える際の大きなヒントを含んでいると、専門家から注目されています。

いったい、どのような行動だったのでしょうか。

【続きを読む】


2018年09月18日 (火)

防災一口メモ 「豪雨災害に対する備え」

前田さん(左)から卒業される梅谷さん(右)へ花束のプレゼント

自分が住んでいる地域に災害が迫っているかどうかは、気象庁の

ホームページで時系列で確認できます。

 2.jpg

気象庁のホームページから気象警報・注意報をクリックして、

地図から京都府を選択します。

1.jpg

例えば京都市だと、いまは雷注意報が出ていて、黄色で示されています。

注意が必要なことがわかります。

これが警報の場合だと黄色ではなく赤で表示されます。

自宅でも確認できる情報を活用して、いざというときに備えましょう。


2018年09月18日 (火)

京の防災2018 第4回「豪雨災害に対する備え」

ことし7月、京都を含む西日本を中心に大きな被害をもたらした豪雨。

同じような雨が再び降ったときどうすれば命を守ることに繋がるのか

専門家に聞きました。

【続きを読む】


2018年09月10日 (月)

防災一口メモ 「避難する時は」

17.jpg

防災一口メモです。

外で地震にあった際、ブロック塀の倒壊以外にも危険性があります。

ビルなど高い建物の近くでは、極力、広い道に避難しましょう。

古い木造の建物は一見被害がないように見えても、

余震などで倒壊する恐れがあるので近づかないようにしましょう。

避難する時には足場が悪いことを想定しましょう。

 


2018年09月10日 (月)

京の防災2018 第3回「ブロック塀の安全、京都では」

防災への備えなどをお伝えする「京の防災2018」。

6月18日の地震では、震度6弱の揺れを観測した大阪府高槻市で、

小学校のブロック塀が倒れて児童1人が死亡しました。

あらためてクローズアップされた身近な「ブロック塀」の危険。

京都ではどうなっているか、取材しました。

【続きを読む】


新着記事

カレンダー

<<
2018年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
  • アナウンサー・キャスター紹介
  • NHK京都トップヘ
1

ページトップへ