2018年9月

2018年09月22日 (土)

9月24日週の放送予定

9月24日(
  「ニュース630 京いちにち」は 
  お休みします。

 

9月25日(火)
  『京都カルチャー』 
   “日本髪”の伝統を守って

 

9月26日(水)
  『京これ!』 
   地元で人気!子ども記者がつくる新聞

 

9月27日(木)
  中継
   地域を元気に!~移住者たちの醤油づくり~

 

9月28日(金)
  『京のええとこ連れてって』 
   幕末の史跡をめぐる

 

※内容等は変更になる可能性がありますので
 ご了承ください。


2018年09月21日 (金)

懐かしい~!! 【岩槻里子】

9月に入り急に秋めいてきましたね。

皆さん、風邪などひいていませんか?

私は先日、

「きょうの料理」で岐阜ロケに行きました。

名古屋出身の私。

岐阜に行くのはずいぶん久しぶりでしたが、

何となく親近感がわくのよね~なんて思いながら

岐阜駅で降りたらびっくり!

駅前に巨大な信長像がいるではありませんか!

しかも全身キンキラキン!!

 0585.JPG

やるな、岐阜。

 

 

【続きを読む】


2018年09月20日 (木)

『京これ!』畳の魅力を畳バンドで発信!

リポーターの小谷麻菜美です。

 

9月5日放送の「京これ!」では、

を使った楽器で、の歌をうたい、

の魅力を伝えるバンド、

「日本畳楽器製造」をご紹介しました。

tatami1.jpg

 

【続きを読む】

投稿者:小谷麻菜美 | 投稿時間:19:06 | カテゴリ:京これ! | 固定リンク

2018年09月18日 (火)

防災一口メモ 「豪雨災害に対する備え」

前田さん(左)から卒業される梅谷さん(右)へ花束のプレゼント

自分が住んでいる地域に災害が迫っているかどうかは、気象庁の

ホームページで時系列で確認できます。

 2.jpg

気象庁のホームページから気象警報・注意報をクリックして、

地図から京都府を選択します。

1.jpg

例えば京都市だと、いまは雷注意報が出ていて、黄色で示されています。

注意が必要なことがわかります。

これが警報の場合だと黄色ではなく赤で表示されます。

自宅でも確認できる情報を活用して、いざというときに備えましょう。


2018年09月18日 (火)

京の防災2018 第4回「豪雨災害に対する備え」

ことし7月、京都を含む西日本を中心に大きな被害をもたらした豪雨。

同じような雨が再び降ったときどうすれば命を守ることに繋がるのか

専門家に聞きました。

【続きを読む】


2018年09月15日 (土)

9月17日週の放送予定

9月17日(・敬老の日)
  祝日のため番組はお休みです。

 

9月18日(火)
  『京都カルチャー』 
   ミュージックライブ・私の思い出

 

9月19日(水)
  『京これ!』 
   伝統工芸を“イマドキ”に継承

 

9月20日(木)
  『京都クローズアップ』 
   台風被害 文化財修復の課題

 

9月21日(金)
  『京のええとこ連れてって』 
   京丹後市

 

※内容等は変更になる可能性がありますので
 ご了承ください。


2018年09月14日 (金)

中継「時代を映す子供たちの顔」

8月30日、「ニュース630 京いちにち」で、
「時代を映す子供たちの顔」と題して
京都市学校歴史博物館から中継でお伝えしました。

IMG_1941.jpg
  京都市学校歴史博物館(下京区)

【続きを読む】


2018年09月11日 (火)

秋の味覚 丹波くり ~京丹波町・和知地区~

9月11日(火)放送

【秋の味覚 丹波くりを使ったレシピ】を紹介します。

焼き栗

09_11_01.JPG

ポイント① 栗のおしりに切れ目を入れると、きれいにはじける

ポイント② 皮が真っ黒に焦げても気にせず、中までじっくり火を通す

栗チップス

09_11_02.JPG

【材料】  

・栗   適量
・塩   適量
・揚げ油

【作り方】

① 栗の鬼皮、渋皮をむく
② 皮をむいた栗をスライスする
③ 約170度の油で、少し色がつくまでさっと揚げる
④ 仕上げに塩をふる

 

【教えてくれた方】

山内善継さん(丹波くり農家・京都府知事認定栗栽培技術の匠)

地元の婦人グループの皆さん

【リポーター】

荒山沙織

09_11_03.JPG 09_11_04.JPG


2018年09月10日 (月)

防災一口メモ 「避難する時は」

17.jpg

防災一口メモです。

外で地震にあった際、ブロック塀の倒壊以外にも危険性があります。

ビルなど高い建物の近くでは、極力、広い道に避難しましょう。

古い木造の建物は一見被害がないように見えても、

余震などで倒壊する恐れがあるので近づかないようにしましょう。

避難する時には足場が悪いことを想定しましょう。

 


2018年09月10日 (月)

京の防災2018 第3回「ブロック塀の安全、京都では」

防災への備えなどをお伝えする「京の防災2018」。

6月18日の地震では、震度6弱の揺れを観測した大阪府高槻市で、

小学校のブロック塀が倒れて児童1人が死亡しました。

あらためてクローズアップされた身近な「ブロック塀」の危険。

京都ではどうなっているか、取材しました。

【続きを読む】


ページトップへ