ページの本文へ

  1. トップページ
  2. 京の推しレシピ
  3. 【京の推しレシピ】とうもろこしの白あえ

【京の推しレシピ】とうもろこしの白あえ

京の推しレシピ

執筆者のアイコン画像大森華子(リポーター)
2022年08月10日 (水)

2022年8月10日(水)放送

<材料(3~4人分)>
・とうもろこし …  1/2本(正味100g)
・水 …  1ℓ
・塩 …  10g

・絹ごし豆腐 ... 1/2丁(180g)

【あえ衣の下味】
・白みそ …  40g
・砂糖 …  小さじ1
・しょうゆ …  小さじ1/2
・練りごま …  小さじ1

【具材】
・しいたけ …  1枚(20~30g)
・さやいんげん … 4~5本
・レーズン …  30g
・とうもろこしスナック菓子 …  適量

【トッピング用】
・サラダ油 …  少々
・酒 …  小さじ1
・しょうゆ …  小さじ2/3
・砂糖 …  小さじ1

<作り方>
・しいたけは、甘辛く煮て冷まし、みじん切りにしておく
・さやいんげんは、熱湯でゆでて氷水につけて冷まし、塩をふって1.5cmの長さに切る

1.鍋に湯をわかして塩を入れ、とうもろこしを入れて8~10分間ゆでる
(浮いてくるようであれば、落としぶたをしておく)
ゆで汁につけたまま、冷ます
*ポイント:塩を入れてゆでることで、甘みを引き立たせる
*ゆで汁につけたまま冷ますと、しわにならず、仕上がりがきれいに。また、塩味も中まで入る
2.(1)の冷めたとうもろこしの身をそいでバラバラにし、60gと40gに分ける
(塩味がうすい場合は、塩をふっておく)
3.絹ごし豆腐は紙タオルではさみ、おもしをして2時間ほどおき、水をきる
4.(3)の豆腐を、すり鉢ですって滑らかにする
(すり鉢がない場合は、フードプロセッサーかハンドブレンダーで滑らかにする)
5.(4)の豆腐に、白みそ・砂糖・しょうゆ・練ごまを入れて混ぜ、あれば裏ごし器で裏ごししておく
6.しいたけ・さやいんげん・とうもろこし(60g)の水けを紙タオルで拭きながら混ぜ、レーズンを入れ、(5)のあえ衣を入れて混ぜる
7.スナック菓子を包丁で刻んで(6)に入れて混ぜ、器に盛りつける
8.フライパンに、サラダ油・とうもろこし(40g)を入れて焼き色をつけ、酒・しょうゆ・砂糖で味をつけ、(7)の上にのせて出来上がり


この記事に関連するタグ

大森華子

秋山直浩(日本料理)

最新の記事