標茶町
浜中町
鶴居村
別海町

北海道にはかつて、道東・道北地域を中心に、道路状況が劣悪な地域における開拓をすすめるために作られた簡易軌道と呼ばれる鉄路が存在しました。道東の簡易軌道は、人々だけでなく農作物、そして年々生産が増加していた牛乳の輸送などに重要な役割を果たしましたが、整備されていく道路に役目を譲り、全ての路線が姿を消しました。

NHK釧路放送局は平成30年2月、開局80周年を迎えます。これを記念し、釧路市立博物館と共同で、かつて道東に存在した簡易軌道から、地域の開拓・酪農の歴史をたどり、道東地域のあゆみを振り返る企画展を実施します。

映像でよみがえる簡易軌道と道東開拓のあゆみ
昭和40年代まで簡易軌道が存在した4つの町村の歴史を、映像や写真などから振り返ります。今回はNHKが長きにわたり大切に保存していた、簡易軌道が実際に人々に利用されていた様子のわかる貴重な映像を公開。また、各町村の簡易軌道の写真や、開拓の歴史に関わる物品などを展示し、簡易軌道とともにあった各町村のあゆみを感じていただけます。
あの頃、道東は。~NHK番組上映会~
NHKの膨大な番組アーカイブスから、今回の企画展に沿った番組をピックアップ。 道東地域に関連するNHKの番組を上映し、地域のあゆみを振り返ります。めったに観られない1960年代のものから、近年の道東の様子を取り上げたものまで、様々な番組をご覧ください。 上映スケジュールはこちら
簡易軌道のある世界
釧路在住のジオラマ作家、小島祐二さんが今回の展覧会のために製作した簡易軌道のジオラマを展示します。地元の方ならではの観察眼が活かされた世界観をお楽しみください。
NHK釧路放送局80年
~あの日、あの時、あのニュース~
平成30年、NHK釧路放送局は開局80年を迎えます。道東とともに歩んだ釧路局が記録してきたニュースをまとめた映像をご覧いただけます。