NHK釧路放送局 blog

    • 2017年11月24日 (金)

    ユニークな工夫で町を盛り上げる!中標津町

こんにちは!
12月を目前にして、一段と寒くなってきましたね!
いかがお過ごしでしょうか。

さて、11月25日放送の
「おはよう北海道・土曜プラス~ぶらりみてある記~」は
中標津町を紹介します。

中標津といえば、酪農で知られていますが、今回は“芸術”がテーマ。

20171124_01.JPG

まずお訪ねしたのは牧場です。ただの牧場ではありませんよ。
「美術館」がある牧場です!
牧草地の一角にはこんなオブジェも!ちょっと不思議な雰囲気ですよね。

20171124_02.JPG

さらに歩くと、両脇に赤いサイロが二つ。
中央の木造の建物が“荒川版画美術館”(入場無料)です。
ここには道東や地元の版画作家が描いた牛や牧場の風景などが
30点ほど展示されています。


20171124_03.JPG

次に訪れたのは町の中心部にある“シルバー人材センター“。
ここにも“芸術”が。細かい細工が施された木工作品がたくさん!!
元大工の小林竹春さん(92歳)が1人で作った“からくりおもちゃ”です!
手回しで人形が動く仕掛け。器用ですよね
小林さんは仕事をやめた後70歳から20年間、からくりおもちゃを作り続けてきました。
全部で100点以上の作品が展示されています。
実際に触れることができるのも楽しいですよ。

20171124_04.JPG


最後に訪れた場所には子どもたちの声がひびいていました!
木のプールです!

20171124_05.JPG

作ったのは大工の柴田智幸さん。町のカラマツの木を使いました。


20171124_06.jpg


中標津愛あふれる地元のアーティストのみなさん、
その作品の数々をぜひご覧ください。

「おはよう北海道土曜プラス」
11月25日(土)午前7時30分から放送です。