NHK釧路放送局 blog

    • 2018年11月22日 (木)

    まちの新たな特産品に!中標津ジャンボしいたけ

お久しぶりです。
今年は季節外れの暖かな日が続いていましたが、釧路でもようやく11月21日に初雪が観測されました!
皆さん、冬の準備はお済みでしょうか・・・?
日を追うごとに寒さが厳しくなってくるこの時期、食卓に並ぶのが、鍋料理ですよね。
先日、その鍋料理に欠かせない「しいたけ」を、
「ほっとニュース北海道」のほっと中継のコーナーでご紹介しました。

お邪魔したのは、道東の中標津町にあるしいたけの生産施設。
ここでは、特別なしいたけを育てているんです。それが、こちら。 

20181122_01.jpg

ジャンボしいたけです!
大きさは私の手のひらくらい。
おもに全国各地のグルメイベントなどで販売されています。
 

生産しているのは、農家ではなく地元の建設会社です。
どうして建設会社が本業とは関係のないしいたけ栽培をしているのかというと、
北海道ならではの悩みがあるためなんです。
冬に雪が降ると、どうしても工事や作業を中断しなくてはなりません。
その冬の仕事として、このしいたけ栽培を始めたんだそうです。

中継ではこのジャンボしいたけのおすすめの食べ方を教えてもらいました!

20181122_02.jpgそれがこちら。しいたけの傘を逆さまにして、チーズをたっぷり乗せて焼きます!
酪農の町・中標津らしい食べ方ですよね!
私もひとついただきましたが、歯ごたえがしゃきしゃきとしていて、
まるでお肉を食べているような食べ応えがありました!
うまみもぎゅっと詰まっていて、とてもおいしかったです。

このジャンボしいたけ、札幌の雪まつりにも出店するそうですよ。
みなさんも、機会があればぜひ味わってみてください。