NHK釧路放送局 blog

    • 2017年06月30日 (金)

    オーケストラがやってきた!

こんにちは、寺井紀惠です。
久保田アナウンサー、加藤キャスターと音楽の話題が続きましたが…、
私も、中学校で開かれた“コンサート”のお話です。

6月15日(木)放送の「ほっとニュース北海道」“JIMOTO情報”で
釧路の景雲中学校で行われたクラシックコンサートを紹介しました。

20170630_01.jpg

今回訪れたのは、釧路市出身のチェロ奏者・白佐武史さんとその仲間たち8人がつくる、
チェロ、バイオリン、ビオラ、コントラバス、フルート、クラリネット、ピアノの
“最小編成”のオーケストラ。
地元に恩返しをしたいと、年に1回、コンサートを開いています。

生徒たちはさすがのテクニックにうっとり…。

プロの演奏を堪能したあとは、「指揮者体験」コーナー。
なんと、生徒がプロのオーケストラを指揮するのです。
めったにないチャンスに、興奮気味。指揮者は立候補で決まります。
中にはなんとか当ててもらおうと両手を挙げたり、立ち上がってアピールする生徒もいました。
極端に速度を変えて指揮棒を振るのですが・・・・・・
さすがにプロのオーケストラの方々は少しも動揺せず、
生徒の指揮にぴったり合わせて演奏を披露していました!

20170630_02.jpg

生徒たちとの共演もありました。
吹奏楽部が演奏したのは、エルガー作曲の「威風堂々」。
練習の成果を精いっぱいに出し切り、見事に演奏しました。

20170630_03.jpg

釧路の子どもたちに、音楽を通じて地元の魅力を伝えたいという白佐さん。
今後も釧路で音楽活動を続けていきたいと語っていました。