NHK釧路放送局 blog

    • 2017年02月24日 (金)

    こんなにいっぱい!! 標茶町の"宝もの"

こんにちは!加藤美穂です☆
釧路も春の気配が少し感じられるようになってきたようですが、
愛媛県出身の私はまだまだ“耳あて”や“ニット帽”が手放せない毎日… (((寒゚゚Д゚゚寒)))
でも、寒さに負けてはいられません。
逆に冬を目いっぱい楽しもうと決心! 思い切って“旅”に出ましたよ~!
お邪魔したのは (しべちゃちょう)
実は、2月25日(土)放送の「おはよう北海道 土曜プラス」
“ぶらりみてある記”のロケでした。

20170224_01.JPG

さて、標茶町の“有名なもの”って何でしょうか!?
“鉄道ファン”ならすぐ頭に浮かぶのが、SL『冬の湿原号』!
1~2月限定で釧路―標茶間を走る蒸気機関車で、冬の風物詩になっています。

でも、「標茶町にはもっともっと見どころがあるんだよ!」
…と頑張っているパワフルなみなさんに出会った今回の旅。
そんな”標茶愛”にあふれるみなさんが教えてくれた、まちの「宝物」をご紹介していきましょう!

自然と溶け合う…カヌーの旅
まず、豊かな自然。
釧路湿原の4割ほどの面積を標茶町が占めているんですね(=゚□゚=;)
その湿原を…カヌーで満喫しちゃいましょう♪
アレキナイ川では多くの場所で湧水が出ているため、
冬でも凍らずカヌーを楽しむことができるんです!
カヌーに揺られてのんびり。聞こえるのは、水の音に鳥の声…
撮影中、仕事を忘れて「ぼーっ」としてしまいました(笑)

②ソウルフード
『牛乳豆腐』ってご存じ? 酪農の町、標茶町では昔からある家庭料理で、
牛乳を酢などで固めて、普通の豆腐のようにおしょうゆをかけて食べます。
思ったよりしっかりした歯ごたえで、確かに牛乳の風味も感じられておいしい!
この“牛乳豆腐”をご当地グルメとして売りだそうと、地元の女性の酪農家などの
グループが考え出したのが、牛乳豆腐を油で揚げた“ミルクザンギ”。
カレーおしょうゆきなこ砂糖など味も工夫しました(*・ω・*∩
今まで食べたことのない新しい乳製品に出会いました (*´∀`)

③魅力的な人
今回もたくさんの方に出会いました☆


20170224_02.JPG
20170224_03.JPG
中でも忘れられないのが…この2人の女性。
大木さん(左)と田口さん(中央)です(*・ω・*)


20170224_04.JPG

ロケ前の取材でお二人に会いに行った時のこと。
迎えに出てくれた田口さん。私の目線はある部分に釘付けに!
田口さん、なんと“はだし”だったんです Σ(o゚ε゚´oノ)ノ
大阪から標茶町の酪農家に嫁いで30年という田口さん、
もうすっかりどさんこですねぇ!!笑

そして大木さんも同じ関西の京都出身。
東京出身でアクセサリー職人だったご主人とともに、20年あまり前、
東京から憧れの北海道に移り住んで養鶏業を始めました。
とにかく標茶町のいいものを広めたいというパワフルなお母さん!
話し始めると止まらない!
お昼過ぎにお邪魔したはずなのに気が付いたら夕方、…というより夜になっていました。
(*。ω。*)それだけのアツい思いが伝わってきましたねぇ(。・ω・)!

今回標茶町で出会った方々は、まるで昔から知り合いだったかのように
温かく受け入れてくれました。

標茶町のすてきなものを教えてもらった旅。
明日2月25日(土)
朝7時30分からの「おはよう北海道 土曜プラス」
“ぶらりみてある記”のコーナーでご紹介します!
ぜひご覧ください(o・ω・o)ノ゙

20170224_05.JPG2月13日に生まれた子牛「バレンタイン・イヴ」君にも出会ってきました☆
かわいかったー!!!!