NHK釧路放送局 blog

    • 2017年08月04日 (金)

    "役所"がビアガーデンに!?

こんにちは、佐々木愛英です!いよいよ8月!夏本番ですね。
夏といえば、ビール。
8月1日(火)の「ほっとニュース北海道」で、市内のビアガーデンから中継しました。

その会場は…、意外や意外、釧路市音別町の行政センター屋上です!
この日限りの開催でしたが、大勢の人でにぎわっていました!

20170804_1.jpg

前日までの雨がうそのように晴れ!
夕方にお邪魔すると、日ざしを何も遮るものがない屋上でじりじりと照りつける西日をたっぷり浴びて、
ビアガーデンにはもってこいの天気。(女子の大敵、日焼けをするにももってこい?の天気でした…)

さて…、なぜ“役所”の屋上がビアガーデンになったのか。
実はここ、市が指定する「津波避難ビル」!
それを市民にアピールするためのイベントだったんです!

20170804_2.jpg

音別町行政センターの辺り一帯は、津波が来ると最大で9.8メートル浸水すると想定されています。
3年前に高さ13メートルほどの新しい建物になったと同時に、避難場所に指定された行政センター
でも、ここが避難場所だということを地元の人はあまり知りませんでした。
そこで、実行委員のみなさんが立ち上がりました!
「ただの見学会では人が集まらないのでは?」
「だったら、ビアガーデンを開いて足を運んでもらおう」というわけです。

確かに、イベントなどふだんから“避難場所”を利用する機会があれば、いざというとき安心ですよね。
9月には避難訓練が予定されていますが、
実行委員の方は、今後もさまざまなイベントを計画して避難場所に足を運んでほしいと話していました。

私もいざというときのために、日頃から避難経路などを確認しておかないと!
ビールを楽しむ皆さんを見ながら思いました。