NHK釧路放送局 blog

こんにちは、佐々木愛英です!
やっと暑くなってきましたね。(といっても全国的には一番涼しいですが…)

そんな“夏の釧路”で、いま熱いのが…パプリカ
パプリカといえば外国産が主流ですが、
6月30日放送のほっとニュース北海道「JIMOTO情報デラックス」では、
最近注目を集めている“釧路産パプリカ”についてお伝えしました。
去年秋から栽培を始めたばかりなので、今が初めての旬!
釧路市内のスーパーでは、
ピカピカ、ずっしりの地元産パプリカが
外国産を押しのけて目に付くようになってきましたよ。

20170707_1.jpg

最盛期の今は、1日4トン収穫されています。

放送では飲食店でのパプリカメニューをご紹介。

そして市民も、さまざまな工夫を凝らしてしてメニューを増やしているのです!
ご紹介した釧路短期大学の学生さんは、栄養士になるのが目標。
その勉強も兼ねて、ふだんから地域のみなさんにお料理をふるまったりして交流しています。
この日は、「子どもの食育」をテーマにパプリカメニューを創作しました。
それがこちら。

20170707_2.jpg

タイ料理のガパオライスに、ピーマンの肉詰めのようにパプリカにエビとたらのすり身を詰めて焼いたもの。
ブイヤベース、コンソメゼリー寄せやスープまで!

やっぱりパプリカを使っただけあって鮮やか!子どもも喜んで食べてくれそうな彩りです。
もちろん味もばっちり!
学生のみなさんと仲よく頂きました。
パプリカは、焼くと甘みが強くなります。
エビとたらのすり身焼きは、甘いパプリカに魚のうまみがよくあっておいしかったです!
この甘みと一緒に食べたら、苦手な魚も他の野菜もおいしく食べられるかも?

釧路産パプリカブームに火がつくか期待です!