NHK釧路放送局 blog

    • 2016年11月18日 (金)

    シシャモがおいしい季節ですよ!

こんにちは、佐々木愛英です。
今月10日(木)放送の「あさイチ」と「つながる@きたカフェ」で、
今が旬の釧路のシシャモを中継で紹介!

20161118_01.jpgのサムネイル画像

全国放送の「あさイチ」は、木花牧雄アナウンサー。

20161118_02.jpgのサムネイル画像

道内向け放送の「つながる@きたカフェ」は、わたし佐々木愛英が担当しました!

北海道の太平洋沿岸部でしかとれないシシャモは全国に向けて出荷されています。
釧路の秋は晴れの日が多く、乾燥した冷たい風で干されたシシャモは身が締まり、
うまみも凝縮されるんです。

20161118_03.jpgのサムネイル画像


釧路市で27日(日)まで開かれている「ししゃもフェア」では
和食はもちろん、アヒージョといった洋食まで
さまざまなシシャモ料理が釧路市内の20の飲食店で楽しめます。

20161118_04.jpgのサムネイル画像

産地だからこそ味わえるのが、生のシシャモ!
おすしやしゃぶしゃぶが最高です!
柔らかくほんのり甘いのです!まさに、いまだけここだけのお味!


釧路に来られない方には、天日干しを最大限に楽しめるメニューがおすすめです!
「つながる@きたカフェ」で紹介した「炊き込みご飯」!

20161118_05.jpgのサムネイル画像

シシャモのうまみが十分に染みこんだお米と、昆布のだしの香り…。たまりません…!
頭も骨も柔らか!カルシウムもたっぷりとれる一品です。


シシャモの炊き込みご飯(2合分)

【材料】
・お米…300g
・水…360ml
・刻み昆布…8g
・シシャモ(天日干し)…6尾
・にんじん…50g

【調味料】
・清酒…40ml
・しょう油…20ml
・塩…3g
・砂糖…5g

①. お米は洗って水と刻み昆布を入れ30分浸す
②. シシャモは焦がさないように焼く
③. にんじんは長さ1.5cmの千切りに
④. ①に③と調味料を加え、その上に焼いたシシャモを乗せて炊く
⑤. 炊き終わったら、食感が悪くなるシシャモの頭をとり除き、混ぜて食べる
 (頭が気にならない方はそのままでも可)

“生”はもちろん、どんな料理でもおいしい釧路のシシャモ。
旬の味を堪能しました♪