NHK釧路放送局 blog

    • 2017年03月24日 (金)

    甲子園はアルプスにもご注目!

センバツ甲子園、アルプスリポーターの木花牧雄です。

釧路は先週、2ヶ月ぶりにまとまった雪が降ったようですね。

甲子園の周辺はもう春。
大阪の梅田から甲子園に向かう電車から梅の花が咲いているのが見えて、
慌ただしい毎日ですが心を和ませてくれます。

甲子園の高校野球は春と夏2回ありますが、
NHKの中継ではそのたびに全国のアナウンサーが40人ほど集結して
放送にあたっているんですね。
私は2回目の甲子園出張です。※転勤ではありませんよ

senbatu.jpgのサムネイル画像

“甲子園の周辺は、もう春”…といっても、
3月の甲子園は意外と寒暖の差が大きく、晴れて風がないと暑いと感じたり
天候によっては風が冷たい日もあります。
今年も、日かげではコートを羽織って観戦している人が多いですが、
日ざしがあるアルプス(1・3塁側応援席)にいると暖かくて、
応援団は腕まくりをして元気に声を出しています。
ほぼ1日外にいるので油断するとかぜをひいてしまいそうですが、
なんとか元気でがんばっています。

好試合が続いているセンバツ甲子園は、佳境が近づいています。
ぜひ、アルプスにも注目してご覧下さい。