NHK釧路放送局 blog

お久しぶりです!

先日、釧路のそばについて
ご紹介させていただきました。
釧路のそばといえば…

20191025_amako_01.jpg緑色が「定番」なんです!
緑色の秘密を探ってきました。

【なぜ緑色?】
緑色のそばの作り方を教えてくれたお店はこちら!

20191025_amako_02.jpg5代目店主の伊藤純司さんが話してくれました。

20191025_amako_03.jpg緑色の答えは
「クロレラの粉末を入れてそばを打つから」

20191025_amako_04.jpg緑色の正体は健康食品などに使われる
「クロレラ」だったんです。

VTRには入っていなかったのですが、
実はクロレラだけで試食させていただきました!
味は…「のり」に近い味。
後味はお茶のように感じました。

20191025_amako_05.jpg伊藤さんは、クロレラを加えるのは微量のため
そばの味にあまり影響しないとおっしゃっていました。
そばのおいしさをより引き立たせてくれる
きれいな緑色を出すために
必要なものだと感じました。


【起源は?】
なぜ釧路のそばが緑色になったのか。
始まりは明治時代!
緑色のそばの作り方を教えてくれたお店の
2代目店主、
竹次郎さんが始めたと言われています。

20191025_amako_06.jpg当時、東京の代表的な老舗では
新そばが淡い緑色だったということ。
竹次郎さんはその緑色を釧路でも
再現できないかと挑戦しました。

20191025_amako_07.jpg東京の緑色のそばのようにするには
そば粉を変えなければいけなかったそう。
そこでこだわりのそば粉は変えずに
どうやって緑色にするか考えたそうです。

そこから広がった緑色のそば。
今では釧路市民のソウルフードとなりました。
お話を聞かせていただいた方々は

20191025_amako_08.jpg20191025_amako_09.jpg20191025_amako_10.jpg釧路のそばといえば緑!!
口をそろえておっしゃっていました。

伊藤さんは
新芽が出たときの爽やかさや、
釧路でいうと自然や湿原を連想させる色で、
お客さんに喜んでいただけていると思っています
と話していました。

20191025_amako_11.jpg


釧路には 「釧路そばマップ」もあるんです!

20191025_amako_12.jpgマップに掲載されている24店舗のうち
18の店で緑色のそばを出しています。

20191025_amako_13.jpgなかにはこんなおそばも!!

20191025_amako_14.jpg

たくさんのこだわりが詰まった
伝統ある緑色のそば。
釧路で楽しんでみてはいかがでしょうか?

伊藤さんのほかにも
たくさんの方々にお世話になりました!

20191025_amako_15.jpg20191025_amako_16.jpgありがとうございました。