NHK釧路放送局 blog

    • 2017年12月28日 (木)

    2017年 ありがとうございました

ことしも残りわずか。いかがお過ごしですか?
24日(日)の「アジアリーグアイスホッケー・ラジオ中継」が終わり、
いまは、一年走りきったという気分にひたっているところです。

残念ながらクレインズはプレーオフ進出を逃してしまいましたが、
中継した最終戦は、東北フリーブレイズを相手に見事な逆転勝利!
次につながるいいゲームでした。
来季こそは、頑張ってほしいですね。

さて、ことしの“釧路アナウンス”は、寺井紀惠さんと大関栞奈さん、
2人の新人を迎えて新しいことに挑戦した年でした。
10月7日・8日の放送会館公開イベントには、アナウンスグループとして参加。
絵本の読み聞かせやことば遊びをご披露しました。
日頃、カメラを通じて仕事をしている私たちにとっては
みなさんの視線や息づかいを直接感じながら話すという
貴重な経験をさせていただきました。
そして…いま取り組んでいるのが、

「生誕90年 朗読 原田康子の世界」です。
●放送予定:2018年2月3日(土)午前9:05~
ラジオ第1(釧路・根室地域)

釧路が生んだ作家、原田康子さんのベストセラー小説「挽歌」はもちろん、
エッセイ集「父の石楠花」の朗読に取り組みます。
1月21日(日)釧路放送局での公開収録です。
大勢のみなさんの前で朗読するということで、いまから緊張しています。
放送をぜひ、お聴きください。

このほか、来年は釧路放送局開局80周年という節目を迎え、
さまざまな番組を準備しています。懐かしい番組の再放送もありますよ。

2018年の釧路放送局にも、どうぞご期待ください!