NHK釧路放送局 blog

    • 2016年07月28日 (木)

    「つながる@タンチョウ」編責(へんせき)です。

今月からスタートした、
釧路局の“アナウンサー・キャスターブログ”
お楽しみいただいていますか。

改めて…このブログは、“番組のウラ話”や“私たちの日常”を通して、
NHKに、より親しみを持っていただこうという趣旨でございます。

今回は、毎日(月)~(金)の11時50分から総合テレビでご覧いただいている、
「つながる@タンチョウ」をご紹介しましょう。

4人の女性キャスターが交代で取材・制作・キャスターまで担当し、
さまざまな話題を放送している番組です。
詳細は、こちら…、
http://www.nhk.or.jp/kushiro/program/b-det0002.html

4人のキャスターが大車輪の活躍をしているわけですが、
私の役割は“編責”。
つまり、最終的なチェックですね。
コメントは適切か、放送時間に収まるか…など、
目を光らせています。

この日は「つながる@気象台」のコーナー放送の日。
釧路地方気象台予報官の池田達宏さんのナマ出演で、
「大雨や雷から身を守る方法」を
うかがうというもの。

1.JPG担当は、ブログにたくさん登場している、新人の加藤美穂さんです。
放送当日、この日はいつもより30分早く出局して
まず、“電子台本”をチェック。
カメラワークや字幕の順番などをパソコンで登録します。

2.1.jpg2.2.JPG担当が決まってから、加藤さんは
放送の2週間前に、気象台におじゃまして入念な打ち合わせをしました。
十分な準備をして自信をもって臨みますから落ち着いたもの…。
でも、さすがに本番が近付くと緊張感が高まりますね。

放送1時間前には、ゲストの池田さんをお迎えしてリハーサル。
きっちり時間に収めるために内容を微調整するのです。

3.JPG本番は、無事に時間に収めることができました。
ひとつのテーマをわずか4分の放送時間でお伝えするのはなかなか難しい作業ですが、
できるだけわかりやすく役に立つ番組にするため、
一生懸命に準備をしています。
私自身も、金曜日の「週末情報」を参考にして、
寂しい単身赴任生活の休日を楽しんでいます。

※いずれご報告しましょうか…。

皆さんもぜひご覧いただき、日々の暮らしにお役立て下さい。