くらしのパートナーTOP > 趣味どきっ! > 2015年度のバックナンバー

趣味どきっ! 火曜放送シリーズ いつも暮らしにドキドキを!新たな趣味との出会いを運びます。

Eテレ 火曜 午後9時30分~9時55分 再放送 Eテレ 翌週火曜 午前11時30分~11時55分 再放送 総合 水曜・木曜 午前10時15~10時40分 (※ 総合テレビで再放送されるテーマは、放送番組表をご覧ください。)

2016年度 趣味どきっ! 火曜放送シリーズのバックナンバー

シリーズ一覧

Page Top ▲

姫旅 ~華麗なる戦国ヒロイン紀行~

(2016年12月6日~2017年1月31日放送)

第1回女城主 家を守り抜く! ~井伊直虎~ 2016年 12月 6日(火)
第2回絶世の美女 マル秘 結婚生活 ~お市の方~ 2016年 12月13日(火)
第3回いちずな愛に生きて ~松姫~ 2016年 12月20日(火)
第4回“賢夫人”の苦悩 ~まつ~ 2016年 12月27日(火)
第5回“愛憎”夫婦生活 ~細川ガラシャ~ 2017年 1月10日(火)
第6回トップレディーへの転身 ~北政所~ 2017年 1月17日(火)
第7回悲劇のプリンセス ~千姫~ 2017年 1月24日(火)
第8回すご腕!女BOSS ~春日局~ 2017年 1月31日(火)
講師:本郷和人(ほんごう かずと)
東京大学史料編纂所教授。1960年東京生まれ。中世政治史、古文書学を専攻。現在、史料編纂所で『大日本史料』第五編の編纂を担当。主著に『武力による政治の誕生』『戦国武将の明暗』『さかのぼり日本史(8)』など。大河ドラマ『平清盛』では時代考証を務めるなどテレビでも活躍中。

第1~8回 やすみりえ(やすみ りえ)

第1・2・4回 鈴木砂羽(すずき さわ)

第3回 伊藤かずえ(いとう かずえ)

第5~8回 橋本マナミ(はしもと まなみ)

Page Top ▲

国宝に会いに行くⅡ 橋本麻里と旅する日本美術ガイド

(2016年10月4日~11月29日放送)

第1回超ハイテク!
法隆寺・五重塔と元興寺・五重小塔
2016年 10月 4日(火)
第2回美の合戦!
狩野永徳「花鳥図」VS長谷川等伯「楓図(かえでず)」
2016年 10月11日(火)
第3回エクストリーム!《超絶》建築
〝懸造(かけづく)り〟清水寺
2016年 10月18日(火)
第4回ミステリアス!
松江城天守
2016年 10月25日(火)
第5回古代史ロマン!
出雲の銅鐸(どうたく)
2016年 11月 1日(火)
第6回もう一人の天才!快慶
「渡海文殊菩薩群像(とかいもんじゅぼさつぐんぞう)」と
「阿弥陀三尊像(あみださんぞんぞう)」
2016年 11月 8日(火)
第7回武士のおしゃれは命がけ!
「赤糸威大鎧(あかいとおどしおおよろい)」と
変わり兜(かぶと)
2016年 11月15日(火)
第8回宝庫探訪!
〝トーハク〟東京国立博物館
2016年 11月22日(火)
第9回総集編 2016年 11月29日(火)
案内人:橋本麻里(はしもと まり)
日本美術を主な領域とするライター、エディター。永青文庫副館長、明治大学院大学非常勤講師。高校美術教科書(日本文教出版)の編集・執筆、雑誌「和楽」(小学館)、「アンドプレミアム」(マガジンハウス)などで連載中。著書に『京都で日本美術をみる』(集英社クリエイティブ)、『変わり兜 戦国のCOOL DESIGN』(新潮社)、『日本の国宝100』(幻冬舎新書)、『The Story of L’OSIER最高のレストラン「ロオジエ」最上のおもてなしの秘密』(マガジンハウス)、共著に『浮世絵入門恋する春画』『運慶リアルを超えた天才仏師』(新潮社)、『チェーザレ・ボルジアを知っていますか?』(講談社)ほか多数。

第1~3回 旅人:本上まなみ(ほんじょう まなみ)

第4・5回 旅人:金子貴俊(かねこ たかとし)

第6~8回 旅人:マキタスポーツ

Page Top ▲

お寺の知恵拝借

(2016年8月2日~9月27日放送)

第1回作務(さむ)(掃除) 神奈川 總持寺(そうじじ) 2016年 8月 2日(火)
第2回坐禅(ざぜん) 東京 龍雲寺 2016年 8月 9日(火)
第3回精進料理 静岡 秋葉総本殿 可睡齋(かすいさい) 2016年 8月23日(火)
第4回滝行 神奈川 大乗院 2016年 8月30日(火)
第5回心を磨く作務(さむ)(掃除) 2016年 9月 6日(火)
第6回心を調(ととの)える坐禅(ざぜん) 2016年 9月13日(火)
第7回精進料理のおもてなし 2016年 9月20日(火)
第8回“心の庭”づくり 2016年 9月27日(火)
第1回:山口正章(やまぐち せいしょう)(總持寺副監院)
第2回:細川晋輔(ほそかわ しんすけ)(龍雲寺住職)
第3回:小金山泰玄(こがねやま たいげん)(秋葉総本殿 可睡齋典座)
第4回:役光明(えん こうみょう)(大乗院住職)
第5回~第8回:枡野俊明(ますの しゅんみょう)
1953年、神奈川県生まれ。曹洞宗徳雄山建功寺18世住職、庭園デザイナー、多摩美術大学環境デザイン学科教授。玉川大学農学部卒業後、大本山總持寺で修行。「禅の庭」の創作活動を行い、国内外から高い評価を得る。その活動に対して芸術選奨文部大臣新人賞、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章などが贈られている。主な著書に『禅が教えてくれる 美しい人をつくる「所作」の基本』、『心配事の9割は起こらない』、『怒らない禅の作法』、『禅と食「生きる」を整える』など多数。

出演:中井美穂(なかい みほ)

出演:益子直美(ますこ なおみ)

Page Top ▲

わたしの部屋の小惑星~アクアリウムとテラリウム~

(2016年6月7日~7月26日放送)

第1回・シンプルビューティー 水草1本挿し
・好奇心をくすぐる特別な空間
2016年 6月 7日(火)
第2回・華やかダッチアクアリウム
・知的に遊ぶ大人のアレンジメント~自然物の造形美~
2016年 6月14日(火)
第3回・侘(わ)び寂(さ)びのアクアリウム
・文字の世界をテラリウムで遊ぶ
2016年 6月21日(火)
第4回・わたしだけのオリジナルに挑戦!
・多面体で、もっとおっしゃれに!
2016年 6月28日(火)
第5回・水陸同時に楽しめるアクアテラリウム
・浮遊感を楽しむテラリウム~エアプランツ~
2016年 7月 5日(火)
第6回・水草と生き物のコラボ
・「テラリウムのある暮らし」をのぞいてみよう
2016年 7月12日(火)
第7回・リメイク&アレンジ 2016年 7月19日(火)
第8回・ギフトで心のキャッチボール 2016年 7月26日(火)
講師:早坂誠(はやさか まこと)
水草職人。都内でアクアリウムショップを経営するかたわら、専門学校の講師も務める。子どものころからの生き物好きが高じて、ペット専門店勤務。そこで水草の美しさと不思議さに目覚め、水草の育成やレイアウトの経験を積んで独立。NHKドラマ「あまちゃん」に登場した海女カフェの水槽をはじめ、数多くのテレビ番組やディスプレイ用のアクアリウム作品を手がけている。
講師:中山茜(なかやま あかね)
ガラス造形(テラリウム)作家。2013年に名古屋で、テラリウムのブランドを立ち上げる。外国人作家の作品に感銘を受け、オリジナルのガラス容器を作り始めたのがきっかけでこの世界へ。もともと植物や鉱物が好きだったこともあり、ガラス作品に多肉植物やエアプランツ、鉱物や化石が似合うことを発見し、本格的にテラリウムに向き合うようになった。東京・名古屋を拠点に、個展やワークショップなどを中心に活動している。

生徒:ラブリ(らぶり)

生徒:JOY(じょい)

Page Top ▲

旅したい!おいしい浮世絵

(2016年4月5日~5月31日放送)

第1回江戸のすし 2016年 4月 5日(火)
第2回江戸のうなぎ 2016年 4月12日(火)
第3回江戸の天ぷら 2016年 4月19日(火)
第4回江戸のそば 2016年 4月26日(火)
第5回江戸のおやつ 2016年 5月 3日(火)
第6回東海道名物 2016年 5月10日(火)
第7回京都の豆腐料理 2016年 5月17日(火)
第8回上方(かみがた)の清酒 2016年 5月24日(火)
第9回特別編 2016年 5月31日(火)

旅人:小林聡美(こばやし さとみ)

案内人:林綾野(はやし あやの)
キュレーター・アートライター。美術館での展覧会の企画、絵画鑑賞のワークショップなどを行う。画家の創作への思いやその人柄、食の趣向などを探求、紹介し、芸術作品との新たな出会いを提案する。絵に描かれた「食」のレシピ制作や画家の好物料理を自ら調理、再現し、アートを多角的に紹介する試みを行う。著書に『画家の食卓』『フェルメールの食卓』『セザンヌの食卓』『ゴッホ 旅とレシピ』『モネ 庭とレシピ』『絵本でよむ画家のおはなし ぼくはクロード・モネ』(すべて講談社)『浮世絵に見る 江戸の食卓』(美術出版社)など、近年企画した展覧会に「熊谷守一展」「安野光雅展」などがある。

Page Top ▲

バックナンバー

これまでの放送

  • 趣味どきっ! 月曜日
  • 趣味どきっ! 火曜日
  • 趣味どきっ! 水曜日

2015年度 趣味どきっ!

  • 趣味どきっ! 月曜日
  • 趣味どきっ! 火曜日
  • 趣味どきっ! 水曜日

Page Top ▲

テキストのご案内

クリックするとNHKサイトを離れます。

購入を希望の方はお近くの書店か、NHK出版、お客様注文センター(0570-000-321)まで。

オンライン購入

いつでも、どこでも、すぐ読める。便利な電子版もご利用ください。

NHKテキスト電子版

Page Top ▲

関連サイト

Page Top ▲