ここから読み上げブラウザ用のメニューです 本文へジャンプします NHK熊本放送局ホームページ内のリンクボタンへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからNHK熊本放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です

Now Loading...

アナウンサー・キャスター

稲塚 貴一 (いなつか きいち)

出身地
熊本市
入局
平成12年
担当番組
「クマロク!」
趣味
飛行機、アマチュア無線、キャンプほか多数

ひとこと

2020-11-16
おうちで旅気分

こんにちは、稲塚です。
なんだかゆるい番組コーナーみたいなタイトルを付けましたが、
コロナ時代にどうするかという話です。


〔愛用のスーツケース。しばらく出番なし〕

旅はお好きですか?
私は大好きです。
韓国や台湾など近隣を安く旅するのが好きです。
私の大好きなおいしいものがたくさんあるというのも決定的なポイントです。


〔台北のお寺。癒されるのは年齢のせいも?〕

(もちろん国内もいいんですけどね、休みがとりやすいシーズンはやはり切符がやたら高くて・・・。
あるとき、当時いた関東から熊本に帰省しようとしたら航空券の合計額を見て倒れそうになりました)


〔ソウルのなじみの屋台で餃子入りうどん、のようなもの〕

〔野菜やモツを煮込んだスープ。見た目より格段にウマイ〕

大衆食堂をたずねてお手頃ローカルフードを味わう。
書店や市場をめぐり、路地を歩き回る。川沿いでボーッとする。
屋台に飛び込んで地元の人とふれあいながら同じ酒を飲む。


〔人だかりに吸い寄せられてとりあえず食べた骨スープ、絶品でした〕

泊まるのはもちろん安く質素な宿。窓を開けたら隣家の壁だったりします(笑)。
避難経路の確認は怠りません。


〔懐かしいカオスな道路。慣れたらラクラク横断できます〕

そんなこんなで、旅先ではどこか地味に、地元の人のようにふるまうのが好きです。
おかげでLCCには少し詳しくなったかな。

それなのに、コロナです。

誰もが経験したことのない苦境に追い込まれています。
仕方ないことですが、思うように旅に出られないのもストレスがたまります。
というわけで、代わりの楽しみを見つけるわけです。

少年の頃からラジオが大好きだった私は、海外のラジオを聞いたりします。
いわゆる短波放送に夢中になったことがある、という方も多いのではないでしょうか。
最近人気再燃の兆しがあるのか、雑誌が刊行され、お手頃価格の短波ラジオを通販などで見かけます。
海外のラジオに耳を傾けると、その国に行ったような気分を少しだけ味わえる気がするのです。


〔古い短波ラジオ。大切に使っています〕

短波ラジオと針金アンテナがあれば、状況しだいで遠い異国のラジオを楽しむことができます。
私のお気に入りはやはり近場、韓国や台湾、ベトナムあたりの放送です。
こうしたところからは日本語放送も行われていますが、昔と違って放送時間がグッと短くなりました。

韓国語はそれなりに勉強したので、何の話をしているかくらいはだいたいわかります。
いっぽう、台湾やベトナムは言葉がまるっきりわからずお手上げです。でも、音楽がいいんです。
あるとき、台湾の放送を聴いているとテレサ・テンさんが歌う中国語版の「時の流れに身をまかせ」が流れました。
これがなぜかとっても心に響いて、ひとりでこっそり感動の涙。

韓国やベトナムからは、民族楽器を取り入れたものがときどき流れます。
若い歌手が歌うポップスみたいなものにもよく合うんですよ。


〔ソウルのお寺。リズミカルに歌うようなお経を聴きに〕

夜になると、遠くの電波が届きやすくなります。
タイマーで電源が切れるようにして、異国の調べに浸りながら眠りにつくこともあります。
運がよければ、旅先で街歩きを楽しむ夢を見られるでしょうか・・・。

読み上げブラウザ用メニューに戻ります
▲ ページの先頭へ