【11月20日放送】見上げれば いつも

北海道 駒ケ岳

NHKオンデマンド
写真
北海道南部にある活火山の駒ケ岳。頂は、度重なる噴火で姿を変えてきました。
時には暮らしを脅かし、そして豊かな恵みで、暮らしを支え続けてきた山は、ふもとの人々にとって心のふるさとです。火山の厳しい環境で育つ木々は良質の炭になります。
火山灰を多く含む畑は甘みの強い作物を育てます。駒ケ岳を間近に臨む国道沿いの食堂には、いつも山と身近に暮らす人々が集います。
見上げれば、そこにある駒ケ岳。そのぬくもりを大切にする人々に出会う旅。
地図
アクセス

<飛行機>函館空港から JR函館駅までバス(20分)
<電車> JR函館駅から 函館本線「駒ケ岳駅」下車(1時間)
<バス> JR函館駅前から「長万部行」または「森行」で「駒ケ岳駅通り」下車(1時間)
<車> 函館から国道5号線を北上(50分)

11月24日(木)午前11:05
11月26日(土)午前 5:15
<アンコール放送>
12月6日(木) 午前11:05
12月8日(土) 午前 5:15

旅の見どころ

心のふるさと

北海道南部、活火山の駒ケ岳です。標高は1131m。400年ほど前までは、富士山のようなシルエットをしていましたが、度重なる噴火によって、現在の姿に変わりました。以前は、今の1.5倍の標高があったといわれています。平成12年の噴火以来、登山することは出来ませんでしたが、昨年、標高900mの地点までは、登山が解禁されました。眺める方角によって、山は姿を変え、見え方が異なります。 田舎町にどっしりと構える駒ケ岳は、麓に暮らす人々にとって、心のふるさとです。

食堂のおばあちゃん

函館と札幌を結ぶ国道5号線沿いに、42年続く食堂があります。「高原(こうげん)食堂」です。駒ケ岳を愛して止まない大沼セツさん(82歳)とご主人の泰治さんが、“山を間近に臨む地に”と夫婦二人で開いたお店です。お客さんの希望を聞きながら増やしてきたメニューは、定食を中心に60種類を超えます。どれもボリューム満点。長距離トラックの運転手や、土木関係の作業員などで賑わいます。“食堂のおばあちゃん”と親しまれているセツさん、いつも温かい会話でお客さんを和ませています。

駒ケ岳の恵み

駒ケ岳の周りは、昭和の初めには、炭焼き小屋が数多くありました。気温が低く、火山がもたらす厳しい環境の中で育つ駒ケ岳の木々は、年輪が密で硬くなるといいます。そのため、駒ケ岳のナラやイタヤの木で作られた炭は硬く、火が長く続くと評判で、道内の料理店などから多くの注文が届きます。現在、8軒が炭を専業で作っています。駒ケ岳がもたらす恵みは、炭焼き職人にとって、生活の糧と仕事をする喜びを与えてくれます。

旅人写真

旅人は、一柳亜矢子アナウンサー。

時に恵みを与え、時に怒り、そして、時に人の心を支える駒ケ岳。
その全てをありのまま受け止め、駒ケ岳の麓に暮らす人々…
「山と共に暮らす」ということがどういうことなのか、教えてもらいました。
初めて駒ヶ岳を見た時に感じた、凛々しく堂々とした印象が、旅の終わりの頃には、優しく包み込むような印象に変わって見えたのは、出会った方たちに駒ケ岳の存在の大きさを教えていただいたからかもしれません。
小さな旅 コブック
PDFをダウンロードコブックの作り方

森町の観光について

森観光協会

住所:〒049-2325
北海道茅部郡森町字本町6-22
電話:01374-2-2432

駒ケ岳登山について

大沼国際交流プラザ

住所:〒041-1354
北海道亀田郡七飯町字大沼町85-15
電話:0138-67-2170

忘れられないわたしの旅「小さな旅」バックナンバー
携帯サイト