【2009年1月18日放送】
江戸の粋 川すじに

栃木県 宇都宮市

写真写真
アクセス

<電車>
JR東北線 宇都宮駅
東武宇都宮線 東武宇都宮駅

<車>
東北自動車道 鹿沼ICから約30分、宇都宮ICから約15分

宇都宮の中心を流れる田川沿いには、昔ながらの手法を守る染め物工場がある。「注染(ちゅうせん)」という、染料を注ぐ手法で染める浴衣は、その着心地の良さから大相撲の現役力士などからも注文が相次ぐほど人気だ。また、全国の祭り用半てんを染めている工場もある。親子二人で染めている工場には、三社祭や神田祭などの半てんの依頼も来る。冬の川の景色と共に、100年続く手染めの粋を伝える。



※掲載情報は、放送当時のものです。情報が変わっている場合がありますが、ご了承ください。

忘れられないわたしの旅「小さな旅」バックナンバー
携帯サイト