【2003年1月12日放送】特集 冬 小さな旅
オホーツクの長い冬

北海道 常呂町(ところちょう)

アクセス

 最寄の空港は女満別空港。札幌から45分。東京からは1時間45分。 女満別空港から登呂町までは、車で45分。

北海道のオホーツク海側にある常呂町は人口およそ五千人。冬は日中でも氷点下10度の寒さが続く。町に面したサロマ湖では今カキ漁が最盛期。地元の漁師達は冷え切った身体を暖めるストーブで、カキを焼き味わうことを冬の楽しみにしている。そして、この季節にぎわいをみせるのはカーリンク場。五輪代表も誕生した自慢のリンクで連日連夜、町をあげて熱戦が繰り広げられる。厳しい寒さと向き合って暮らす人々を訪ねる。



※掲載情報は、放送当時のものです。情報が変わっている場合がありますが、ご了承ください。

忘れられないわたしの旅「小さな旅」バックナンバー
携帯サイト