【2001年7月15日放送】川の流れとともに

栃木県烏山町

写真写真
アクセス

<電車>
JR東北線・東北新幹線の宇都宮駅から、烏山線直通列車で50分で烏山駅に到着。なお、宇都宮駅からの直通列車は少なく、東北線の宝積寺駅から烏山行きが多い。その場合、宇都宮〜宝積寺間が15分、宝積寺駅で乗り換えて、宝積寺〜烏山間が34分間かかる。

<車>
東北自動車道、鹿沼インターより東へ県道6号、国道4号、県道10号を乗り継ぎ、一時間強走ると烏山町。

栃木県東部、八溝山地の西部にある烏山町(からすやままち)は、町の中央を那珂川が流れ、多くの釣り客で賑わう。三代続いた川漁師の兄弟は工場の仕事もしながら川での漁を続ける。烏山では豊富な那珂川の水を使った和紙作りが盛んで、昭和初期には800軒あった和紙漉きの家も今では一軒のみ。その工場長は和紙を使った版画作りを趣味としている。川とともに暮らす烏山の人々を訪ねる。

※掲載情報は、放送当時のものです。情報が変わっている場合がありますが、ご了承ください。

忘れられないわたしの旅「小さな旅」バックナンバー
携帯サイト