【2001年6月3日放送】<アンコール>2001年7月29日
緑輝く水の森

山梨 多摩川源流

写真写真
アクセス

<電車>
新宿−中央線(30分)→立川−青梅線(1時間)→奥多摩
 奥多摩−バス(50分)→小菅村
 奥多摩−バス(1時間)→丹波山村
新宿−中央線(1時間半)→塩山−タクシー(1時間)→一之瀬高橋

<車>
小菅村・・・新青梅街道、奥多摩経由で東京都心から3時間。
      中央道上野原I.Cから1時間。
丹波山村・・中央道上野原I.Cから1時間。
一之瀬高橋・丹波山村から、さらに1時間。
      (国道411号線を一之瀬林道に入る。)

東京の水源として多くの人々の暮らしを支えてきた多摩川は山梨県に源をもつ。
水源の山々の管理が始まって今年で百年目になる。源流域の最も奥にある集落で水源を守るため、亡夫とともに植樹した森を今も大切に守る民宿の女主人。荒れていた山肌に木を植える職人達の基地として建てられた山小屋は、今では3代目が年中無休で登山客を迎え入れている。清流で育つヤマメやワサビ。
新緑の中、多摩川の最初の一滴までを遡る旅。

※掲載情報は、放送当時のものです。情報が変わっている場合がありますが、ご了承ください。

忘れられないわたしの旅「小さな旅」バックナンバー
携帯サイト