2019年12月

2019年12月29日 (日)

特集 彩りの四季

irodori2019.jpg「小さな旅」では、今年も、各地の四季折々の美しい風景と、そこで営まれる人々の暮らしを、4Kスーパーハイビジョンカメラで撮影してきました。春は宮城の一目千本桜。鹿児島の川岸には、梅雨前に無数のホタルが乱舞します。夏は夜空を彩る花火、そしてサンゴの海での家族漁。秋深まると、福島のかやぶきの里では冬支度が始まります。色彩あふれるふるさとの景色の中で、人々が紡いできた物語。総集編としてお伝えします。

投稿時間:08:59 | カテゴリ:小さな旅のしおり | 固定リンク


2019年12月22日 (日)

山の歌 みちのく 神の絨毯(じゅうたん)~栗駒山~

kurikom.jpg宮城・岩手・秋田にまたがる標高1626メートルの栗駒山。秋になると赤や黄色、緑、彩り豊かな紅葉に染まります。土地の人々は、「神のじゅうたん」と呼び、心のよりどころにしてきました。祖父から受け継いだ山の宿で、森の恵みを受けて暮らす青年。2人の幼児に初めて赤く染まる山を見せる消防士の父親。山頂の草原では、小さな花々に力をもらう20代の女性がいました。錦に輝く絶景の山を愛する人々と出会う旅です。

投稿時間:08:24 | カテゴリ:小さな旅のしおり | 固定リンク


2019年12月15日 (日)

黄金色の大イチョウ ~山梨県 身延町~

minobu1.jpg山梨県身延町は日蓮宗の総本山久遠寺の門前町として古くから栄えてきました。町に並ぶお寺の境内には、樹齢700年をこえる日蓮上人ゆかりの大イチョウ。晩秋、黄金色に輝き、町を彩ります。黄葉を見て、秋麦をまきはじめる老夫婦。長年お世話をしてきた元保育士のおばあちゃん。地域の人々に親しまれてきた大イチョウを守り続けるお寺の老住職。イチョウとともに人生を重ねる人々の物語です。

投稿時間:08:24 | カテゴリ:小さな旅のしおり | 固定リンク


2019年12月08日 (日)

じょっぱりの林檎(りんご)~青森県 津軽~

ringom.jpg岩木山をのぞむ津軽平野に位置する青森県弘前市。この時期、りんごの収穫の真っ盛りです。津軽の人たちの暮らしを支えてきたりんごは、津軽人の頑固な気質、“じょっぱり”が育んできました。代々続くりんご農家。りんごの木の手入れに使う剪定ばさみを作る鍛冶職人、町の人々に長年愛されてきたアップルパイを守り継ぐ親子。たび重なる困難を乗り越え、りんごとともに生きる、津軽の“じょっぱり”な人々の物語です。

投稿時間:08:24 | カテゴリ:小さな旅のしおり | 固定リンク


2019年12月01日 (日)

山の歌 秋 岩壁 峻(たか)く ~鈴鹿山脈 御在所岳~

gozaisyom.jpg鈴鹿山脈の中央に位置する主峰、御在所岳。花こう岩が風雨で削られてできた山は、大岩・奇岩がそびえ立つ、日本のロッククライマーたちの憧れの山として知られます。山腹で60年続く山小屋を営む夫婦。この岩山から世界へと羽ばたいたベテランクライマー。四季折々に豊かな表情を見せる山の風景を撮影し続ける写真家。切り立った御在所岳に自らの人生を重ね合わせ、前を向いて生きる人たちの小さな物語です。

投稿時間:08:24 | カテゴリ:小さな旅のしおり | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バックナンバー


RSS

page top