2018年9月

2018年09月30日 (日)

松並木 とわに心に ~埼玉県 草加市~

sokamain.jpg埼玉県東部のベッドタウン、草加市。旧日光街道沿いには、松尾芭蕉も訪れたという松並木「草加松原」があります。生命力あふれる松を俳句に詠むことで、息子を失った悲しみを乗り越えた女性。高度成長期、排ガスの影響で枯れてゆく松を仲間と救った草加煎餅店の職人。並木の横を流れる川では、先人が残した絶景を人々に伝えようと和船を漕ぐ若き船頭の姿がありました。松並木に魅せられ、思いを寄せる人々に出会う旅です。

投稿時間:08:24 | カテゴリ:小さな旅のしおり | 固定リンク


2018年09月23日 (日)

島家族 心ひとつに ~愛知県 篠島~

sinojimamain.jpg愛知県三河湾に浮かぶ篠島は、古来より漁業をなりわいとしてきた漁村です。網元3代目の漁師は、4姉妹のお父さん。網元が自分の代で途絶える危惧もありますが、娘たちの成長を温かく見守ります。島の家族のひと夏を見つめました。島には海の安全を見守るたくさんのお地蔵様が。感謝の気持ちで手入れをする女性たちに出会います。浜では、ウミガメが産卵に来てくれるよう子供たちが掃除をしていました。海を愛する人々の物語です。

投稿時間:08:24 | カテゴリ:小さな旅のしおり | 固定リンク


2018年09月16日 (日)

山の歌 夏 北の富士 輝いて ~北海道 羊蹄山~

youteimain2.jpg

北海道の南西部にそびえる羊蹄山は、その姿から「蝦夷富士」と呼ばれる名峰です。登りが続く厳しい山道ながら、この山の魅力にひかれた人々が集います。病のため頂上までは行けなくなった今も、諦めず登り続ける夫婦。忙しい仕事の合間に山へ向かい、癒しを得る看護師。幼い双子の子どもたちと共に山の麓で暮らし、いつか彼らにも登ってほしいと願う避難小屋の番人。大自然のスクリーンに映し出される絶景「影羊蹄」にも出会います。

投稿時間:08:24 | カテゴリ:小さな旅のしおり | 固定リンク


2018年09月09日 (日)

青き水 きらめいて ~三重県 宮川~

miyagawamain.jpg

三重県大台町。山間部にあるこの町を流れるのは一級河川・宮川です。その水質は、国が定める河川調査で何度も日本一に選ばれているほど。水道水が引かれた今もなお、川にそそぐ沢の水を生活に利用している地域。透き通った清流が生んだ伝統のアユ漁「しゃくり漁」を受け継ぐ少年漁師。川の“怖さ”と“恵み”、その両方を受け入れ、ワサビを育てる男性。清流・宮川とともにある暮らしと人々の思いを見つめます。

投稿時間:08:24 | カテゴリ:小さな旅のしおり | 固定リンク


2018年09月02日 (日)

荒波を越えて ~茨城県 大洗町~

oarailong.jpg黒潮と親潮がぶつかり、豊富な魚が水揚げされる茨城県大洗町。岩礁の多い磯場に荒波が砕け散る様子は、大洗の地名の由来とされてきました。そんな荒海で今もなお現役で素潜りを続ける、81歳のアワビ漁師。かつての漁の喜び歌「磯節」を歌い継ぎ、町に活気を取り戻したいと願う男性。津波の被害を受けた港で、いち早く復興に向けて立ち上がった漁師のかあちゃん。“荒波”を乗り越え、力強く生きる人たちの姿を見つめます。

投稿時間:08:24 | カテゴリ:小さな旅のしおり | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2018年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

バックナンバー


RSS

page top