2017年12月

2017年12月30日 (土)

特集 小さな旅 2017 彩りの四季

irodorimain.jpg「小さな旅」では、今年も全国各地の春夏秋冬の彩り豊かな風景と、その地に生きる人々の営みを、スーパーハイビジョンカメラで撮影してきました。春は愛知・新城の人たちが大切にしてきた桜の数々。夏はサンゴ礁が隆起して出来た鹿児島・喜界島の少年や、兵庫県城崎温泉で出会った少女の夏休み。秋は箱根の紅葉に、冬は蔵王の樹氷。番組が見つめた、色彩あふれる景色とともにある、土地の暮らし。この1年の総集編です。

投稿時間:08:19 | カテゴリ:小さな旅のしおり | 固定リンク


2017年12月24日 (日)

香箱に真心ぎゅっと ~石川県 加賀市~

kagamain.jpg白波立つ冬の日本海に、にぎわいを見せる小さな港町があります。石川県加賀市の橋立漁港です。浜を一色に染めるのは、「冬の味覚の王様」ズワイガニ。夜明けとともに漁師たちは水揚げに追われます。一回り小さいメスは、「香箱ガニ」と呼ばれ、子供のおやつや家庭の味として親しまれてきました。仲買人の祖父を手伝う10歳の少年や、行商一筋60年のおばあちゃん。「冬のまっ赤な宝物」とともに生きる北陸の浜を訪ねます。

投稿時間:08:24 | カテゴリ:小さな旅のしおり | 固定リンク


2017年12月17日 (日)

千代の風吹く草原で ~熊本県 阿蘇山~

asomain.jpg

熊本県北東部の阿蘇山は、いまも噴煙があがる活火山として知られます。その麓、標高500m前後に広がるカルデラの盆地では、古くから農業や牧畜が行われてきました。しかし、1年半前に阿蘇を襲った熊本地震以来、その暮らしは、大きく変わります。地割れや地滑りで傷ついた広大な牧草地。それでも牛飼いを続ける繁殖農家や、店を失いキッチンカーで再起をはかる男性など、震災に負けず阿蘇の大地で生きる人々と出会う旅です。

投稿時間:08:24 | カテゴリ:小さな旅のしおり | 固定リンク


2017年12月10日 (日)

秋霞(あきがすみ)に包まれて ~栃木県 茂木町~

motegimain.jpg集落を囲むように那珂川が流れる、栃木県茂木町牧野(まぎの)地区。空気が冷え込む晩秋、幻想的な川霧に包み込まれます。土地の人々は、この川霧を生かした野菜作りや魚釣りなど、工夫をしながら暮らしを立ててきました。集落の中心には、住民が共同で経営するそば屋があります。川霧の恵みを受けた香りの強いそばが人気で、里ににぎわいが生まれています。柔らかな霧とともに、支え合いながら生きる人々を訪ねます。

投稿時間:08:24 | カテゴリ:小さな旅のしおり | 固定リンク


2017年12月03日 (日)

照葉の森 色つづる ~神奈川県 箱根町~

hakonemain.jpgのサムネイル画像神奈川県の箱根町。標高723mの芦ノ湖の周りは、秋、さまざまな広葉樹がその姿をいっせいに赤や黄色にかえてゆきます。おだやかな水面と色とりどりの紅葉の競演は、多くの観光客を魅了します。湖のほとりにアトリエを構え、日々の移ろいをパステルで描く男性に、彩り豊かな木材を組み合わせ美しい模様を生み出す伝統の寄せ木細工の職人、紅葉の芦ノ湖でワカサギ漁を継ぐ若手漁師など、秋の箱根に息づく暮らしを訪ねる旅です。

投稿時間:08:24 | カテゴリ:小さな旅のしおり | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2017年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バックナンバー


RSS

page top