2016年7月

2016年07月31日 (日)

山の歌 夏  楽園に抱かれて ~尾瀬 至仏山~

oze-main.jpg群馬、栃木、新潟、福島の4県にまたがる尾瀬。尾瀬ヶ原は、本州最大の高層湿原として知られ、珍しい草花の宝庫として年間30万人のハイカーが訪れます。初夏、尾瀬沼のほとりは、ニッコウキスゲが満開に。定年後の第二の人生で、尾瀬に通う老夫婦、雄大な景色と繊細な花や虫の世界にひきつけられた山小屋の常連ガイド、自然保護に取り組む20代の女性。ハイカーたちの心に受け継がれてきた初夏の尾瀬、至仏山(しぶつさん)を旅します。

投稿時間:08:24 | カテゴリ:小さな旅のしおり | 固定リンク


2016年07月24日 (日)

海風の町で とこしえに ~愛媛県 愛南町~

ainan-main.jpg入り組んだリアス式海岸に美しいサンゴの海が広がる愛媛県愛南町(あいなんちょう)。900種ほどの魚が生きる豊かな海がある一方、山がちの大地に、遮るもののない季節風が吹きつける厳しい土地です。しかしそのために、先人の暮らしの知恵が今も息づいています。防風のために家の周囲に石を積み上げた石垣の里。エサもなしに鉄かごだけで魚を捕る伝統漁法。厳しくも豊かな自然とともに、たくましく生きる人たちと出会います。

投稿時間:08:24 | カテゴリ:小さな旅のしおり | 固定リンク


2016年07月17日 (日)

夏の恵み 連綿と ~兵庫県 室津漁港~

tatsuno-main.jpg兵庫県西部、たつの市室津漁港。瀬戸内海の小さな漁師町です。夏の味はアナゴ。この時期、軒先で炭焼きされるアナゴは待ち焦がれた故郷の味です。香ばしい匂いに誘われ子どもが駆け寄り、ご近所さんの輪ができます。また室津の新米漁師はアナゴ漁を通じて海を知り、技を磨きます。アナゴの炭焼きに刻まれた家族の思い出、父の背中を追い漁に出る若者。人々とアナゴの深い結びつきを見つめました。

投稿時間:08:24 | カテゴリ:小さな旅のしおり | 固定リンク


2016年07月10日 (日)

山の歌 夏 花の峰 慈しみ ~北海道 アポイ岳~

apoi-main.jpg北海道日高地方の様似町にあるアポイ岳。標高810mにもかかわらず、特殊な自然環境のために高山植物が約80種自生する。中には固有の種も多く、花々を求めて、多くの登山者が訪れる。この“花の山”に、町の人々は幼い頃から親しんできた。美しく、可憐な花や自然の楽しみ方を地元の人たちに教えてもらいながらの登山。貴重な高山植物を次世代に引き継ぐ活動なども紹介する。人々の「心の山」を味わう旅。

投稿時間:08:24 | カテゴリ:小さな旅のしおり | 固定リンク


2016年07月03日 (日)

清き流れ 里潤し ~富山県 黒部川~ (選)

kurobegawa.jpg標高2924メートルの鷲羽岳を源に、日本海へと流れ出る、富山県の黒部川。国内屈指の急流として知られています。雪解け水で水かさが増す5月、川はサクラマス漁でにぎわいます。黒部川が切り開いた扇状地にある黒部市は、豊かな水を生かした米作りが盛んですが、先人たちは苦労を重ねて田んぼを作り出しました。清らかな湧き水を使って作られるお菓子「水だんご」。味の決め手は、やはり水。川と暮らす人々の思いを訪ねる旅です。

投稿時間:08:24 | カテゴリ:小さな旅のしおり | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2016年07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バックナンバー


RSS

page top