2020年01月26日 (日)

聖なる島の祈り ~熊本県 天草諸島~

amakusam.jpg熊本県天草諸島の下島は、450年前にキリスト教が伝わった“キリシタンの里”。いまも島民は信仰を大切に守り続けています。岬に立つマリア像を心のより所に、東シナ海の荒海へ向かう漁師。江戸時代、キリスト教が禁止される中で、信者たちが伝えてきた風習を、いまも守りつぐ人々。過酷な弾圧の歴史と島の厳しい環境の中で、信仰を守り続けてきた“キリシタンの里”を、美しい賛美歌が響きわたるクリスマスに訪ねました。


今回の放送内容

amakusa1.jpg岬に立つマリア像。﨑津地区で漁業を営む山下富浩さんは、漁に出るときには必ず、お神酒と祈りを捧げます。


amakusa2.jpg海岸沿いには椿の原生林が広がっています。キリシタンたちはその実をしぼって精油を作り、暮らしの支えとしてきました。


amakusa3.jpg

 かくれキリシタンが正月に飾ったという「幸木(さわぎ)飾り」と「臼飾り」。川田富博さんは、キリシタン独特の風習を今も守り継いでいます。


天草・﨑津地区へのアクセス

<飛行機>
熊本空港→天草空港(約35分)→車で約1時間

<車>
熊本市中心部から橋を渡り、車で約3時間


問い合わせ先

▼天草の観光について
 天草市観光文化課 0969-32-6784

投稿時間:08:24


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2020年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バックナンバー


RSS

page top