前のページへ戻る

今回のおはなし
「きんたろう」

どんなおはなし

“まさかりかついで きんたろう~♪”/「きんたろう」/日本の昔話

 あしがら山に、きんたろうという男の子が、お母さんと二人でくらしていました。きんたろうはだれよりも力もち。山のどうぶつたちとすもうをとると、大きなくまでさえ、きんたろうにはかないません。
 ある日、きんたろうがくまにまたがり、どうぶつたちといっしょに山みちをいくと、がけにでました。橋(はし)はなく、むこうにわたることができません。するときんたろうがそばの大きな木を力いっぱいおしました。たちまち木はたおれ、がけとがけをむすぶ橋になりました。どうぶつたちもおおよろこびです。そのようすを都(みやこ)のさむらいが見ていました。力がつよいだけでなく、心やさしいきんたろうに、家来(けらい)になるようこえをかけて・・・。

語り

渡辺 直美 (わたなべ なおみ) さん

 きんたろうをえんじるのは、おわらい芸人(げいにん)として大人気の渡辺直美(わたなべなおみ)さんです!力がつよくて心やさしいきんたろうは、昔話(むかしばなし)の中のヒーロー。どうぶつたちとすもうをとったり、大きな木をたおしたり・・・。いろいろなアクションにちゅうもくして見てください。

番組イラスト/「読んでみよう!」イラスト制作

イラストレーター 阪口 笑子