前のページへ戻る

今回のおはなし

狂言「柿山伏」

どんなおはなし?

狂言はみんなが笑って楽しんだ喜劇!

狂言は室町時代に生まれ、600年以上の歴史をもつ古典芸能です。“古典芸能”というと難解なものと思われがちですが、狂言は見て笑って楽しむ喜劇で、親しみやすい登場人物が巻き起こす失敗談・こっけい話などが多いのです。
今回は狂言の有名な演目、「柿山伏」をたっぷりと紹介します。

見どころ・聞きどころ

本物の狂言師が演じる「柿山伏」から、いちばん面白い「山伏のカラス・猿・トンビ」のものまねのくだりを紹介します。言葉も比較的分かりやすいので、演技とともに言葉のリズムをよく聞いて、笑って楽しんでください。

ろう読

茂山逸平 茂山宗彦

狂言・茂山千五郎家の若手人気狂言師、茂山宗彦さん(山伏役)と茂山逸平さん(畑主役)が「柿山伏」を熱演して笑わせてくれます!

CG制作

ディレクター
加藤 オズワルド
アートディレクター
  〃
イラストレーター
  〃
デザイナー
加藤 オズワルド
高嶋 友也( ILCA )
プロデューサー
岩下 みどり( 〃 )