前のページへ戻る

参考教材: 明治文学史

明治文学史(言文一致の試み)

明治時代になるまで、日本では、「話し言葉」(口語)と「書き言葉」(文語)の隔たりが大きく、特に書き言葉(文語)は、一般の人々には、なじみの薄い物だった。
当時の思想家、教育家である福沢諭吉は、『学問のすすめ』で、平易は言葉を使うことを提唱した。これが日本の口語と文語を一致させる「言文一致」運動の始まりだと考えられている。
明治20年代、若い作家らが積極的に、言文一致による小説に取り組んだ。二葉亭四迷は『浮雲』を「だ調」で、山田美妙は『蝴蝶』を「ですます調」で、また、尾崎紅葉が『二人女房』を「である調」で書き、言文一致小説の礎となった。
中でも、二葉亭四迷が訳した『あいびき』は、言文一致の秀作といわれている。
その後、明治36年度の尋常小学校の教科書として採用されて以来、文語体は使われることが徐々になくなり、「言文一致」は一般的な言葉として定着した。

参考教材 ※発行年代順

『学問のすすめ』 (福沢諭吉)
『小説神髄』 (坪内逍遥)
『浮雲』・『あいびき』・『余が言文一致の由来』 (二葉亭四迷)
『吾輩は猫である』 (夏目漱石)