にっぽん縦断 こころ旅

旅のルート

517日目~「山梨」

517日目山梨県富士河口湖町

放送日:4月19日

小池淑子さんのこころの風景

富士河口湖町大石 そして小立 妙法寺裏

手紙を読む

今回は、26年前に亡くなったお母様の通夜の席で住職から聞いた舟で嫁いできたお母様の思い出話と、先に逝った父親のもとへ船出して行くお母様を思った詩的なお手紙。珍しく頂上を見せてくれた富士山の一合目付近からスタート、長い下り坂に久しぶりの「人生下り坂最高!」が。河口湖に出て、まず目指したのは淑子さんのお母様が嫁入りの舟に乗り込んだ北岸の大石。お手紙に「ここからの富士山は日本一」と書かれてある通り、見事な富士が姿を見せてくれました。大石から今度は舟が着いた対岸の小立へ。妙法寺を探すため入った人形館で花嫁衣裳を着た人形も見つけました。妙法寺裏の小さな入り江にたどりつき対岸に大石の集落を望む湖畔の岩に腰かけて、正平さんはお手紙を読み始めます。

この日のブログ

この日の旅のルートを詳しく見る

前のページに戻る

きょうの「とうちゃこ」