にっぽん縦断 こころ旅

旅のルート

357日目~「北海道つづき」

358日目北海道当麻町・旭川市

放送日:7月23日

野口正恵さんのこころの風景

シャタケ山

手紙を読む

札幌にお住まいの野口正恵さん(69歳)のこころの風景は、故郷の当麻小学校からスキー遠足でいったシャタケ山。スキーを持っていなかった正恵さんはマイナス20度の厳寒の中じっと見ているだけ。でも、高価だったスキーを欲しいとは思わなかったそうです。正恵さんが生まれた時から女手ひとつで育ててくれ花嫁道具も揃えてくれたお母さん。シャタケ山を見ると、遠足の時の足の冷たさからお母さんのあたたかさを感じ心が癒やされるといいます。正平さんは豊富駅から比布駅まで輪行。そこから、当麻小学校とシャタケ山を目指します。

この日のブログ

この日の旅のルートを詳しく見る

前のページに戻る

きょうの「とうちゃこ」