番組の音楽♪

こころ旅のオリジナル楽曲は番組テーマ曲「こころたび」をはじめ
すべて平井真美子さんの作曲です。
番組テーマ曲「こころたび」は池田綾子さんが作詞と歌
番組挿入歌「このみちをゆく」は火野正平さんが作詞と歌
そして火野さんが歌う番組挿入歌は谷康一さんが編曲しています。

番組挿入歌「このみちをゆく」

作詞うた 火野正平さん

プロフィールはこちら

プロフィール

1949年、東京都生まれ。12歳のころから劇団「こまどり」に所属し、1962年、ドラマ「少年探偵団」(フジテレビ)に出演。1973年の大河ドラマ「国盗り物語」の秀吉が当たり役となり、一躍注目を集める。1974年「俺の血は他人の血」に主演し映画デビュー。その後、テレビ、映画に多数出演。主な出演に、ドラマ「新・必殺仕置人」(朝日放送)、「長七郎江戸日記」(日本テレビ)、「警視庁南平班~七人の刑事~」(TBS)、NHKでは連続テレビ小説「芋たこなんきん」、土曜ドラマ「55歳からのハローライフ~空を飛ぶ夢をもう一度~」、木曜時代劇「かぶき者 慶次」など。10代のころは、自転車で琵琶湖一周も達成していた自転車大好き少年でした。

メッセージ

7年目の旅、これから出会える素敵な旅に想いを馳せながら、また新しい音楽を作らせて頂きました。
想定外の遭遇にワクワクするとき、胸に刻まれる風景にこころ癒されるとき、何気ない日々の中で、ふと口ずさんでいただけるような曲になれたら幸せです。

プロフィール

桐朋学園大学音楽部ピアノ科卒業。誰にでも去来したことがある想いをトレースするかのような美しく親しみやすく前向きなメロディー、静的でも動的でもある生きたメロディーを生み出せる音楽家として信頼が厚く、映画・CM・TV番組を中心に多くの音楽制作を手掛ける。
また自身の音楽表現として、日々折々の想いをメロディーにトランスレートして書き綴る“Piano Diary”をライフワークとする。
オリジナルアルバムは、2007年にファースト・ピアノソロアルバム『Piano Diary』、2013年にセカンド・ピアノソロアルバム『夢の途中』を発表。2012年新進気鋭のアーティストに贈られるアメリカの S&M Washington Award を受賞。

メッセージ

誰かの心の大切な風景が繋がって、ひとつの大きな旅になっていくこころ旅。
火野正平さんの言葉の余韻と風の音が溶けてゆく瞬間がとても好きです。
7年目の旅。またたくさんの思い出の中へ旅は続いてゆくのですね。
引き続き、旅の追い風になれるよう歌声をお届けいたします。

プロフィール

唱歌や童謡、スタンダードを根底に持つ。日本語の『韻』を大切にした歌詞やメロディー、クラシックの発声を基調とした独自の歌唱法で歌い上げる。
2002年メジャーデビュー。
その卓越した作曲能力で多数のシンガーに楽曲の提供も行い、鹿児島屋久島で最小限のエネルギーで行う音楽祭「やくしま森祭り」の立ち上げ、小学校の教科書への合唱曲提供、NHK「みんなのうた」では世界の数を題材に、国境や言葉を越えた音楽「数え歌」、小児科入院病棟に音楽を届ける「マってるぼうずコンサート」など『歌にできること』に挑戦し続けている。

メッセージ

正平さんが、必死に自転車をこいで、たどり着いたところに、僕はギターを持って、電車で駆けつけます。
その分、演奏頑張ります。
今年も楽しいライブをやりましょう。

プロフィール

日本を代表するアコースティック・ギタリスト。
自身のバンド「ニュー・ブルーストリングス」での活動のほか、40年以上にわたり、メジャーアーティスト(加山雄三・森山良子ほか多数)のコンサートツアーやレコーディングに参加。
「こころ旅」では、挿入歌「ちょうどいい」「このみちをゆく」の編曲を手がけるほか、正平さんと全国各地でのトークショーのステージに立つ。

関連グッズは
こちら

Page Top