2022年10月10日 (月)【こころ旅 クラシック】ウォークラリー秋・第3回



ハジミティヤーサイ=はじめまして

きょうは2012秋
187日目 沖縄県南城市
垣花樋川  でした。

磯で遊び、森の中でコーヒーブレイクを楽しんだ正平さん。
最後には美しい泉が待っていました。
ウォークラリー秋・3回はコチラから・・・



特製壁紙、秋も凝って作ってます!毎回お忘れなく参加して下さいね♪

投稿者:番組デスク | 投稿時間:19:30

応援メッセージ

※現在新規コメントは受け付けておりません

2012年1月24日目 187日目の旅クラッシク版に感動しました。
沖縄県は戦争の悲惨な歴史が忘れることが出来ません。
でも中村さんのお手紙から、このような素晴らしい、心が洗われるところがあるとは驚きました。中村さんは「心の泉」とおっしゃる通りですね!亡き父上様も上京されてからも「垣花ひーじゃー」は心の泉でだったろうと思います。御遺骨も故郷の先祖様の墓に帰られ眠っておられるとのこと、お墓の中で「垣花ひーじゃー」を駆け巡っておられろのでは‼と思います。小生も生命を頂きました。良いこころ旅でした。

投稿日時:2022年10月15日 13:06 | 江尻 衛

《こころ旅クラシック》は、187日目の沖縄県南城市。
中村晶子さんのお手紙は、「垣花樋川」。
一度見たら、忘れられない清冽な流れでした。

沖縄県南部への旅は――どうしても、沖縄戦での激戦地だった記憶が呼び起こされます。
石垣や塀に残る傷や穴、崩れの一つにも、戦争の傷跡を感じてしまう私です。

この日の正平さんは、新しく舗装された車道を走ります。
「亀甲墓」と呼ばれる大きな琉球墓。
ユダヤ教会と仲良く並んでいました。
「ヨナグニ馬」が、正平さんにご挨拶。

石畳の薄暗い道を降りていくと、水の音が。
溶岩石の壁を流れ、コケを洗う流れは、さながら庭園のようでした。
正平さんの清々しい表情。
「またオレの中の風景の宝物が増えた。ありがとう」

晶子さんの亡きお父様が、あの戦時下で幼き日、この泉のほとりで、どんな日々を過ごされたのか……。
いろんな想像が駆けめぐるとうちゃこでした。

投稿日時:2022年10月14日 02:43 | 川崎ジンジャーエール

こころ旅が3回(でしたっけ?)も訪れたとあっては、こころ聖地に勝手に認定〜!
垣花、行ったことはないけれど、実は私も少ーし縁のあるところ。もう絶対行きたいっ!
もちろん途中でナマコ捕りもしなくっちゃ笑
今回の壁紙もいいですね!こころ旅のスタッフさんてホント優秀!!

投稿日時:2022年10月13日 17:07 | おかか

垣花樋川。本当に癒やされる風景で、正平さんが言う通り大滝よりも心に染みます。いい水風景ですね( 〃▽〃) 日頃の疲れが流されるような水音に心が穏やかになる旅でした(*´-`) そして・・・皆さん今より若かったとはいえ(笑)暑い中本当にお疲れ様でした( ≧∀≦)ノ!!& ありがとうです~♡ クラシック 最高です~♡

投稿日時:2022年10月11日 09:26 | ぽんぽこ

最初のころは、秋の旅をお正月過ぎまでやってましたね。
懐かしいです。
坂道が多くて大変でしたよね。
見晴らしのいいところは、坂道がつきものですね。
軽トラが乗れるようになると良いですね。

投稿日時:2022年10月11日 08:52 | yoshie

最後のシーンの背景で、小さい滝?が沢山流れ落ちているのも珍しくまた、清々しくて印象にのこりました。しかしながらこのHPのトップにも掲載されている、ナマコをつまみ上げ、得意気に微笑んでいる少年の様な正平さんの姿が、なんと言っても今回は一番でした。

投稿日時:2022年10月11日 08:12 | ファイちゃん

☆こころ旅☆に関する放送は欠かさず、目をさらにしてみてますが、新しく目をさらにする番組が!!!
それは、舞い上がれ〜〜❣️ ま同じNHK☆こころ旅☆の皆様ごめんなさい。ペコリ

投稿日時:2022年10月11日 06:24 | kawaseme

『垣花樋川』
こころ旅で覚えた絶景です。

沖縄と言ったら青い空と海、白い雲。
そう思っていたのに…緑の苔・です!
どこから流れてくるのか大量の水。
美しく、画面の中ですが見とれました。
こころ旅で三度訪れてくれて…みんなも好きな場所なのカナ?

投稿日時:2022年10月10日 20:58 | may

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2024年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

検索

バックナンバー