2022年04月18日 (月)【こころ旅 クラシック】ウォークラリー第4回


きょうの放送は、2011年のベストワンにも選ばれた
津軽半島最北の駅 三厩(みんまや)駅のプラットホーム」でした。
朝焼けの空… ん~ 印象的でしたね!

ウォークラリーも4回目

ウォークラリー第4回
スタートしました!
参加はこちらから・・・

締め切りは
4/24(日)正午
コメント読ませて頂いています!!
今週も待ってま~す(^^)/

投稿者:番組デスク | 投稿時間:19:30

応援メッセージ

※現在新規コメントは受け付けておりません

おはようございます。三厩駅プラットホームのすばらしい朝焼けの壁紙をどうもありがとうございます!この壁紙を待っていました!最高です。ずーっと見とれてしまいます。

投稿日時:2022年04月20日 08:36 | あにき

2011年「三厩駅の朝焼け日の出」拝見しました。DC版でも観ました。何度観ても心に沁みました。
夜汽車の映像、風景 小生の小学生の時に習った文部省唱歌「夜汽車」を思い浮かべ懐かしくあらためて感動しました。
歌詞の2番目「やみの中に つづくあかり 夜汽車のあかり はるかはるか消えてゆく」(勝 承夫 作詞)「こころ旅」にピッタリのフレーズでした。自分の人生を振り返るクラシック版でもありました。暗い中での走行、正平さん、監督チームの皆さん有難う御座いました。

投稿日時:2022年04月19日 13:30 | 江尻 衛

何回見ても秀逸な旅。
お手紙も駅も朝焼けも、すべてがシンプル。
肝のシーンでこそ多くを語らない正平さん。
シンプルの美学をみせてくれたとうちゃこでした。
前の晩の大移動。このわちゃわちゃとの対比があって、いっそう感動的ですね!メイキングオブこころ旅としても名作です!

投稿日時:2022年04月19日 08:23 | おかか

火野SHOHEI様 昨晩,2011年6月9日:35日目の旅「三厩駅のプラットホーム」の巻を視聴しました。あの当時,現職中で「こころ旅」という番組を存じ上げませんでした。クラシックというタイトルの通り,改めて見直しますと素晴らしい番組がスタートしていたことを実感しました。海の向こうでは,SHOHEIさんが連日ホームランをかっ飛ばしています。「こころ旅」ワールドでは,チャリオ君との自転車旅,各地での皆さんとの楽しい会話の二刀流ですね。これからも,「ショウヘイさ~ん,ショウタイム!」期待しています。元気で,気張りや!

投稿日時:2022年04月19日 07:47 | 昔はマンガ大好き小僧

「こころ旅クラシック」第4弾は、35日目。
「三厩駅、朝焼けのプラットホーム」。

何度見ても、飽きることがなく…見入ってしまう、この旅。

じつは、私にとって、この35日目の魅力は――朝焼け、だけではありません。
夜の、人さびしい町の、「匂い」にもありました。

夕暮れの中、車窓から見える街並みは、だんだん沈み……
いつか窓には、車内が映ります。
ひとり、ふたり降りていく車内。
降り立った、田舎の無人のプラットホーム。
ポツリと明かりがともる駅前。
ひとりで歩き出す「心」。

じぶんの「こころの風景」は、こんな夕闇の街ばかりでした。
だから、これまで自分の「こころ旅」のお手紙が出せないままだったのだ――と、気づかせてくれたのが、今回の再放送でした。

これから、夜の風景のお手紙が、増えるといいなぁ。
きっと、チームこころ旅が、果敢にロケーションに挑戦してくれるような期待がふくらむのです。

投稿日時:2022年04月19日 01:59 | 川崎ジンジャーエール

何度見ても、美しく静かないい朝の色ですねぇ。お天気に恵まれたのも、正平さんの日頃の行いの賜物ですね。ご相伴に預かりありがとうございました(〃⌒ー⌒〃)ゞ

投稿日時:2022年04月18日 21:05 | ぽんぽこ

クラシック版で35日目の旅、観たよ。
先日のDC版でも観ましたが
ブルートレインが休んでいたり
列車の赤いテールランプが
鉄道好きには何回、観ても嬉しい限りです。
今日、改めて思ったのは
お姉さん監督達が今も活躍し
良いなあということです。

投稿日時:2022年04月18日 20:37 | ももの爺

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2024年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

検索

バックナンバー