2013年12月21日 (土)港町横浜、昭和の香りと未来都市&田舎が懐かしい。。。


週末版
289日目
 

港町横浜には、水路が多い
港町横浜には、多くの水路が。
水路ギリギリに家が並び、「舟屋みたいだ」と正平さん。

未来都市かっ!?
そして、みなとみらいに入る。
「高層ビルに観覧車・・・
未来都市かっ!?」

 

 

 

 高い・・・(°0°)
「高っ!!でもこれより高いの出来てるだろ・・・?」

 

 

 



そして・・・

野毛まち、発見!
「野毛まち!!
 発見!!」

 

 

 

 

都橋にトウチャコ。
「お手紙の都橋にトウチャコ!!
でも夕暮れまで待つか・・・!!??」

 

 

 

 

週末版
290日目


横須賀名物「どぶ板通り」
横須賀名物「どぶ板通り」

 

 

 

 

 


 
どぶ板選挙って・・・
「どぶ板選挙って、ココから始まったのかなあ・・・」

→ 違うと思います(by 監督)

 

 

 


  

狭い道
走りづらい街の中。
思わず正平さん、
「田舎が懐かしいなぁ。。。」

 

 

 



ありがとうございました。


聖ヨゼフ病院の方、こころよく受け入れていただき、ありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

 


 

投稿者:担当ディレクター | 投稿時間:12:00

応援メッセージ

土曜日版、拝見させて頂きました。
正平さんの優しさに溢れた内容で、ほっこりしました。

女学生かっ。の、おばさんは、
あたしの実母(笑)
華麗にスルーしてったお父さんは、
あたしの実父(笑)

今でも家では、歩道橋下での出来事を
笑いながら話してます☆
感動と笑いを下さり、本当にありがとうございました。

投稿日時:2013年12月23日 22:33 | コマちゃん

「都橋」も「聖ヨゼフ病院」も とっても感動的でした
最後に お手紙を噛みしめるように再読された正平さんは
投稿された方への思いが一層熱くなられたようで・・
そして 田村カメラマンさん(?)が正平さんの思いを 
とても繊細に感じとり 映像を送ってくださるので 
素晴らしい臨場感を得ることができます

神奈川県、街の中では人通りが多すぎたせいか
“5レンジャー隊”と地元の方たちとのふれあいが
あまり見られず それが残念でなりません
でも、ご夫妻で散歩中の「ジョガクセイさん」は
楽しかったですね?(自分もそうだろうな・・と)

物忘れが増え 髪の毛が減っても 正平さんの魅力は
そんなことで減るものではありません
ドンマイ!でーす(^O^)/

投稿日時:2013年12月23日 01:02 | bouya

正平様、スタッフの皆様、毎日ご苦労様でございます。

本日のエンディング、投稿者様への心遣いに思わずホロっときてしまいました。
また正平様の優しさに魅せられてしまった今回の旅でした。
さて、今年の放送も終わりですが、また来年も楽しみに待ってますよ。

それでは皆様、良いお年を。

投稿日時:2013年12月23日 00:59 | トミーペイジ

めがねを外してテレビを見ると、あの階段は私には、白い線に見えました。
光りを失ってからの苦労は、想像に余りあると思います。でも、お手紙の文章から、何とも言えない、知的さを感じました。
これからもどうか、お元気で。

いつも、こころ温まるお手紙を紹介していただき、ありがとうございます。

投稿日時:2013年12月22日 21:20 | つぎはどこに行くのかな。

正平様 「こころ旅」チームの皆様、最終地神奈川の旅、大変お疲れ様でした。
今年最終日に、懐かしい思い出の地、江ノ島の可愛いい姿を視ることができ「
キューピーちゃんに見える!」と思わず叫び、感激してしまいました。
ありがとうございました~。
正平さんの明るさ、温かさ、そして正直でお茶目なところと、全てが人間味溢れる正平さんが、家族共々みんな大好きです。
正平さんの一言で、みんなで笑ったり、ホロリとしたり…
NHKの皆々様、視聴者の目線に立った優しい番組正平さんの「こころ旅」をなくさないで下さい。

投稿日時:2013年12月22日 19:59 | kimiちゃん

病院の2階に入れていただけてよかったですね。
お宮さんの階段の左側にあった大きな木、♡型に見えました。正平さんの♡がお手紙を出された方に届いていますね。

投稿日時:2013年12月22日 16:44 | 矢車草

時空を越えた旅ですからこころの風景の見え方は人それぞれ
そんなところが番組の魅力です
これからもずっとついて行きます
正平さん 横須賀に連れて行ってくれてありがとう

投稿日時:2013年12月21日 23:07 | 小夜子

1日目:週末に考えたこと じらさずに早く教えて!「名前遊び」?そうやって週が開けた。?!今日から田村カメラマンと。「野毛町」なんか聞いたことがあるようなと思っていたら、正平さんが広げられた地図 「野毛山公園」の赤い文字あり。この公園に行ったことがある。納得!「ベイブリッジ」車でもホント 怖いです。「都橋」の交番はそのまま残っていた。夕闇に紛れる正平さん どこへ・・・・・
2日目:雨の為出発時間を少し遅らせる。横須賀港 潜水艦初めて見ました。「どぶ板通り」走行中 立派なお髭の方を発見。「レッドソックス」えっ!病院では今はもう眼科はなくなり、そこは面会室に変わっていた。「病院 手前にあったお宮さん」これが きっとそうですね。13段でした。説明なんかなくても、いいんです。それが私は好きです。

投稿日時:2013年12月21日 20:53 | SETSUKO

「正平さん、スタッフのみなさん、こんばんは」
土曜日版、見ました。
いつもとは、少し趣きが違うお手紙でしたね。

街の明かりが灯り始める夕暮れ時、お父様の帰りを待つ少年の気持ちが想像出来て、、、映画のワンシーンを見ているかのようでした。

また、病院の2階で、正平さんが、お手紙を投稿された方に語りかけるように話されていたこと。
うるうるしました。
なんて、やさしい心根の方なんだろう?と、正平さん、惚れなおしましたよ。
いいもの見せていただきました。

投稿日時:2013年12月21日 19:28 | REIKO

正平さん お仲間達 こんにちは
神奈川に住む私にはワクワクドキドキの今週でした
ここも行った あそこも行った って具合で本当に嬉しく拝見しました

急がず騒がず美しい風景と楽しい人々との交流がこの番組の骨格なのでしょう
正平さん達の誠実さは耳からだけでも伝わってくるのですね
病院の窓から見えるお宮さんの階段に感動し
冷たい風の吹く季節でも心はポカポカに温まりました

今年も素晴らしい番組をありがとうございました
正平さんもお仲間達も良い年をお迎え下さい

投稿日時:2013年12月21日 15:27 | onikasago

2013年秋の旅、終了ですね^^

お疲れ様でした!

また、来年お会いできるのを楽しみにしています。

正平さんもスタッフの皆様も、ゆっくり充電して、またリフレッシュして帰ってこられますように。

そして、視聴者の皆様も、良いお年をお迎えくださいませ。

投稿日時:2013年12月21日 15:03 | とも☆

千葉で生まれ 東京で育ち 神奈川の学校へ通っていたこともある私には 懐かしい場所や名前が次々登場して
胸いっぱいの毎日です
まとめて拝見しているので余計です
中でも中丸小学校!!! 世田谷区で一番小さく当時唯一プールのない小学校でした 正平さんより一つ年上の私
正平さんと同じ時空間を過ごしていたなんて、!!!
もう 都会に暮らす事は無理かもなー
残りの旅 楽しみにしてま~す

投稿日時:2013年12月21日 13:57 | おばちゃま

正平さん☆スタッフのみなさんお疲れ様でした!
土曜日版観ました!((о´∀`о)
野毛…夕暮れ時の正平さん☆も素敵でした。(*^^*)
信号を渡って歩いて行く正平さん…
本当に呑みにいってしまったのか(*^^*ゞ
妄想して楽しみます
明日も楽しみにしています!

投稿日時:2013年12月21日 13:35 | 裕蘭

土曜日版、観たよ。
289日目:
あやのこうじだとか
わたなべあずさみちよだとか
視聴者を楽しませてくれますね。
夕暮れの都橋を渡り、赤電球の交番そばを通って
飲み屋街に消えていった火野さん
さすが俳優で絵になっていました。
290日目:
歩道橋下で突然、興奮のご婦人出没に
こちらも興奮しました。
お手紙の方の思いに寄せる
病院内での火野さんの行動に嬉しくなりました。
視聴でなく拝聴ということで
この番組はそういうファンがいるのも知りました。

投稿日時:2013年12月21日 13:20 | ももの爺

人それぞれこころの故郷がありますね。そこには都会も田舎もないこころの景色があるのでしょう。しかし都会を走ってる正平さんも楽しそう。似合ってる。今夜はどこで一杯やるのかな?「病院おっかね」そんなこと無いですよ、僕も昔長期入院したことありますけど看護士、その当時は看護婦さんに親切にしてもらって勘違いなんかしたりしてね。病院から階段の見える場所を一生懸命にさがしてる正平さんスタッフさんのこころは伝わってますよ。

投稿日時:2013年12月21日 13:18 | はにゅけん

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2019年08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

バックナンバー