2023年10月10日 (火)【青森】キュッキュッと鳴く



猿ヶ森砂丘
猿ヶ森砂丘の広さは、
南北約17km、東西約2kmだそうです。でもその大部分が立ち入り禁止区域です。
防衛装備庁の下北試験場があるからでしょうか。
奥に見える大地は東通村尻労(しっかり)地区です。




鳴き砂
正平さんが強く踏み込むと、「キュッキュッ」と鳴いてます。
石英という鉱物が多く不純物の
少ない砂浜で見られる現象だそうです。

 

 

 

 

 

ススキがなびく
このあたりでは、ススキと“覇権を競いあっている”セイタカアワダチソウがほとんど見られません。
のびのびしているススキたち。

 

 

 

 


鳥たちを観察
なぜ鳥は同じ方向を向いているのでしょうか?風が吹いている方に向いているそうです。逆を向くと羽が広がってしまうから、ですって。
自然番組を担当している編集マンが教えてくれました。

 

 

 

 

下北の地で何を思う・・・
下北の地で何を思う。。。

 

 

 

 


 


また上り坂?!
灯台は基本、高い所にありますね。また上り坂ですか!
今回はどうする正平さん!!
今夜7時からの『とうちゃこ版』で明らかに!

 

投稿者:担当ディレクター | 投稿時間:08:00

応援メッセージ

青森県(1212日目)伊藤さんのお手紙で白糠灯台へ。私の地元にも鳴き砂で有名な浜がありますよ。バスの窓、Bカメさん泣かせの真っ黒でしたね(笑)。灯台までの、けっこうな道のりを歩いて、ちょっとしんどそうでしたね…。「なーんだ人生って遠回りなんだな」って正平さん。ほんとにそうかもしれませんね~。

投稿日時:2023年10月15日14:34 | ねこすずめ

青森県1212日目猿ヶ森丘よりでした。鳴り砂の浜辺をお道化て歩く正平さん朝から愉快な気分になりました。伊藤さんのこころの風景断崖絶壁の上に立つ「白糖灯台」夢を語り合った場所。志を果たして故郷に帰られた由感慨深いものがありましたね!灯台の傍で風に吹かれて手紙を読まれる正平さんの姿、大海原に叫ぶ様子印象的でした。道中の海沿いの風景(昆布の干してあるところ)などこころ旅ならではの映像でした。

投稿日時:2023年10月12日13:38 | てるてる

白糠の灯台、風が強くて寒そうでしたね(^^; 「NHK、ギャラあげてー」ほんとお願いします

投稿日時:2023年10月11日13:53 | 美奈成の母

「火曜日とうちゃこ版、観ました。」猿ヶ森砂丘からのスタート。鳴き砂の砂丘は、とうちゃこ地点でも良いような所でした。チャリオ君のとうちゃこからも、しばらく歩かれた様子。灯台での正平さんの本音の叫び。NHKの幹部さんに届きますように。山は、、、無理!!(笑)

投稿日時:2023年10月11日07:10 | REIKO

最後の、正平さんの叫び(笑)。2つのお願いはかなうのでしょうか???

投稿日時:2023年10月11日05:15 | るる☆

下北半島って、大きな砂丘があるの、こころ旅で初めて知りました。地理の勉強になります。とうちゃこ地点の正平さんの心の叫び。切実でした(笑)

投稿日時:2023年10月10日22:33 | タケヒロシ

正平さん 鳴き砂の上の歩き方かわいいかったでぇす。 鳥がなぜ同じ方向 向いているのか、私もいつも不思議に思ってました。謎がとけてスッキリです。ありがとうございます。最後の「ギャラ上げろ~」には笑ってしまいました。心の声ですね~

投稿日時:2023年10月10日21:34 | にゃんこの手

灯台までの遠回りの道のり、しかも歩きとは・・・お疲れ様でした。最後に海に向かって思いの丈をぶつけた正平さん。日本を平らに・・・というお願いはちょっと難しそうですが、ギャラを上げてもらうのはもしかしたら叶うかも?NHKさんよろしくお願いします!!

投稿日時:2023年10月10日20:35 | ふみ

1212日目の旅、観たよ。「白糠灯台」猿ヶ森砂丘という大きな砂丘を初めて知りました。以前の旅の鳴き砂を思い出しました。36日目の旅は観ていない時でしたが、観てみたいものです。バス会社の方、過去の番組をよく知っていましたね。久し振りのお弁当でしたが、美味しそうでした。浜の沢山の鳥、印象的でした。昆布取りのお母さん、火野正平さんと素晴らしい反応。人生遠回りは下り坂とは違う含蓄がありました。日本、平らにして、NHKギャラを上げてでの終わり、笑えました。

投稿日時:2023年10月10日20:31 | ももの爺

下北の旅、綺麗な鳴き砂の浜から出立ですか。立ち入ることは禁止の浜だそうで、始めて知りましたヨ。故に浜が綺麗な儘で維持されているんですネ~。途中迄は坂道も無いのに監督さんの『お情け』でバス・ワープとは、良かったネ~。でも、スモークガラスで正チャンが見えん! で、イラストが挿入ですか。 海縁りは風が強くてキツイよね。お疲れ様でした。もう一つの大敵は『敵前逃亡』を繰り返してクリアー。目的地寸前でチャリオ君を放棄(?)して徒歩でミッションを完遂でしたね。和子さん、『金の卵』でしたか。同世代として此の言葉には感慨深いものが有ります。最後の正チャンの叫び、《ギャラ上げて~!》にNHKさんは・・・?

投稿日時:2023年10月10日20:28 | 宇即齋

正平さーん!おなかぷっくり、トコトコキュッキュッ♪もぉーー黄色い正平さん、ひよこちゃんみたいでめちゃくちゃかわいぃーっ!おなかちょい見せ、壁紙にしてくださーい笑!海辺のお弁当、シンプルだけどとってもとってもおいしそう~。お寿司と同じくおにぎりも手で食べるのが一番ですね!

投稿日時:2023年10月10日14:28 | おかか

北海道2週間分、録画を遅れ遅れの視聴になってました。そして青森県、黄色のニットに黒のワイドパンツの正平さん、鳴き砂をキュッキュと歩く足元も蛍光イエローで鮮やか!お手紙には灯台で海原に向かい何なり叫んで下さいと楽しい結びの文です。こころ旅未踏の地へ。伊藤様の青春が詰まった風景どんなかしら?バス移動で監督の情け、優しさ?と思うも、降りて見えた遠くの灯台・・ブログにある通り灯台って高台ですよ・・大丈夫かな正平さん。何と叫ぶかも気になりますねぇ~。

投稿日時:2023年10月10日14:18 | ゆきぱん

久し振りにみんなでお弁当!!それも手作りで美味しそう~私にとっては、みんなでお弁当囲む風景が、ある意味大好きなこころの風景なのですよ~(〃▽〃)正平さんのイエローもよく映えて素敵な朝版☆彡 そして灯台もよく見えて良かったですねぇ(((*≧艸≦)ププッ

投稿日時:2023年10月10日12:50 | ぽんぽこ

鳴き砂。キュッキュッと一度は正平さんのように経験してみたいです。バラエティーにとんで彩りも可愛いらしいお弁当と広い海辺で明るい色づかいのランチシート。観ているだけで楽しそうです。正平さん何を叫ばれたのでしょう。気になって仕方ありません。

投稿日時:2023年10月10日11:57 | kimiちゃん

お衣装も秋に。柔らかな栗クリーム色(どんなんや?)早々に「ハアハア」坂?バス停では懐かしい訪ねた尻屋崎に。八甲田山の寒い雨道、とうちゃこが温泉の石蒸しだったと。まだまだ行ってない穴場が。鳥たちの右へならえは飛ばされ防止でしたか、成る程編集の方「ワイルド〇〇〇」でしょうか。何なりとさけんてくださいとのこと、いち早く灯台発見。はたしてなんと叫ばれたでしょう。

投稿日時:2023年10月10日10:42 | ちいちゃん

鳴き砂のシーンは月曜版で見て あまりにもかわいらしくていつあるのかなあって楽しみにしていました。一番はじめに出てきてやった~ いろんな人たちの知恵と力で成り立っていますね。こころ旅。鳥さんたちが同じ方向を見ているわけもわかって 一つかしこくなりました。もう何年も海を見ていないので広い太平洋は大歓迎。お待ちしています(^^)/

投稿日時:2023年10月10日09:47 | norinorimiffy

1212回目、いっちに~いっちに~キュッキュキュッ!鳴き砂浜。軽やかに始まった今朝の朝版!放送が一週間小休止の間に、私の住む西日本もめっきり秋めいて、むしろ肌寒く感じるようになりました。北から始まった秋の旅、今頃北海道や東北は、もっと秋深くなっているのでしょうね…幻の?!横夜景も見たいし、行ってみたいなぁ~。そんな青森県、訪れる度に“モーリーちゃん”を思い出しますが…どうかなぁ。今日は白糠灯台へ…ちょっとお天気曇り気味だけど、正平さん、なんて叫んだの?!とうちゃこ版が楽しみです!

投稿日時:2023年10月10日08:01 | こもまま

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2024年02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

検索

バックナンバー