2022年03月29日 (火)【和歌山】風、冷たっ!(>_<)



和歌山城を望んでスタート!

オープニングシーンは宿泊しているホテルのレストランを使わせていただきました。
徳川御三家のひとつ紀州徳川家の居城、和歌山城。空襲で焼失し戦後、市民の要望から再建されたものです。

 

 




紀の川を渡る
実はこの橋 2015年春の旅初日で渡っています。
その時は逆方向から市街地へ向かって渡り和歌浦へ向かいました。

 

 

 

 

 

河原のロケ風景


10℃くらいしかなかったこの日。
風が冷たく感じました。
正平さん曰く「奈良のお水とりが終わるまで待たないとな」
東大寺二月堂で行われる「お水取り」。春を告げる行事だそうで、今年は3月13日に行われました。

 

 

 

 

ふじの花


途中見つけた花。
マメ科の植物で「ヨナクサフジ」か「クサフジ」かちょっと判別つきませんでした。

 

 

 



<今夜7時のとうちゃこ版>

鳴滝不動尊

お手紙通り、お参りするところがたくさんある鳴滝不動尊。
滝行も行われる修験の場の
雰囲気をお楽しみに!

投稿者:担当ディレクター | 投稿時間:08:00

応援メッセージ

         (⌒‐⌒)『今日は!』
 正平サン、スタッフの皆様、、そちらの桜は どんな感じですか。
 …がま口財布に 5円玉がジャラジャラ。
 (この時点では こんなに要らないでしょ!;と、思ってました(笑;))
 この日のルートに歳を感じた様子ですが 走る後ろ姿が(も)若々しいデス。
 ネックウォーマーをストールに変えて 颯爽と走る姿が 待ち遠しい。
 …三恵子様が思い出す 懐かしい風景。
 新しい榊・沈丁花の花等が供えられているのには 感心してしまいます。
 ✳ 投稿スタッフの皆様、、本年度も 宜しくお願い致します‼
                     (*´▽`*)‼イツモ アリガトウ‼


 
 

投稿日時:2022年04月02日 14:48 | 敦子

2022年、春の旅。
初日は、和歌山県和歌山市。
髙井三恵子さんのお手紙は、「おふどうさん」。

「まだまだ茶色いぞ、土手が」
本州でスタートする春の旅は、いつもまだ冬枯れの景色。
春は名のみの、風の寒さや――。
鼻水いっぱいで走り出した正平さんでした。

三恵子さんが20才のとき、他界されたお母様。
おばあさまは…どんな思いで、残された子どもさんたちを見つめられてきたことでしょう。
その気持ちを、ずっと想像しながらの旅でした。

鳴滝不動尊に、とうちゃこ。
ひとつひとつのお不動さまに、それぞれのお賽銭箱がある意味を思います。
「みんな、ちょっとずつ、入れてはる」
平等に心を配る――が、あふれる場所。
ニッポン人の、信仰の姿を思いました。

この日は、8㎞の走行。
「近い!…ずいぶんオレたち、ジジイ扱いになりましたネ」
正平さんのさりげないセリフが、じわりと残る春の旅初日でした。

投稿日時:2022年04月02日 01:51 | 川崎ジンジャーエール

鳴滝不動尊にたくさんお参りする正平さん。5円玉がいっぱい入った大きめの唐草模様のがま口・・・。がま口のお財布なんか良いなぁと思いながら見ていました。
お手紙の主様にとっておばあちゃんは絶対的な味方で、面白くて優しくてかけがえのない方だったのですね。
お不動さんをめぐるおばあちゃんと幼い三恵子さんがいるようなとうちちゃこ風景でした。

投稿日時:2022年03月31日 18:14 | ゆきぱん

今年も正平さんの元気な自転車姿を見れて、感激しております。ゴールまで朝、晩、土日、欠かさず見ます。

投稿日時:2022年03月30日 20:54 | 幸代ママ

おはようございます!朝版、とうちゃこ版観ました。
正平さんの「今年も行きまーす‼」の一声で,正平さん先頭に続くスタッフの皆さんスタートの映像を見て感激しました。
春とはいえ未だ冷たい風のようでしたね。
道中の風景、ヨナクサフジの色が美しく映えていましたね!
鳴滝不動尊、正平さん何を祈られたのか?賽銭の御利益がありますように❣
手紙の主様の亡きお母様のこと、おばあちゃんと過ごされたことなど、人の人生の悲哀を感じました。でも明るく生きて来られ、今の幸せに過ごされておられること良かったですね!
小生も小さい頃父が急死して片親で育ったので人の人生を思う昨今です。正平さん湿っぽくなく、さらりと手紙を読まれる、気持ちが明るくなりました。

投稿日時:2022年03月30日 10:48 | 江尻 衛

朝版で、
「車、きま~す」(ハ~イ)
「車、停まりました」(ハ~イ)
「車、動き出しました」(えッ)
「車、曲がりました」(なんやねん)

やり取りが何となく面白い。

クラシック初日編のスタップとのやり取りに比べて、10年の歳月の長さを感じる。

投稿日時:2022年03月30日 10:23 | 皐月桔梗

ありったけの5円玉をお賽銭皿にひとつずつ供えましたね。お疲れさまでした。町中の渓谷という感じですね。東京の方でいうと等々力渓谷のような感じが少ししました。春の旅一日目が無事に終わって良かったです。これこらも応援してまっせー!

投稿日時:2022年03月30日 08:29 | あにき

いよいよ始まりました、癒やしの時間。皆さんチームワーク良いですね。

投稿日時:2022年03月30日 07:53 | ちぃばー

和歌山城近くからの出発です☆(城好き週担当は菊地監督なのでしょうか??)

唐草模様のがま口。いまあんなの無いですよね??
たくさん5円玉があったけど。。。。。

月曜版で「和歌山ラーメン」って書いたけど違ったんだ~汗
お休みのところを貸し切りにしたんですね?Bカメさんも食べられましたか??

おふどうさん、お参りするところがたくさんあって5円玉が
空っぽになっちゃいました。忙しいですね。

投稿日時:2022年03月30日 05:27 | るる☆

クラシック1回目! いいネいいネ! この企画にバンザイです。最初から、一回も欠かさず見てきました。一回も、つまらないなんて思ったことはありません。1回目からもう一度見たーい!と思っていました。嬉しいかぎり、ありがとう 寄ると触ると、老化ばかりの話題に、正平さんの元気とヤンチャに救われています。


投稿日時:2022年03月30日 00:11 | モマとよ

今日の走行キロ、8。
皆年取ったから、仕方ないですが、番組の最初期は40キロは、毎回、走っていました。
あの時、君は若かった。

投稿日時:2022年03月29日 23:37 | タケヒロシ

正平「おはようございます」私「おはようございます」正平「2022年春の旅始まります」私「よろしくお願いします」と今年も始まりましたお約束の時間。私のヒイヒイ爺さんまでが住んでいた紀州からの旅、無事に北海道までなるべく楽しく参られますようにと願います。私の旅はまだ少し先にした方が良さげなのでチームこころ旅の道程に期待します。

投稿日時:2022年03月29日 21:36 | キョン3

2022年春の旅、始まり始まり~。待ってました、こころ旅御一行!
正チャンとクルーの面々、元気そうで何よりです。
唐草模様のガマグチとかなりの数の五円玉、監督さんの遊び心に拍手!
今日は売り上げ(奉納金)が伸びる事を、きっとお不動様もお喜びでしょうネ。
途中の川での鳥の動きを見て、『来るべき日の為に練習してます』との正平語録には思わず吹き出してしまったヨ。
そして、昼食のラーメン(何故か薩摩ラーメン?!)を窓越しに御爺さんに見せびらかして喜んでいる正チャンに笑えた~。正チャン健在なり。
鳥居からお不動様に至る参道にはかなりの数の関所(多様な神様が御座す)が!お賽銭をあげるだけでも一苦労ですね。此れでご利益が無かったら【怒るヨ~!】
でも、社は街の近くに在るとは思えない程の雰囲気を醸し出していて、良いですね~。

投稿日時:2022年03月29日 21:26 | 宇即斎

2022年春の旅スタートですね。
和歌山城をバックにお元気な正平さん嬉しいです。
細い長い橋を渡り、途中工事の方に声をかけ、5人で自転車で走る姿に感激しました。
目的地のお手紙と同じようにお参りするお姿に今回の旅の安全を祈ってます。
色々なこころ旅を楽しみにしています。
道中気をつけて、楽しんで下さい。

10年特別の副音声楽しかったです。
知らない話が沢山聞けました。色々な企画ありがとうございます。

投稿日時:2022年03月29日 20:55 | さわっち

とても可愛い唐草模様のがま口。
お参りされるお賽銭を置かれる音。
優しい自然に囲まれたおふどうさんと、そっと咲いているようでしっかり根づいている一輪の沈丁花が綺麗で印象に残りました。
正平さんの言葉「今年も行きまっせ~!」に力みなぎります。
正平さんカッコいい~!

投稿日時:2022年03月29日 20:54 | kimiちゃん

手紙を読む正平さんのバックは和歌山城いいですね!肌寒そうなスタート、体調管理よろしくお願いします。久しく旅行は行っていないのでコロナも減少傾向しているし5,6月に北海道旅行を考えてます。そこで体を鍛えるべき自転車&さんぽ5,6キロを実施してます まだ旅行はダメかな

投稿日時:2022年03月29日 20:42 | 吹田のヒゲ

ある思い出は、次の思い出を連れてきます。
清らかな滝の瀬音がこころを洗います。
気持ちのいいスタートになりましたね。

投稿日時:2022年03月29日 20:36 | ちいちゃん

1064日目の旅、観たよ。
「おふどうさん」
スタートした途端のスタッフのチェーン外れ
そういうこともあるのですね。
川に架かる橋の補修の作業員さん
仕事とは言え大変そう。
紫の花の名、ブログで判断付かず、了解です。
薩摩ラーメンの山盛りネギと厚いチャーシュー
美味しかったことかと。
不動尊、変わった雰囲気でした。
5円玉の小銭入れ、役立って何より。
今日はおじさん向けの8キロでしたが
明日は何キロの旅かな。

投稿日時:2022年03月29日 20:33 | ももの爺

正平さんの、「また行きまっせー、今年も!」

これを聞けたので安心しました(^^)

今季もご安全に~♡

投稿日時:2022年03月29日 19:59 | レインマン

夕方の情報番組で桜が満開になった和歌山城の船でのお堀巡りをライブで見ました。桜の気配も感じられない画面を見ながら桜前線に追い越されるのはどの辺りだろう?って思いました。和歌山ラーメンも有名なのに貸切予約されたのは薩摩ラーメン。窓から覗き込んだお爺さんの表情が笑えました。監督さんから手渡されたがま口には5円玉がどっさりでしたがお便りの通り鳴滝不動尊は祠が密集しててどんどん減っていく。一つ一つに手を合わせてお参りされたお婆さんの姿が浮かんできそう。一緒に見てた夫が「そんなに有名でもない。だけど行ってみたらちょうど良い風景。こころ旅にピッタリの場所やったな〜」って。「良いこと言うやん」2人でのんびり拝見しました。

投稿日時:2022年03月29日 19:51 | GUREKO

和歌山城をバックにお手紙を読む正平さん。また旅が始まるんだぁと嬉しくウキウキしています。
和歌山県からのスタートはあったかいからだねと言ってましたが、まだまだ早春の気候は肌寒そうですね。
体調に気を付けて徐々に慣らしていってください。
土手も茶色いけど、じきに緑になって、季節のお花が見られますね。
旅行になかなかいけない現状なので、こころ旅が心のオアシスです。

投稿日時:2022年03月29日 18:47 | ゆきぱん

自宅のすぐ近く!からのスタートに感激しました。2015年春の旅でも渡った紀ノ川の橋は、地元では通称「一銭橋」と呼ばれています。2015年のときは、正平さん「両側まる見え〜!」ってビビってましたが、今回は余裕の走り…。高い橋もだいぶん慣れてきた?

投稿日時:2022年03月29日 17:22 | charlie.O

こんにちは!2022年春のこころ旅1日目始まりました。こちらは1日曇り空で、とても寒いです。
和歌山初日もとても寒そうで、映像見る限りどこも
茶色の色ばかりですね。桜もまだまだですね。
正平さんこころ旅チームはこれから、桜前線を追いかけて行くのですね。楽しみです。
旅の安全と体調を願っています。これからも
ずーっとついていきますよ!

投稿日時:2022年03月29日 14:47 | マンチカン

春の旅和歌山県1日目
山の頂きに建てられている大きな和歌山城。
凄いお城。
素晴らしいですね!
車が通りま~す。
ハ~イ!
停まりました。
ハイ
(と、思ったら)
動き出しました!
笑ってしまいました。
チームの方々の安全への細かい気配り、声かけ、雰囲気があったかく大好きです。
鳥を観察し、正平さん“男の子トーク”炸裂に大笑いです。
水辺の生き物、春の植物、和歌山の早春の自然をみせてもらいながらずっと顔がニヤケテいます。
兎に角正平さんをこころ旅を拝見するだけで嬉しいです!

投稿日時:2022年03月29日 14:41 | kimiちゃん

こんにちは!!

火野さんファンの和歌山人です!!

和歌山市に火野さんが再来和歌し、尚且つ地元の鳴滝不動へも来てくれただなんて、、、

うちの家の前通ってくれたのかな?とか考えて、、、鼻血出そうなくらい嬉しいです!!

お見掛け出来なかったのが残念で仕方がないですが、また和歌山に再々来和歌してくれるの楽しみに待ってます!!

頑張って下さい!!

投稿日時:2022年03月29日 14:33 | しょーいち

正平様・スタッフの皆様

ついに始まりました、2022年春の旅
まだまだコロナ禍の不自由な中でスタッフ皆様のご苦労は
我々の想像より遙かに大変だと思います。
旅の安全とご健康をお祈りいたします。
無事に北海道へ「とうちゃこ」して下さい。


投稿日時:2022年03月29日 13:32 | Mako

        (* ̄ー ̄)『お早うございます。』

  正平サン、スタッフの皆様、、
  この日は 寒い一日でしたか。 
  関東地方も"花曇り"です。【こころ旅】視て ホンワカしてきました。

  可愛らしい野の花を見つけましたネ。
  (幼い頃、さやの実を除いて 吹いてあそんだ、あの花かしら、、?!)
  イラストの "オオイヌノフグリ"も 探してみてほしいです。
  名前も お花も 可愛いです‼ (笑;;)   ( =^ω^) フフ…

投稿日時:2022年03月29日 12:38 | 敦子

温そうなの着てはりますね。まだ風が冷たく、まさにお水取りが済まないと春が足踏みしてますものね。「今年も行きます」の掛け声「はい」と答えました。水ぬるむ、鼻水もぬるむおっしゃる通り。鳥さん、春の準備の腰体操ですか?
おふどうさん、私めの干支の守神さん、亡き父と御参りに脚を運んだものです。四季折々に懐かしく、拝見いたしたく存じます。

投稿日時:2022年03月29日 10:06 | ちいちゃん

「お水取りが終わるまで 待たないとな」なんて
うれしいお言葉。
奈良では お水取りが終わるまでは寒い は 合言葉。
私も 同じことをそんなころ 言ってました。
とはいえ ちょっと春らしさも感じられる
春の旅の 一日目。
とうちゃこ 楽しみにしています(^^)/


投稿日時:2022年03月29日 09:49 | norinorimiffy

おはようございます(^^) さぁ〜今日のコメント登録とブログを開けたら、ここが刺さったウォークラリーってあった!ここも外せない(°▽°)
和歌山初日寒そうだったけど…ながーい橋は怖くなかったのですね!工事中のお兄さんは、怖いって言ってたのに。まず滑り出し順調って事で‼️

投稿日時:2022年03月29日 08:40 | 美奈成の母

窓からの日差しは暖かい春の温もりが感じられたのに走り始めた正平さんは「風、寒〜」って。ブログに10℃ってある。鳴滝川の茶色い土手の中に監督さんが見つけた藤色の雑草。土手の木々は満開になれば桜ロードになるだろうにツボミはかたい。春の旅の出発点に和歌山を選んだのは「暖かいから〜」って笑いながら正平さんは予想してたけどまだまだ春遠しみたい。2022年1064日目のお便りは髙井さんの鳴滝不動尊。関西の情報番組では山あり海あり歴史あり。美味しい物も一杯の観光地である和歌山は度々紹介されるけど思い出に寄り添ったこころの風景が見られるのがこころ旅の1番の魅力。監督さんが用意されたのか5円玉だらけのがま口に笑えた。とうちゃこ予告の景色の良いこと。今夜が待ち遠しい。

投稿日時:2022年03月29日 08:29 | GUREKO

やっとはじまりました!
嬉しいな~

5人のおじさんたち、わいわい楽しそう!
私も勝手に交じってます笑

変わらないこころ旅をいつまでも、と願わずにいられません。

正平さんの春の季語「水ぬるむ」いただきました!
次はつくしかな??
春さがしも楽しみです!

投稿日時:2022年03月29日 08:10 | おかか

おはようございます!春の旅が始まりました。順調なすべりだし、うれしく思います。食事シーンが久々に見れるかなと思ったらお預けでした。春の花。春見っけー!と正平さんの声。癒やされます(笑) 5円玉のあらし。とうちゃこ版を楽しみにしています。

投稿日時:2022年03月29日 08:10 | あにき

 3年ぶりの関西、そして4年半ぶりの和歌山県へ、ようこそ〜!ポカポカ陽気の様子、良かったです(o^^o)
 初日はまた、めっちゃ和歌山県中心部からスタートしましたね〜(^^;;お城好きの菊地監督さん好み…かな〜ふふふ。
 久しぶりのチャリンコ旅、自転車のチェーンも外れがち。ゆっくり行きましょ〜!
 鳴滝不動尊と滝、祖母とお参りした思い出の場所…。癒やしの水場の風景、とうちゃこ版が楽しみです!

投稿日時:2022年03月29日 08:05 | こもまま

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2022年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

バックナンバー