2023年11月22日 (水)【山口】清流・佐波川沿いを走る


佐波川の由来は・・・
山口県の中央を流れる佐波川。
“鯖(サバ)川”とも呼ばれるそう。佐波川の名の由来は諸説あるようですが、そのひとつはサバが防府の海で大量に漁獲されたため、この名が付いたとか。



佐波川の河原で出会ったバッタ
月曜朝版で登場したバッタは、
佐波川の河原にて遭遇。

 

 

 

 

「バッタが多いなー」
「バッタが多いなー」と正平さん。
緑や茶色のバッタが
大量にいました。

 

 

 

 

お地蔵さま、発見!
川から少し離れたところに、
かわいいお地蔵さま。

 

 

 

 

佐波川の古戦場跡
正平さんが眺めているのは、
佐波川の古戦場跡。
1557年毛利元就・隆元親子と
鷲津・朝倉の軍勢とが激しい戦闘を繰り広げた場所です。

 

 

 

父さん山・母さん山は・・・よる7時から!
清流・佐波川の風景、
そして一彦さんのこころの風景
“父さん山・母さん山”は・・・
今夜7時からの『とうちゃこ版』でお楽しみください! 

投稿者:担当ディレクター | 投稿時間:08:00

応援メッセージ

綺麗な清流 佐波川、小さな魚の群に一羽だけの白鳥。少しでも近くで見せようと回り込んでくれる正平さん。チャリオ君が横倒しで、一瞬スタッフ皆さんも心配されたでしょう? 故郷の山を父さん山、母さん山と懐かしむ安井様のお手紙にほっこりしました。とうちゃこして新橋を背景に秋の夕暮れ時の山々が輝いていました。新幹線で見ていた風景のエピソードを知って正平さんも感慨深そうとブログのコメント。 坂はなかったけど、風がなぁ~と。風もなくして!と本音がポロリ。正平さんの風なかったらもう何年か続けるよの発言になんかドキドキした私です。秋の旅も終盤になり、こういう言葉に敏感に反応していますね。

投稿日時:2023年11月25日12:55 | ゆきぱん

朝版は見逃してしまいましたが、スタッフさんのブログでのお写真で心が和みました。 新橋から見た右田ヶ岳、西目山。見下ろす佐波川、投稿者さんもご両親と重なって正平さんがお手紙を読んでおられる時、私も同じ思いになりました。ランチのハンバーグ美味しそうでしたね。プレート多めで身体に良い物ばかり。参考にしたいです。山についてのスタッフさんとのやりとりも納得ですが、山口県は特徴的な山が多いように感じます。あと残りわずかです。頑張ってゴールしてください。応援しています。

投稿日時:2023年11月23日21:06 | みゆう

いつも楽しい番組をありがとうございます。 昨日11月22日の放送は、山口県防府市、まさにあの右田ヶ岳の麓で夫は生まれ育ちました。佐波川で泳ぎ、右田ヶ岳に登り、そんな子供時代を過ごしました。両親や兄も亡くなった今、帰ることもなりましたが、彼にとって懐かしく大切な場所です。偶然ですが、昨日は夫の79回目の誕生日でした。放送を見終わってから一言 「いい誕生日プレゼントを貰った」火野正平さん、スタッフの皆様、素敵なプレゼントありがとうございました。

投稿日時:2023年11月23日20:29 | ちどり

周防路二日目、相変らずの正チャンギャグ歌で始まりましたが、微風好天に恵まれた良き日ですな。旅を見ていていつも思うんですが、ご近所の住人しか使わないような路地等を良く見つけていますね~。実地走行をして確認等をして居るんでしょうかね?、スタッフの皆さんのお仕事には敬服します! 途中で見つけた《レジャーボート!》、アレは何?どうして?どうするの?と???だらけです。そして昼食の時に、奇しくも以前(2014年)投稿された人に会ったなんてネ~。まさか齋藤監督さんの影の力が働いていたなんてことは無いよね~。 長く続けているとこう云うことが起きるんですね!これからも予期せぬ再会(?)が楽しみです。

投稿日時:2023年11月23日14:42 | 宇即齋

こんにちは!新橋の土手からいつも見ていた安井さんのお父さん(右田ヶ岳)お母さん(西目山)今でも忘れない心にある風景でしたね!生家はないけれど空気は変っていないと!少し寂しいけれど郷愁を誘いました。良い旅でした。佐渡川の澄んだ水、魚も泳いでいるのが見えました。町の人たちも正平さんと声掛けられて、こころ旅は人気えーとえーとでした。嬉しいことです。心癒やされる旅でした。故郷を想う大切にしたい気持ちが伝わってきました。

投稿日時:2023年11月23日13:57 | てるてる

いつも有難う御座います。さて、番組終わり頃、正平さんのコメントで坂道のことで気になされていたように"どうなの"発言が見ている方も気になりました。

投稿日時:2023年11月23日11:57 | コウ

正平さん、白鳥にご熱心でしたね。コースを外れて川の畔にまで見に行っていました。 ♪潮来の伊太郎 ちょっと見なれば 白鳥(薄情)そうな 渡り鳥・・・ 「お~い、これ出来るか?」 「そんなこと 白鳥(楽勝)の湖よ」

投稿日時:2023年11月23日10:17 | 皐月桔梗

あたたかな小春日和の陽気に包まれてお手紙を読む正平さん。白鳥を見つけ、ちょっと興奮気味。旅をスタートしたと思ったら、やっぱり白鳥のことが忘れられないのか、また白鳥を見に行くところが、生き物との出会いを大切にする正平さんらしくていいですね。

投稿日時:2023年11月23日06:54 | ふみ

9年前に採用のお手紙の主本人が登場。とうちゃこ地点が地域の宝に採用されて、テレビの影響力を実感します。

投稿日時:2023年11月23日06:23 | タケヒロシ

防府市。降りたことはないですが通過はしますね。父さん山母さん山の言葉通り並んでいましたね。この回の正平さんの赤い上着がお似合いでかわいかったです。そして白鳥さんはずっと1羽で暮らしているようで、相方や仲間はいないのかなあ、さびしくないかなあと気になりました。

投稿日時:2023年11月23日05:18 | るる☆

博多から上りの新幹線に乗ったら、新山口を過ぎるとタブレットを構えて、一彦さんの父さん山母さん山を、しょっちゅう車窓から撮影しています。新幹線からは、綺麗な佐波川を含めた景色も川の音も撮れないので、今回、夢のような映像を見せて頂き感謝です。幻の白鳥も、佐波川の虜になって主になったのかもしれませんね。白鳥のしもべのトンビ達が、白鳥の存在を他言しないよう、正平さん達に警告していたのかもしれません ⌒(ё)⌒

投稿日時:2023年11月22日21:15 | 60代の秀ちゃん

1229日目の旅、観たよ。「私の父さん山、母さん山」(右田ヶ岳・西目山)一羽の白鳥に望遠鏡とか、そばに寄ってとか、お店で女性に聞いたりで火野さん、かなり注目していましたね。お店にいた女性の説明の379日目の橋、覚えています。やればできる子ですシャツの女性、元気があって和みました。沢山のトンビ、いるものですね。お天気が良い中でのとうちゃこ地に映像も綺麗に残り、お手紙の方、嬉しかったでしょう。

投稿日時:2023年11月22日20:41 | ももの爺

「水曜日とうちゃこ版、観ました。」 この日だったんですね?逸れ白鳥と♪潮来笠♪。白鳥も少しアップで見られて、嬉しかったです。そして、橋から見える佐波川と父さん山と母さん山の風景。のどかなええとこでした。お疲れ様でした。

投稿日時:2023年11月22日19:58 | REIKO

正平さん 赤がお似合いですね(*^。^*) 白鳥の歌いつ聞けるのかな~って月曜版から楽しみにしていました。素敵なランチのお店で会えたかつてのお手紙の方。名もない景色が有名な景色に。こころ旅影響力大ですね(*^^)vお父さん山 お母さん山はお手紙のように見えるのかしら?とうちゃこ 楽しみにしています(^^)/ 

投稿日時:2023年11月22日14:35 | norinorimiffy

正平さーん!もぉ、今日のダジャレ替歌!薄情と白鳥にかけた上に渡り鳥でまとめる腕前は国宝級!何から何まで絶好調~!前のお手紙主様との嬉しい出会いでさらにゴキゲン♪ノリノリ正平さん、久しぶりの行方不明に笑。なにを見つけたんだろ?こんな時に見せるヤンチャな笑顔が楽しみです♪

投稿日時:2023年11月22日14:13 | おかか

珍しい可愛い1羽の白鳥。絵のような光景ですね。いつ出るかと耳を澄ませた潮来笠。ここ!?正平さんナイス!初秋から晩秋へ移行の季節。優しさも温かさもスーッと感じられホッとするようでとても好きです。父さん山母さん山、楽しみにしています。

投稿日時:2023年11月22日11:38 | kimiちゃん

「はくちょそーな渡り鳥」快調ですね、正平さん例の方から頂いた双眼鏡ですか?小魚の集団登校かな?坂道を気遣うお手紙をよく拝読しますねなのに、脇道(風情あり、お地蔵様可愛いですね。)を抜けたらきました風甘くはありませんでした。2014年の投稿者さんのお手紙過去から拾い拝読しました。あれ始まりました、行方不明お好きですね正平さん。イタズラだーいすきな少年正ちゃんは、た、し、て、

投稿日時:2023年11月22日09:36 | ちいちゃん

おはようございます。こころ旅のファンです。朝昼晩と、全部見ています!今日の旅で、正平さん一行が、ランチを済ませた後、外に出て来られたお母さんのTシャツの印字「やればできる子です」が、オモシロくて、テレビ画面にスマホを向けて、カシャリ! 続けて、チャリをこぐ正平さんの背中をカシャリ!すると、思いがけないことが起こりました。正平さんの背中に、一枚前の写真の一部の文字が張り付いたのです その文字は、「やればで」です。まるで、根を挙げそうになる正平さんへの応援メッセージみたいです。さっそく知り合いに、この2枚の写真を送信すると、スゴイ!スゴイ!の反響でした。チコさん

投稿日時:2023年11月22日08:55 | チコさん

正平さーん、また来てくれたのですね、防府市に。会いたかったです。前にも防府市に来られて、防府駅から黄色い電車に乗られ、遠景で手を振ってました。この時、息子が偶然、駅で遭遇、カメラには写りませんでしたが、口数少ないいつもとは違い、鼻息荒く様子を話してくれました。その後、就職、宮崎県で生活し、結婚、息子を授かりました。そして、今年、お嫁さんが宮崎の串間で正平さんを目撃してます。朝からなんだかとっても幸せです。次は福岡、私の出身地、映るかな~ 身体に気をつけて幸せを運んでくださいね。梅田明子

投稿日時:2023年11月22日08:16 | あきちゃん

真っ赤な紅葉を感じるような正平さんのおニューな斬新ファッションに、遠目に真っ白な白鳥さん、青い空に映えますね!今日は故郷のお父さん山にお母さん山がこころの風景…誰しも思い浮かべる、見慣れた故郷の“山容”ってあるのでしょう…私にも。大阪府南部の金剛山から二上山の山並みが、私にとってのお父さん山、お母さん山…かな。とうちゃこ版では、久しぶりの正平さん行方不明事件発生?!気になります(^^;;

投稿日時:2023年11月22日08:01 | こもまま

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2024年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

検索

バックナンバー