2023年11月08日 (水)【島根】温泉津を楽しむ



温泉津(ゆのつ)やきものの里からスタート
朝 お手紙を読んだ
温泉津(ゆのつ)やきものの里には
立派な登り窯(がま)がありました。
複数の窯が階段状に連なった形をしています。



中はこんな感じ
中はこんな感じになっていました。
歴史ある温泉津焼きは北前船に
乗って全国に積み出されていったそうです。

 

 

 


風情のある町並み
温泉津温泉の風情のある町並みをのんびり走っていると、正平さんがなにやら発見!しました。

 

 

 



おもしろ標語発見
「チョンマゲからナウな髪型まで」
ユーモアたっぷり!
オマカセでお願いしたらどうなるんでしょうね・・・(笑)

 

 

 


ランチはお寿司屋さんへ
この日の正平さんのランチは
おすし屋さんにお邪魔しました。

 

 

 

 

特上ちらし!
おいしそうな特上ちらし。
お魚もいろいろはいって
ボリューム満点だなぁ、
なんて思っていたら・・・

 

 

 

こちらはスタッフが注文した天丼ランチ。

その上をいくデカ盛り天丼
ボリューム感にビックリ
お店でも人気のデカ盛りです!
楽しいランチタイムになりました。

お母さんと嫁との思い出の海岸は
今夜7時の『とうちゃこ版』で!

投稿者:担当ディレクター | 投稿時間:08:00

応援メッセージ

温泉津の登り窯からスタート。温泉津も世界遺産の一部ですよ。温泉津港から銀を運んだ山道を通る銀山街道が始まっています。子供の頃の遠足といえば、銀山から温泉津越えがいつものコースでした。「チョンマゲからナウな髪型まで」の床屋さんの提灯、笑えました!ランチは〇寿司の美味しそうなちらし寿司!巨大な天丼は四人で食べたんですね!イルカには会えなかったけど、キレイな江津の海を見せていただきありがとうございました。

投稿日時:2023年11月11日20:59 | ねこすずめ

とうちゃこ版の17分30秒あたり、和木公民館の前の花傘?の飾りを見て、以前どこかであんな花飾りをもらってたすき掛けにして走っておられたのを思い出しました。あれはどこだったのでしょう? (街で出会う人々の温かさがなんだか重なるんです。) 島根県の旅、4日とも素晴らしい海の景色を見せていただけて感謝です。山口県、福岡県ではどんな景色に出会えるのか、楽しみにしています。

投稿日時:2023年11月10日21:57 | 大江の鬼ちゃん

『おはようございます!』いつもの爽やかな正平さんのご挨拶。バックに映る登り窯。温泉津と聞いて気付きました。映画「男は〇らいよ」第13作で寅さんが結婚を考えた女性が働く窯場がまさにこの場所!!。人情に厚く、旅先で様々な人と出会う寅さんは、時に正平さんと重なるのです。温かかったり切なかったり。こころ旅で起こる出来事、出会いやエピソードはリアル版「男は〇らいよ」と、思えてくるのです。旅のその先がまた見たくなる。そんな素敵な番組だから、ず~っとずっと続いて欲しい。願わずにはいられない。

投稿日時:2023年11月09日16:13 | あの時の少年

こんにちは!観光番組でないよな?正平さん曰く!温泉津やきものの里よりのスタートでした。13窯の登り窯初めての見ました。この日もよく晴れて世界遺産の街並みを走られ、盆子原さんのこころの風景「江津市の海岸」を目指し、イルカ、いるか!と期待に胸弾ませ走られ、愉しい旅でした。紺碧の海原、水平線の彼方に見渡しましたが、残念でした。多分潜っていたのでは?(イルカは恥ずかしがり屋なのでは?)盆子原さんの亡き御母堂も水平線の彼方よりご夫妻を見守っておられると思います。食事処の海鮮丼、天麩羅盛り豪華食欲の秋最高でした。旅も後半どうか無事に完走されることを願っています。

投稿日時:2023年11月09日14:18 | てるてる

温泉津温泉、名前からして温泉三昧を楽しめそうですね。登り窯も立派!奥田カメラマン、ベッツさん上までご苦労様です。世界遺産石見銀山も近く、歴史的景観の風情ある町並みが素敵。床屋さんのユーモアある看板、一両だけの列車で鉄橋渡る、ランチは彩豊かなちらし寿司、天丼のなんてボリューミーなこと! お手紙は母と嫁との思い出。イルカが日本海にいるなんて!海は繋がってるからな~と正平さん。言われたらそのとおりですもんね。お寿司屋さんも地元の方も口々にイルカ来ますよ!と。とうちゃこして沖に目をこらすけれども残念ながらイルカの群れはいなかった。でも秋晴れの空のもと美しい日本海の海辺を見ることができました。

投稿日時:2023年11月09日11:14 | ゆきぱん

和木町!今年の10月24日、大年神社の例大祭に行ってました。夜9時~翌朝5時まで行われる奉納神楽を見に。和木町は義母の実家があり、2008年に神楽を見に訪れました。親戚が10人ほど集まり宴席を用意してくれたのですが、東京生まれで親戚の少ない私には衝撃でした。そこで飲み過ぎたため肝心の神楽は朝までみられず。その後、親戚は次々と鬼籍に入ってしまい、再訪を約した彼も還暦前に亡くなってしまい、例大祭の日取りはおろか、神社がどこだったかもわからなくなっていました。わずかな記憶から地図をたどり、最後は江津市役所に問合せ、ようやく今年、八岐大蛇まで神楽を見ることができました。和木町をTVでみられるなんて

投稿日時:2023年11月09日09:41 | 池尻のキツネ

朝版の、のぼり窯の横穴を数えるために上った奥田さん&ベッツさん、お疲れさまでしたー。奥様(当時は彼女)こういう形でお義母さんと過ごすことになるとは思っていなかったでしょう。残念ながらイルカはいませんでしたが青のグラデーションが美しい海。

投稿日時:2023年11月09日05:12 | るる☆

野生のイルカを見れるなんて、なんて偶然!正平さんも「もしかしたら・・・」と期待されたのでは?でもイルカは見れなくて「羨まし~」と思わず心の声が漏れてましたね。何日か粘れば、見れるかもしれないので、またイルカを見つけに来てください。待ってます。

投稿日時:2023年11月08日22:29 | ふみ

1225日目の旅、観たよ。「母親と嫁との思いでの場所」登り窯は以前の旅でもありましたが、それとは違う光景でした。温泉津(ゆのつ)温泉街、伝統的保存地区らしさが漂っていました。列車は本線にもかかわらず1両でしたが寂しいですね。天丼は大盛過ぎで食べ方、難しそう。イルカはイルカに居なず残念。

投稿日時:2023年11月08日20:44 | ももの爺

イルカは浜田市の生湯町付近に住み着いているそうで、和木海岸付近まで群れで来ることがあります。 私は西側の都野津海岸で5~6頭の群れを見ました。正平さんが、けもの道で海岸まで出られた所は海岸浸食で崖となっていますが、少し左に行けば砂浜まで下りられます。

投稿日時:2023年11月08日20:25 | 石見の暮らし

温泉津をゆのつと読ませる奥深さ。昔は新温泉町を訪れたことありました。斜面の陶芸の窯を見て、女性の陶芸家が出て、昔の朝ドラ・スカーレットを重い出した。島根の海は、きれいだ。

投稿日時:2023年11月08日20:06 | タケヒロシ

「水曜日とうちゃこ版、観ました。」 「イルカ、いるか?」、朝から期待していましたが、、、。他の番組なら、観えたら、という映像を差し込むところ、、、。「一期一会」の「こころ旅」が、好きです。温泉津温泉、行ってみたい所の一つになりました。「こころ旅」を観ていると、日本には優しい人しかいないように思えてきます。

投稿日時:2023年11月08日20:02 | REIKO

石州路二日目、出発前に奥田さんと定別當さんが登り窯の全体をチェックされてましたね。重い機材を持ちながらのこと、ご苦労様でしたネ。列車での移動シーンでは、急ぐでも無く鉄橋をゴトンゴトンと渡って行きましたが、映画の1シーンのように思えましたね。昼食での天丼の豪勢なこと!、監督さん、張り込んだね~。ちらし寿司も特上!。マッNHKさんがこの程度で倒れることは無いでしょう。偶にはイイヨネ。とうちゃこ地での『けもの道』、危ないな~。藪漕ぎに集中していると崖から落ちるよ~。奥田さんのカメラから突然正チャンの姿が消えてしまう羽目に成っちゃたら、それこそオオゴトだよ。イルカの姿は見えず、一寸残念でしたね。

投稿日時:2023年11月08日19:41 | 宇即齋

昨日の朝版では、正平さんの鬼さんへの祈願がショッキングで、一日頭から離れませんでした(笑)今日の朝版は、立派な登り窯からのスタート。一度焼き物作り体験したいものです。「チョンマゲからナウな髪型まで」 いいですね。自転車で走っているのにパッと気が付く正平さん、やっぱりスゴイ!!ランチは美味しそうな特上ちらし。デカ盛り天丼には、大きな胃袋が必要みたいですね。  とうちゃこでは、イルカに会えるでしょうか。楽しみです(^_^)

投稿日時:2023年11月08日15:19 | Chika

正平さーん!大盛りモリモリ天丼、すごーーい!いつかの穴子天丼おもいだしましたー!お寿司もキラキラおいしそう~。イルカも見れそうな予感♪ナウな髪型。笑笑。ヤングな正平さん、ぜひナウな髪型オーダーしてくださーい!

投稿日時:2023年11月08日14:10 | おかか

温泉津温泉には宿泊、日帰りと何度かお邪魔したことがあります。町並みも懐かしく拝見、床屋の看板は見落してました!(今の時代にちょんまげって何?ナウも死語ですよね?)正平さんの動体視力にはいつも驚きです。ランチの特上ちらし、食べたくなりました。(〇寿司、近日中に行きます)野生のイルカは道の駅「キララ多伎」で見たことがありますが、江津海岸にイルカがいる?知りませんでした。今夜のとうちゃこで確認します。楽しみだわあ!

投稿日時:2023年11月08日13:49 | 石見神楽

JR山陰本線1両編成が可愛いですね。正平さんの手もきれいに見えます。久し振りです。しっかり振りました。お寿司屋さんの彩り豊かなちらし寿司、ゴージャスな天丼。どちらにしようかと妄想します。とうちゃこでは奇跡のイルカ軍団に会えますように。楽しみにしています。

投稿日時:2023年11月08日13:10 | kimiちゃん

温泉津温泉 初めて知りました。登り窯も前にこころ旅で紹介されたとき どうやって窯の中にいれるんだろう。あのトンネルみたいなところを腰をかがめて上るのかしら?と思っていましたが カメラマンさん音声さんが上ってくださって納得。こころ旅 いろいろ勉強になります。ナウな髪形。ナウなとかナウいとか久々に聞いたわ。なつかしい。お待ちかねのランチタイムはお寿司屋さん。特上チラシ 食べたいわヽ(^。^)ノイルカに会えるかしら?とうちゃこ楽しみにしています(^^)/

投稿日時:2023年11月08日12:31 | norinorimiffy

JR山陰線で温泉津駅から江津駅まで鉄道の旅でした。江の川にかかる鉄橋をわたるキハ120は、廃止された三江線を思い出します。いい風景を撮影しますね。とうちゃこも楽しみです。

投稿日時:2023年11月08日12:06 | 島根のG

温泉津は昔こられたのですね、私の知人のおばあちゃんも此方にいらっしゃいます。映ったあそこです。焼き物も有名です。お手紙の方親孝行が出来良かったですね。お母さんもさぞ喜んでおられましょう。 お昼豪華版ですね、ちらしにデカ盛り美味しそう。カワイー一両列車ノンビリ。獣道の向こうにチラリ海、いるかさん探しにいきたくなりました。

投稿日時:2023年11月08日08:28 | ちいちゃん

大きく立派な登り窯…焼きに来られる度に、上ったり下りたり、奥田さんカメラから下にいる正平さんが結構な高低差…職人の方も大変ですね(^^;;野生のクジラではなくてイルカの群れとは、本当に珍しいし、私も見てみたいです!とうちゃこ版で遭遇出来たら良いなぁ~。ランチのとんでもボリューム感?!な天丼に圧倒された今朝の朝版、とうちゃこ版が楽しみです。

投稿日時:2023年11月08日08:00 | こもまま

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2024年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

検索

バックナンバー