2023年11月01日 (水)【鳥取】ちいさな秋の発見



美歎水源地水道施設
スタートは国指定重要文化財の
旧美歎(みたに)水源地水道施設。
大正4年に竣工した山陰最古の「水がめ」に感心する正平さん。




石造りの堰堤
石造りの古いえん堤は
象さんが泣いているように
見えました。

 

 

 



オニヤンマを発見
途中、里山で見つけたのは
オニヤンマ。
正平さんも大喜び♪

 


 

 

 

こころ草では、ありません(笑)
正平さんが見つけた一輪の花。
とても気に入りましたが、
名前が分からず「こころ草」なんて冗談も(笑)
結局、植物のアプリで「カラスウリ」らしいと知ってビックリ!





あとで専門家に確認したところ、カラスウリかキカラスウリの花のようだとのこと。

チャリオにデコ
チャリオのうしろにつけて走りました。
智子さんと祖父母との思い出の
「田畑の中の一本道」は、
見つかるかな?
今夜7時からの『とうちゃこ版』
お楽しみに!!

投稿者:担当ディレクター | 投稿時間:08:00

応援メッセージ

鳥取県2日目は、鳥取市内の「紙子谷」。前田智子さんのお手紙は、「田畑の中の一本道」に浮かぶ、亡き祖父母の姿でした。――智子さんの5歳の息子さんも「正平さんに来てほしい」と挙げた風景。「おじいちゃんとおばあちゃんがお墓で寝ているからかな?」と正平さん。「ふるさと」とは…今は亡き愛しい家族の姿が溶け込んでいる風景のことなのですね。――とうちゃこして、お墓に向かって「起きてくれ~!来たよ!」と叫ぶ正平さん。すると村に流れたのは《故郷》のメロディー。正平さんに呼ばれて、おばあちゃんが天から流してくれたBGMでした。この番組の、いつもの「天国」からの仕込みに……画面を見ながら、じわっと涙が出てきました。

投稿日時:2023年11月06日04:16 | 川崎ジンジャーエール

鳥取県2日目(1221日目)、前田智子さんのお手紙で紙子谷へ。かわいらしく、なんともほのぼのとしたお写真。正平さんの親子丼、西監督かな?とんかつ定食。焼きうどん?焼きそば?は…小川カメラマンでしょうか…?美味しそう!とうちゃこの紙子谷の一本道、子供の頃の智子さんと5歳の息子さんのこころの風景。幼い頃の風景は、一生忘れることのない大切な風景ですよね!息子さん、喜んでおられることでしょう~。2日目お疲れ様様でした!

投稿日時:2023年11月05日21:12 | ねこすずめ

5歳のお子さんと一緒の「こころの風景・一本道」写真も添えられていて、なんと温かい雰囲気の家族写真。画面に映った一本道はまるで東山魁夷の「道」という絵画のように見えました。 オニヤンマは久しく見てないです。 カラスウリの花がフリル付きの花だなんて知りませんでした、勉強になりますねぇ。

投稿日時:2023年11月03日00:52 | さくらパフェ

値上げ値上げ世の中で、カツ丼の値段が500円台って、奇跡的です。 住民を大切にしている食堂にあっぱれ。

投稿日時:2023年11月02日22:23 | タケヒロシ

追伸 道中の風景 とっても素朴で心が休まり、癒やされました。カラスウリの花、久しぶりに見ました。10年前ぐらまでは家の周りに咲いていて、晩秋にはタマゴぐらいの大きさの真っ赤な実をつけていたのを思い出します。(今はなくなりましたが)初冬を感じたものでした。懐かしく見ました。

投稿日時:2023年11月02日11:19 | てるてる

おはようございます! 今日のこころ旅「実家の田畑の中の一本道」ノスタルジーを感じる映像でした。ウサギ追いしかの山・・・・美しい自然の映像とふさとの童謡が流れ(高齢の小生も田舎育ちでしたから)観ていて涙が出ました。食事処ではおかみさんが、正平さんは憧れの人ですと色紙にサインを求められるシーン、全国に沢山のフアンがおられると思います。正平さん!“何時までもあると思うこころ旅“ですね!今日も感動届けて下さいましてありがとうございました。

投稿日時:2023年11月02日11:05 | てるてる

5歳でこの一本道をこころ旅に、ってなかなか番組をわかっている息子さんだなあ。4世代の思い出の風景、みたいな感じで共有されているとしたら素敵です。同じ中国地方といっても訪ねる回数が一番少ない鳥取県。大山もあるから行ってはみたいですがアクセスが。。(汗)砂丘には行ったことあるのですが。

投稿日時:2023年11月02日05:13 | るる☆

1221日目の旅、観たよ。「田畑の中の一本道」母ちゃん、母ちゃんで始まるお手紙。5歳の息子と思う所、同じが印象的でした。とうちゃこ点がお手紙の写真と合致出来良かったですね。水源地の模様が象に確かに観えました。ダラダラの水はさすがに火野さん、飲まず。オニヤンマ、カラスウリか、親子丼550円、12時のメロディーのふる里、お墓なども印象的でした。

投稿日時:2023年11月01日20:35 | ももの爺

一本道の向こうに通っている(トンネル)高速道路2018年に帰路に着く時通りました。その上「スーパーはくと」京都ー倉吉間、よく乗りました。車窓から眺めて見たのでしょう。智子さんの幼い頃とあのお写真がダブり、その上村内放送の「故郷」ジーンと来て鼻先が熱くなりました。ねむっておられる祖父母の優しい笑顔が見えてきました。この道はきっと繋がっているのかなぁ。

投稿日時:2023年11月01日20:33 | ちいちゃん

すんだ秋空の下、まっすぐ続く田畑の中の一本道の風景。今日のこころ旅は、とっても長閑でゆっくりと時間が過ぎていくような感じがしました。正平さんもチャリオ君と穏やかな時の流れを感じつつ旅していたように思えました。お手紙もほっこりする内容で、心がじんわりと潤って、とても癒やされました。なんかいいですね、鳥取。

投稿日時:2023年11月01日20:30 | ふみ

伯耆路二日目、出発地の水道施設(濾過池)は100年以上も前に造られたとは思えない程綺麗に残ってますね。維持されている人達の努力に敬服します。食堂の女将さんの話、先代の思い入れをしっかりと受け継いで今も続けているとのことですが、簡単なことでは無いですよネ!正チャンのサインを貰うのに一寸舞い上がっていたのかな~?フアンだとのことなので、しょ~が無いかネ。とうちゃこ地の一本道が意外とスンナリ見つかりましたね。ナント!列車もグッドタイミングで通過して行ったし、云うこと無しだよね。但し、御祖父さんが通ったと思われるトンネルは、使う人も少なく成ってしまったようですね。果樹園はもう無く成ってしまったのですかね。

投稿日時:2023年11月01日20:12 | 宇即齋

私も数年前この花に出会いました。これがあの可愛い烏瓜の全身だったのです。本当に不思議、これが緑の実となり赤く色づく、.そして秋の青空に映えて美しいです。正平さんと同じ空気を吸っているようでうれしいです。

投稿日時:2023年11月01日16:53 | 老夫婦

ぞうさんが泣いているなんて!何て優しい感性なんでしょ~!素敵すぎますよ(*^^*) 鳥取県の素朴な秋色の風景の中ペダルをこいでゆく5人の姿。5歳の男の子と同じ感性を持ったまま成長していますよね(^^)dオニヤンマにカラスウリ(^o^)自然と戯れる姿がその証拠かな?写真もとっても温かくていいですねぇo(^o^)o♪正平さんの一本道とうちゃこ楽しみにしていま~す☆彡

投稿日時:2023年11月01日16:09 | ぽんぽこ

正平さーん!こころ草、いいです!ふわふわやさしいこころ草♪カラスウリもこころウリにしちゃいましょー!突き当たりをくいっと曲がれば、発見いろいろの休憩にぴったりな細い道。花一輪携えてまたこの道をいく。人生の突き当たりもこうありたいですね♪

投稿日時:2023年11月01日15:46 | おかか

素晴らしい景観の山陰最古の水道施設!きれいですね。珍しいオニヤンマとフワフワの真っ白い花はカラスウリ。いつも楽しい正平さんの発見にワクワクします!温かいおばあちゃんの想い出は永遠に心に残りますね。そして息子さんと同じこころの風景の一本道を楽しみにしています。

投稿日時:2023年11月01日14:23 | kimiちゃん

南へと進んでいるので 紅葉がチームこころ旅に追いつくのかな~。追いつくといいなあ(*^。^*)ダラダラの水 面白い名前 見たままを表したのかな~(*´艸`) カラスウリ?のお花 オニヤンマ チームこころ旅の発見アンテナの感度はすごい。おかげで見ている私はいろいろ楽しい。とうちゃこ 楽しみにしています(^^)/

投稿日時:2023年11月01日11:58 | norinorimiffy

橋繋り。まだ山がお洒落するのは早いかも秋旅の間に色づけばいいのに。オニヤンマにこころ草?いい名前頂きます。静かで長閑気持ちいい、里道を快走「人生突き当たり」新しいパターンですね。智子さん いい息子さんですね、カワイ。四人連れの背中が沁みます。夕飯はもち「親子丼(汁だくさん)」です。

投稿日時:2023年11月01日09:43 | ちいちゃん

「水曜日あさ版、観ました。」スタート地点の旧美歎(みたに)水源地水道施設、本当に象さんに観えました。「こころ旅」で、きっと人気スポットに。昆虫最強といわれているオニヤンマ、カラスウリの花、、、。嬉しい!! それに、お手紙の僕の可愛いこと!! もう、メロメロです。幸せな時間を、ありがとう!! 観ながら、うるうる、、、ウクライナやガザにも、未来には、「こころ旅」の世界が訪れますように。世界中で、放送して欲しいです。

投稿日時:2023年11月01日08:44 | REIKO

立派な石垣を積み上げたような水道施設…をゾウさんとは(私もそう見えましたが)正平さんもカメラマンの淳さんも、発想力が可愛い~!今朝は、私も大好きな“一本道シリーズ”お手紙主のお母さんと5歳の息子さん、親子共通のこころの風景…なんだか素敵ですね。カラスウリのお花、ふわふわ可愛い!そう言えば、今週のこころ旅のとうちゃこ版ラストアニメ画像の植物がカラスウリ。本物を見たことのない私、家族に聞いて昨日、オレンジの実がそれだと知りました。『人生突き当たり?!』(出ました迷言(^^;))ならぬ、突き当たりがお墓な田舎の一本道、そして素敵な人生食堂のお話、とうちゃこ版が楽しみです。

投稿日時:2023年11月01日08:05 | こもまま

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2024年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

検索

バックナンバー