2023年10月19日 (木)【秋田】秋の深まりを感じる



大森公園からスタート
横手市にある大森公園でお手紙を読みました。
さらっとした気候で
気持ちいいスタートができました!



稲庭冷やしうどんをチョイス
出発してすぐランチへ。
正平さんがいろいろ迷って決めたのが
こちらの秋田名物!

 

 

 

 

稲庭冷やしうどん
稲庭冷やしうどん です。
滑らかな細めのうどんで
のどごしもよくスルスルと
食べられました!

 

 

 


大上橋を渡る
大上橋で雄物川を渡ります。

 

 

 

 

 

雄物川はゆったりした流れ
ゆったりと流れる川
さわやかな秋晴れの中
美しい風景でした。

 

 

 


雄物川土手、秋めく
雄物川に沿って土手を進みます。
稲刈り前の黄金色の田んぼや、
気持ちよさそうに飛ぶトンボたち、
秋の深まりを感じる旅になりました。
沼の柵の土手は今夜7時からの『とうちゃこ版』で!!

 

投稿者:担当ディレクター | 投稿時間:08:00

応援メッセージ

秋田県3日目は、横手市。小林智さんのお手紙は、小学生4年生の思い出。「金持ちには負けたくない!」と思わせてくれた原点を訪ねる旅でした。――昔のスキー板は、ブーツをしっかりと固定していたから、転倒すると、大変な骨折をまねき、危険でしたよね。当時の先生は、これからスキーの主流になっていくであろう「ビンディング」の技術を教えたいと、夢中だったのかもしれません。――不幸な出逢いのように思われたことが、じつは、その人の人生を支える出逢いになることがあります。禅の世界では…それを「逆縁」とも呼ぶらしいです。智さんの人生を決めた「克己心」。――「親ガチャ」とあきらめがちな、今の若者に送るエールのようでした。

投稿日時:2023年10月22日18:52 | 川崎ジンジャーエール

秋田県3日目、秋晴れの中ゆったりと田園風景の中を走られる旅でした。ランチの秋田名物の稲庭うどん美味しそうでした。こころ旅ならではの郷土料理ですよね!秋空の下ゆったりと流れる雄物川の土手沿いを 走られる光景に癒やされました。小林さんの心に誓った金持ちには負けないぞ!と「沼の柵土手の上で心に誓った場所」ハングリー精神で生きて来られたのに共感しました。小生も6歳で父を亡くし、片親で生きてきましたので、負けるもんか!の意地で生きてきました。小林さん きっと成功されておられるでしょうね。正平さん、語らないところがいいな!と粋な計らいでしたね!道中の風景、自然薯畑、むかご畑のお母さんとの語らい、こころ旅の光景でした。

投稿日時:2023年10月20日12:00 | てるてる

ムカゴがわかってスッキリしましたね~~このテレビを見て、庭のムカゴを収穫してご飯を炊きました。正平さんはスキーの板のことはご存知ありませんでしたね。わたしもあの頃給料を全部はたいてスキー板をかいました。今回のスキーのお手紙はなみだがでました。

投稿日時:2023年10月19日20:43 | うどんこ

1218日目の旅、観たよ。「沼の棚の土手の丘」バネスキーとは私も分かりません。タンメン変更で稲庭ひやしうどん、美味しそうでした。餃子を食べた映像はありませんでしたが。2017年春の旅は651日目で、お手紙の方は佐藤美和子さんでみゆきちゃんとの交流話しでしたね。長芋を教えてくれた女性、放送を観たことでしょう。スキーをした場所、意外に狭かったですね。貧乏を脱却したはずの火野さんのコメント当たっていることでしょう。

投稿日時:2023年10月19日20:22 | ももの爺

羽後路三日目、秋晴れの気持ちの良い公園から出立ですね。智さんのお話は、当時出始めた『セイフティービンディング』のスキー板のことですね。イヤ~懐かしい言葉を聞かせて貰いましたヨ。それ迄は革紐でガチガチに固定する『カンダハー』でしたからね~。今回も雄物川を渡る橋では、車道を走ってましたが危ないな~と思いながらヒヤヒヤして見てました。マア正チャンのメンタルの問題なので仕方が無いと判りつつ、気を付けて下さいね~!!最後尾のミズサンやハトヤンの気配りに期待と感謝をします。とうちゃこ地の沼の柵跡の蔵光院、如何にも古刹と云う雰囲気ですね。山門で正チャンが取った棒は何をする為の物ですかね~?

投稿日時:2023年10月19日20:21 | 宇即齋

「木曜日とうちゃこ版、観ました。」智さんのお手紙、、、10歳の頃の悔しかった思いや先生の気配りの無さに腹立たしい思いだったこともよく伝わってきました。私も、バネスキーとか、よく分かりませんが、、、。沼の柵のゲレンデ?スキーが出来そうにも思えませんでしたが、、、木々の間を滑ったのでしょうか?とても、印象的なお手紙でした。

投稿日時:2023年10月19日19:43 | REIKO

正平さーん!今日もお洋服がお空とおそろい♪お天気と見事なジャストコーデです。ブログでは稲庭うどんとなっていたのにタンメン??あ、そういうことでしたか。お昼選びこそ真剣に笑。名物ですもんね、これは食べておかなくちゃ!とうちゃこは、しっとりひっそり、正平さん好みのステキな場所ですね。深い緑に包まれる後ろ姿にわたしもゆらゆらと引き込まれます。自然の色が本当によく似合います、正平さん!

投稿日時:2023年10月19日15:38 | おかか

秋田県連日いいお天気で見ているだけで気持ちも晴れやかになりますね。大森公園の芝生に座り読み始めたお手紙は、少年期の金持ちには負けない!強い思いが熱く書かれてます。正平さんちょっとこの勢いに面食らってる感じですねぇ。67歳で、今どうや?と。ランチは稲庭うどん。ツルツルっとして美味しいですよね。私も好きです。そして以前お手紙採用された女性とも会えました。秋の里山風景を軽快に走ってスキー学習をした沼の柵土手はどうなっているのでしょう?

投稿日時:2023年10月19日15:38 | ゆきぱん

先頭を走る正平さんの向こうには 青い空と白い雲。こころ旅が始まってから一気に秋が進んで 画面の向こうもこちら側も秋。何だかうれしい(*^。^*) 私も正平さんと一緒でスキーのことは全くわからないので ばねスキー?よくわからないんですけど お手紙の方の負けん気は伝わってきました(*´艸`) 土手の風景楽しみにしています(^^)/

投稿日時:2023年10月19日14:57 | norinorimiffy

正平さんのツルツルの音は絶対に美味しい音!細い麺の稲庭うどんは幾らでもお腹に入りそうで一度食べてみたいです。道の両側は稲刈りが終えた田んぼと、稲刈り待ちの田んぼが広がっている秋らしい光景のなか遠くに見える山々と青い空と正平さんの後ろ姿。こころ旅を象徴するような素敵なシーンですね~旅が終わるまでいいお天気が続きますように!

投稿日時:2023年10月19日12:09 | kimiちゃん

正平さんのツルツルの音は絶対に美味しい音!細い麺の稲庭うどんは幾らでもお腹に入りそうで一度食べてみたいです。道の両側は稲刈りが終えた田んぼと、稲刈り待ちの田んぼが広がっている秋らしい光景のなか遠くに見える山々と青い空と正平さんの後ろ姿。こころ旅を象徴するような素敵なシーンですね~旅が終わるまでいいお天気が続きますように!

投稿日時:2023年10月19日12:09 | kimiちゃん

冷やし稲庭うどん。美味しそうです!正平さんの食事風景は美味しそうに食べておられるので観ていて気持ちが良いのです。それは初回の頃から変わらず、監督さん?の「美味そうに食べますね」「うん、良く言われる」そのシーンを思い出します。秋の青空に雲が映えます。とても美しい秋田の風景ですね!(≧∀≦)ノ 爽やかな風も画面から感じます。とうちゃこが楽しみです(≧∀≦)ノ

投稿日時:2023年10月19日09:49 | さくらパフェ

今日の目的地は土手、出発地の石垣ならぬ土手に踏ん張る新井さん、一人?この週直ぐお昼、稲庭うどん(スマホで撮られたのが、写っていた一枚ですね)細目で喉ごしいいでしょ。成る程それで此方に2017のDVD見直します。秋田と言えば雄物川、のんびり、田んぼの農道「いいんじゃない」いいですね。「なにくそ!!」静かな土手に響きます智さん(同年代、世代です)

投稿日時:2023年10月19日09:40 | ちいちゃん

今日も良いお天気!お空も正平さんも真っ青、ホントに清々しい~!今朝はまた世知辛い(^^;)…10歳の幼心に、スキー指導を通じてなぜか“金持ちへの対抗心”を植え付けてしまった小学校の先生の教育…考えさせられてしまいました。正平さん、86歳迄と言わず?!まだまだ先も、健康に気をつけながら元気でいて下さいね!とうちゃこ版、私も画面から…かつてめでたくお手紙が採用された食堂で出会った女性の“Cカメ”の次、Dカメのごとく、応援していま~す(*´`*)

投稿日時:2023年10月19日08:06 | こもまま

朝版を見ることができたので。お手紙の方の想いが伝わるような内容でとうちゃこ楽しみです!? 最後に2017年春にお手紙採用された方が登場していましたが(ワンちゃんかわいかった)、その日のブログ、お友達の方の投稿もあってめっちゃ賑わっていました!なつかしく読み返しましたよ。

投稿日時:2023年10月19日08:04 | るる☆

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2024年02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

検索

バックナンバー