2021年07月07日 (水)【北海道】まだやってるよ、オレたち



暑い。。。
この日は快晴!
気温は18℃ぐらいでしたが
涼しいと思って着込んできた
正平さん。
「きょうは暑いな!脱ごうかナ」
でも走り始めたらちょうどよかった
ようです。




乗りたい!
バス停にいたら
くしろバスの回送車が。
「乗りたい!」

 

 




北海道胆振東部地震の当日、
ここ あっけし望洋台で旅の断念を
皆さんにお伝えしました。

あっけし望洋台にて
番組史上初めてのことでした。
あれから3年。
昨年、ことしはコロナ禍で旅が減ったり中断したり。
それでも「あの時来たヨね。でもまだやってるよ、オレたち」
正平さんのことばどおり、
やるんです!僕たちは。

 

 

 

焼きカキとほたてのバター焼き
正平さんのお昼ごはんは
焼きカキとホタテのバター焼きでした。
「海のそばだからぜいたくだナ。
家でこんなの食べたいって言ったら、ソーセージでガマンしろって言われる」
スタッフ大爆笑!

 

 

 

意外な展開に・・・
最後に意外な展開が
お手紙に書かれた回転場は?
地元の人たちの助けを借りてたどり着けるのか?“こころの風景”
よる7時からお見逃し無く!!

 

 

投稿者:担当ディレクター | 投稿時間:08:00

応援メッセージ

昨晩、とうちゃこ版を観終わって、しばらくTVのリモコンをポチポチしていたら、
なんと黒マスクの正平さんが映ったではありませんか。
他局のドラマですがついつい観ていると、なんと正平さんカラスとおしゃべりしている。
そのカラスが正平さん演じる瀕死の忍者を助け、挙句に頭の上にカラスが止まるシーンまである。
その時に思い出したのが、1013日の旅で怪我したカラスを助ける正平さん(恩返しだったの?)。
道路上の毛虫や嫌われ者のカラスを助けたり、本当に優しい正平さん。
だからですかね、可愛い動物との出会いが多いのは。呼び寄せちゃっている?
秋の旅でも色々な動植物との楽しい出会いがありますように。
あと別嬪さんとも出会えるといいですね。
あ、正平さんの忍者姿は田村さんより決まっていましたよ。当然か(笑)。


投稿日時:2021年09月17日 12:52 | だこた

北海道の2日目も、「道東」を東に向かって走る、チームこころ旅です。

善波敏子さんのお手紙で、《釧路発、厚岸国泰寺行き》のバスに沿って、「回転場」を想像しながら進みます。

敏子さんのご両親の築いてこられた暮らしは……北海道を拓いてきた先人の、開拓者の心に満ちた、けわしくも温かい思い出でいっぱいでした。

《片道約2時間、わたしは車で眠らない子供でした…》
お父さんが運転手。お母さんが車掌さん。
敏子さんが、まぶたに刻んだのは、この道東の地で生きている人々なのですね。
《ガタガタユラユラ。前の日から遠足のようなウキウキした気持ちと車窓の景色。乗り降りする人達、バスの中の父と母の働く姿……》

どんな映画やドキュメンタリー以上に、当時の「こころ」が伝わってくるお手紙でした。
カメラマンのジュンさんの一生懸命の眼差しが、画面のあちこちに温かいとうちゃこでした。

投稿日時:2021年07月12日 06:56 | 川崎ジンジャーエール

       『正平サン、スタッフの皆様、、今日は。』
 本当に珍しいケースの 夫婦共稼ぎ、、父がバスの運転手で母が車掌さん
 そのバスに乗車して、両親の働く姿を目の当たりにしながら
 懐かしい思い出も出来た 善波様からのお手紙。
 
 停留所の付近には 民家も見当たらないから
 「誰が乗るの?!」 、「確かにィ~」 なんか、のどかでイイけどナァ。
 訪れてほしい「国泰寺」バス停の回転場は 
 予想をしていたロータリーのようなものではなくて、往路と復路が別ルート!?
 完璧をめざしたい正平サン。 少し腑に落ちないですかネ。
 

 

投稿日時:2021年07月11日 15:08 | 敦子

ルパン三世のラッピングバスカッコいいね~運転手さんも、ルパンの格好で業務してほしいな~w、男子ならみんな一度は「ルパン」のモノマネする「不~二子ちゃ~ん

投稿日時:2021年07月10日 12:11 | ぷよぷよ

けがをした、からすを見つけて、草むらにおく正平さん。動物好きとは言え、正平さん、優しいのですね。
私はカラスが苦手です。尊敬してしまいます(^o^;)
厚岸町の街中で鹿が普通にいる。。。ビックリしてしまいますが、確か何日目か忘れましたが、北海道の何処かの街中にいましたよね!正平さんとスタッフの皆さん、ビックリ驚いていました、、、その記憶があります。それにしても"焼きガキ"美味しそう!!
食べたくなりました!!

投稿日時:2021年07月09日 09:35 | 紫陽花

私は自動車の運転をしないのでバスやJRにはお世話になっているのです。
バス旅・JR旅の思い出ってなつかしく身近な気持ちになります。
お父さんが運転手、お母さんが車掌ってほのぼの。

北海道の、広く長い道。どこまでも続きますねー。

バスも、道路が新しくなったりルートが変わったりしていくから
記憶をたどるのが(地元の人でも)難しいことがあるのでしょうね。

朝版の、カラスを助ける正平さん。ケガしてるからとはいえ
カラスを触れるのがすごい。

投稿日時:2021年07月09日 05:16 | るる☆

バスの回転場はどこ? と探す正平さんに助っ人さん登場。聞き込みで入ったクリーニング店のご主人は古い住人さんに聞いて回ってくれました。最後に現れた社長さんは59年住んでいおられるとか・・当時を覚えてくださっていた。親切な方々に出会えてよかったです。
回転場はここと確信できる場所はわからなかったけど、お手紙の方も50年以上前の景色を重ねてご覧になったでしょうか? ルパンのラッピングバスも素敵だったけど、私は車体も年代物と思われるくしろバスが映ったシーンにノスタルジーを感じました。
街中に普通にいますよというエゾ鹿、毛並みがツヤツヤで美しいと思いました。

投稿日時:2021年07月08日 11:53 | ゆきぱん

「正平さん、スタッフのみなさん、おはようございます」
水曜日版、見ました。
「いよいよ、正平さんは仙人の粋か!?」と、思いましたよ。
鶴とも、カラスとも、会話しているように見えました。
仲間のカラスが、お礼を言ってるようでした。
動物とも心が通う正平さんが、モテるのは、、、当たり前?
そして、とうちゃこ地点の「回転場」は、、、??
私は、勝手に、グルッと向きを変えられる回転板のような設備を想像していました。
、、、余韻の残る、とうちゃことなりました。
これも、「こころ旅」ならではですね?

投稿日時:2021年07月08日 03:50 | REIKO

北海道胆振東地震から3年。「俺達はまだ走ってるよ」その言葉に勇気付けられます❗( ≧∀≦)ノ
コロナ禍の中、旅を続けられてご苦労もおありになるでしょうに、体を張ってとうとう北海道迄行かれました!
ありがとうございます。
来週で春の旅ゴール間近ですが、楽しみに拝見しますね!( ≧∀≦)ノ
厚岸の牡蠣大きくて美味しそうですね。
私は牡蠣は苦手でしたが、この番組を見て食べられるようになりました。正平さんが美味しそうに食べていたので、食べてみたくなったのです。
宮古市から寄付の御礼に送られてきた牡蠣は美味しかった❗( ≧∀≦)ノ
北海道の牡蠣も食べてみたいです。
バスの回転場は見つからなかったですが、故郷の風景が映って良かったですね。
早く何処へでも行きたい場所に行ける日が来ると良いです。

投稿日時:2021年07月08日 01:10 | さくらパフェ

久しぶりに厚岸に行き、途中撮影してる方々を見かけ「なんの撮影かな?」って主人と話しながら用事済ませて、帰りに有名なアイス買って望洋台で一休み……
また撮影隊?冗談でとうちゃこ!なんて言ったら本物の正平さん!!
いつも見てます!とか頑張って下さい!って言うのが精一杯
アイス食べて無かったら…コロナでなかったら近寄って握手して写真お願いしたかったなぁ
今度また何処かでお会い出来てコロナ収まってたらお願いします(^^)
なので、その日までお体に気をつけて頑張って下さい(^^)
まずは1日1日お気をつけて…旅の安全を祈ってます

投稿日時:2021年07月07日 23:52 | かつこ

今日のこころ旅は難しかったですね。なんと50年前のこころの風景 バスの回転場。バスの終着点にはたどり着きました。ご近所のクリーニング屋のやさしいご主人、50数年ここに住んでる社長さんらが繰り出し、いろいろと情報を得ましたが決定的な情報は得られませんでした。そこは正平さんが決められるということで一件落着。道中、路肩でぐったりしていたカラスを拾い上げ、安全なところに移してあげたり、馬、鹿にも自然に会ったり、正平さんの動物愛が溢れてました。正平さん、チャリオくん、チームこころ旅の皆さん、明日もよい旅をみせて下さい。よろしくお願いします!

投稿日時:2021年07月07日 22:55 | あにき

 今でもモテる正平さん。

 この日の夜に綺麗な女性は現れませんでしたか?

 それはきっとカラスの恩返しかも知れません。

投稿日時:2021年07月07日 21:15 | 獅子次郎

1013日目の旅、観たよ。
「路線バス 厚岸線の回転場」
第1回の放送から観ているお手紙の方
相当なファンですね。
焼き牡蠣を食べたお店のお母さん
火野さんのもてぶり知ってましたね。
けがを負ったカラス、ご冥福をお祈りします。
ルパン三世のモンキーパンチさん、浜中のご出身と知りました。
地震の時の2018年9月28日のブログを見直しました。
又、前日の763日目の旅のブログでも鹿が登場してました。
50年前と回転場の雰囲気、かなり違うと推察。

投稿日時:2021年07月07日 20:46 | ももの爺

 天気が良く、画面全体からさわやかな涼風が伝わってくるようでした。
 正平さんも厚岸大橋を今年もあまりグチも出ず渡ってくださりよかったです。
 バス回転場の場所探しに地元の方が協力してくださったのに、見つかりませんでしたが、お父さんが運転手、お母さんが車掌さんの釧路発国泰寺行きの路線バスで旅して楽しかった敏子さんの思い出が伝わりました。

投稿日時:2021年07月07日 20:11 | ココア

バスの窓越しに敏子さんがしがみつき、流れる景色にみいっている姿をみたのは私だけでしょうか。回転場は見つけることはできませんでしたが、眼裏にしっかり浮かんできましたよ

投稿日時:2021年07月07日 19:57 | ちいちゃん

興奮します!
道路に普通に鹿が。
“何か?”という表情に見えていました。
回転場の捜索は難問題。
クリーニング店のご主人もすごく一生懸命。
地元の皆さんの優しさに感激しながらのとうちゃこでした。

投稿日時:2021年07月07日 19:52 | kimiちゃん

とうちゃこを見ながら善波さんは「そこ、そこ」って苦笑いされてるでしょうか?
正平さんの聞き込みセンサーは国泰寺前のクリーニング屋さんを選択。目星を付けた広場だと思ったらお便りの回転場ではないようだ。私もてっきり方向を回転する場所だと思ってたが長年住んでる方々でも何処だ?って表情。でも今夜も「日本、良い所」の景色ももちろんだったが仕事を放ったらかしても率先して聞き込みしてくださったクリーニング店の店主の親切で優しさも「お・も・て・な・し」って例えられたように日本の良いところ。こころ旅では良く見られるのが嬉しい。天気も良くて奈良の鹿より綺麗な北海道の鹿を普通に街中で見られたのも印象的でした。

投稿日時:2021年07月07日 19:46 | GUREKO

今日の生き物は、カラス、馬、鹿。
負傷して道路で動けないカラスを藪に移動させた正平さんが優しい。
キョエちゃんも感動したに違いない。
歩道に堂々といる鹿にびっくりです。地元の方には日常茶飯事なのもびっくり。

バスのラッピングがルパン三世。モンキー・パンチさんの出身地が、明日のとうちゃこ地点の浜中町。一つお利口になりました。

厚岸大橋の攻略。一休さん理論ですね。
このハシ渡るべからず。

投稿日時:2021年07月07日 19:37 | タケヒロシ

正平さん、ちゃりおくん、スタッフの皆様、ようこそ北海道へ!

北海道に住むものですが、行ったことのある所が写ったりすると、本当にうれしくなるものです!

良い季節の北海道に来てくれて、本当にうれしいです。
素敵な旅を続けてくださいね。

厚岸のカキ、大きかったですね!私も食べたくなりました。

カラスのシーンは正平さんのやさしさがでていて、本当に好きなシーンになりました。

応援しています!

投稿日時:2021年07月07日 17:38 | にゃんにゃん

昨日の激坂を登り切り、今日も走って、皆んな筋肉痛だよね
タクシーに乗らなかったからとスタッフさんを労わる姿
そしてカラスを草まで移動させたり(私はカラス苦手なので
絶対に出来ませんが汗)、動物愛はすごいです
朝から来週温かい気持ちになりました
昔モテたんですよね、今だってモテるんだよに
はい、納得です!
昨日の牡蠣に今日の牡蠣で牡蠣が食べたくなりました
広い北海道、どんなグルメが出てくるか楽しみです
とうちゃこで、野生の鹿、どんな登場の仕方か楽しみです

投稿日時:2021年07月07日 17:09 | たまにポタリング

動物が得意なのは知っていたけど、今日は『凄いっ!』って思いました。
カラスも、ひょいひょいっと、掴んで草のところに。片手で掴もうとしてたから、どうやんの?と観てたら、、すごいっ。カラスはなかなか男の人も無理でしょう?
改めて、正平さんすごっ!好きっ(^ ^)

投稿日時:2021年07月07日 17:03 | 白玉宇治金時

久々の お化けの帽子。うれしいな( *´艸`)
正平さんのお洋服が北海道の涼しさを伝えてきます。
画面から 爽やかさをいただきました。
痛々しいカラスに添えられた手。
しばらく気にしておられる様子。この優しさがいいんだな~♡
鹿を見て奈良を思い出してくださって感激。
さて回転場はすぐには見つからない様子。
とうちゃこ お待ちしています(^^)/

投稿日時:2021年07月07日 14:23 | norinorimiffy

7月5日に放映された「長万部駅のエピソード」。久々に米地さんのことを思い出しました。誠実かつ真摯な姿勢で仕事に対していた姿。札幌時代は同僚として、また道南の町では私を支えてくれた姿に何度、お世話になったことかと、今でも感謝の念しかありません。
 また、いつか一緒に「ミスチル」をカラオケで歌いましょう!!
 

投稿日時:2021年07月07日 13:56 | ED76109

正平さん、カラス平気なんですね。私は苦手です。でも、優しい正平さんのおかげで、カラスの寿命が、少し伸びたと思います。野生動物が多い、北海道は正平さんと、動物との出会いも楽しみですね。

投稿日時:2021年07月07日 13:51 | 幸代ママ

本州は梅雨の最中、あちこちで豪雨のニュースがあるなか、全く湿度を感じない北海道の青空に、画面の中だけでもしばしホッとさせてもらっています。
道中で見かけた飛べないカラス、正平さんがせめて柔らかい所へと動かしてあげるのを拝見しながら、いつもゴミを荒らすイタズラなカラスに手を焼いているけれど、彼らも一つの命を生きているんだなと、今日も、当たり前なのに忘れがちな事を再確認させてもらっています。
敏子さんご家族の、思い出の回転場。予告では首を傾げる人あり、ブログでは「意外な展開」⁈ うまく見つかりますように。

投稿日時:2021年07月07日 12:22 | pon

おはよーございます(*^^*) そうでしたか。あっけし望洋台...。旅の中断を伝えた場所でしたか。
あれから三年。過ぎてみると、あっという間ですね。

正平さんの「俺達、まだやってるよ!」の言葉に、ホッとする様なジ~ンとくる様な、そんな気持ちで見てました。

と、しんみりしたのもつかの間! またまた牡蠣だぁ♪♬ 焼きガキもいいですね(^_-)-☆
素晴らしい焼き色~♪♬ 美味しそうでした(*^^*)

ご両親の仕事場であるバスに乗るのって、どんな気持ちかなぁ?嬉しさもあり気恥ずかしさもあったでしょうね。
回転場?? とうちゃこが楽しみです♪♡♡♡

投稿日時:2021年07月07日 10:47 | 夢辰(ゆめたつ)

ムワ~ッとする26℃の今朝。
18℃は想像つかない涼しさの厚岸。
正平さんに出会って、ラッキーなカラス。
打ち身であれば元に戻りますね。
「やるんです。僕たちは」
ブログで力強い言葉を見つけました。
ずっとこころ旅と共に!

投稿日時:2021年07月07日 10:30 | kimiちゃん

ぐるっと360度見渡して・・ただただ広大な北の大地。日々の些細な悩み?なんて気にするなぁ〜と言われている感じ(^.^)
今日はバス運転手と車掌さんを勤めたご両親との思い出、家族用バスで遠足気分だったという敏子さんのお手紙は聴いていてもワクワクします。国泰寺バス停へ青空のもと走り出すけど、昨日の意地の頑張りが皆さんこたえているようです。傷ついたカラスに正平さんの優しさが注がれました。害鳥と言われても生きとし生けるもへの正平さんの姿勢だと思いました。 そして胆振地震時にいた展望台にて「俺達まだやっているよ!」力強いお言葉。
さて、焼き牡蠣食べてパワーつけて目指すとうちゃこは?鹿さんも登場、楽しみです。

投稿日時:2021年07月07日 10:22 | ゆきぱん

正平さん、チームの皆さんのおはようございます。昨日の「とうちゃこ版」今日の「朝版」拝見しました。昨日は正平さんの大奮闘❕いや驚きでした(一瞬大丈夫かな?)と思ったくらいでした。お手紙の主様の初任地知方学小学校を取り巻く環境は素晴らしかったですね。波が打ち寄せる太平洋を背に正平さんの姿にホッとしました。登坂の苦闘も取れましたか?
今日の「とうちゃこ版」楽しみにしております。皆さまのご安全を祈っています。

投稿日時:2021年07月07日 09:54 | 江尻 衛

今日の朝版 厚岸町0号線バス停スタート すぐに怪我してるカラスに遭遇して 生き物に優しい正平さん そっと草むらにカラスを移動 あれからカラス どうなったかね!生き延びてるといいなあ

投稿日時:2021年07月07日 09:20 | ボンジュールばあば

おはようございます(^.^) 正平さん越しに見える青空が、「気持ちいい〜」怪我したカラスを救出するとは、流石です!ランチの焼きガキ、ぷっくりしてて美味しそう!毎日牡蠣ですね(⌒▽⌒) とうちゃこの場所はすんなり見つからないようで、心配⁉️

投稿日時:2021年07月07日 08:59 | 美奈成の母

正平ちゃん、チャリオ君、スタッフの皆さま
~~~ヾ(^∇^)おはようございますー♪

朝から正平ちゃんの優しさに触れてほっこりです!
傷ついたカラス君、やっぱり移動してあげましたネ
さすがです!
でも、正平ちゃんにとっては当たり前のことなんですよね…
そんなさりげない優しさに感動した朝版でした(^^♪

旅の安全を祈っています(^_^)/~

投稿日時:2021年07月07日 08:36 | こころおごじょ

ここ数十年、自然災害は小さな島国日本に枕詞のように毎年々ついて回っていますね。今現在も熱海の土石流の中で助けを求めている人もいる、生きていてほしい。そう願わずにはいられない。被災地を経験したからこそ、命にこだわる人でありたい。
だから、かつての正平さん達の撤退は正しいと私は思うのです。そしてコロナ禍の今、折々適切な判断をしながら、お便りに想いを記した方々の為に、前へ前へ進むチームこころ旅。事故や病気は勿論、くれぐれも自然災害に巻き込まれませんように祈っています。・・・と、昨日北海道初日、正平さん少し鼻声だったのは、アレルギー??風邪引かないで下さいね~!それから、大好きなエゾタヌキ(換毛でスリム!)見られて嬉しかったです~( ≧∀≦)ノ

投稿日時:2021年07月07日 08:35 | ぽんぽこ

今日は1013日目。ブログを拝読しながら大震災の年から始まって積み重ねて来られた日々のいろんなことが思い出されました。「まだ続けているんだよ」正平さんの一言にもジ〜ンとしました。今朝のお便りは始まった時からご覧になってる善波さんの心の地。50年前のバスってどんな形だっただろう? もしかしてボンネットバスだったのかな? 亡き父が縁もゆかりもない瀬田川沿いの場所に家を建てて越した時、駅から出てたJRのバスはボンネットバスで女性のバスガイドさんがドアの開け閉めをしていた。お便りを聞いててパ〜っと忘れていた光景を思い出した。それもほぼ50年前。ご両親の働くバスでの善波さんの暖かい思い出が伝わって来るようでした。昨日に続いての美味しい〜って牡蠣を頬張る正平さん。美味しい物をいっぱい食べてパワーアップしてる姿が見てても楽しい〜。

投稿日時:2021年07月07日 08:34 | GUREKO

おはようございます♪
梅雨真っ盛りの本州、北海道の晴天が羨ましい限り。画面を通してもさわやかな気持ちにさせていただいています。怪我をしたカラスに遭遇した正平さん、固唾をのんで見守りました。予想通りで納得。美人さんと動物たちは素通りできませんね。厚岸の牡蠣も固唾をのんで見守りました。春の旅、最後まで楽しみにしています!

投稿日時:2021年07月07日 08:32 | ひなた

     
      『正平サン、スタッフの皆様、お早うございます。』

  空は青く 雲の形も面白いです。

  遥か遠くに地平線、、 さすがの北海道。

  後々まで 傷ついた烏のことが気になる正平サン。
  今でも おモテになる理由が解る気がいたします。
  

投稿日時:2021年07月07日 08:31 | 敦子

チャリオマスク('◉□'◉)
牡蠣にハマった永遠のモテ男さん (΄◉◞౪◟◉`)

投稿日時:2021年07月07日 08:07 | チャリンコチエコ

 ここのところ、ついついジーンと感情移入して見入ってしまう“大人の”朝ドラ受け…昨日の尾幌、牡蠣、懐かしの謎な?!北海道0号線路線バス停。『誰が乗るの〜?!』のツッコミで現実へ(^^;
 家族の為、生活の為、頑張ってバスの運転手になった父、事務所で働く母、両親と回転場のこころの風景…。御両親の頑張りに感謝する気持ちがひしひしと伝わって来ました。回転場はまだあるのかな。
 これまた懐かしの展望台、昨日の自分の頑張りで疲れた?!スタッフを、そして傷付いたカラスを避難させ、気遣う優しい正平さん。そりゃあ人にも動物にもモテますよね〜(*^o^*)

投稿日時:2021年07月07日 08:05 | こもまま

たしかにーー!誰が乗り降りするんでしょう?キツネとタヌキかな?
でも正平さんがお手紙読んだから、明日から一転、こころ聖地になりますね~。

正平さんの脚の疲れが気になります。あーやっぱり、、、筋肉痛。
でも自ら激坂登りを選んだ正平さんはとてもとてもかっこよかったです。何度も見たい私のお気に入り。

小さな命の尊厳をさりげなくたててあげる正平さん。その懐の深さに胸が熱くなりました。

たった15分にじんわりほっこりおいしいがぎゅうぎゅうづめの朝版を見て、こころスッキリ!私も今日の旅を元気に生きまーす!

投稿日時:2021年07月07日 08:05 | おかか

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2021年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索

バックナンバー