2020年10月09日 (金)【青森】涼しくなったら、雨だった・・・



涼しくなったら雨だった
前日までの3日間、
残暑厳しく晴天だったのに、
この日は朝からどしゃ降り。





大きな木の下でお手紙を読むお手紙を読んだのは、
一面の畑の中にポツンと
1本だけ立っている木の下。

 

 

 

 

 

山神様にごあいさつ
木の下に祀ってある
“山神様”にごあいさつして
出発!

 

 

 

 

途中、雨があがった!


途中、
雨があがりましたが・・・

 

 

 


 


利伊子さんのこころの風景
利伊子さんのこころの風景
“生まれ育った養魚場”は
今夜7時からの『とうちゃこ版』
でたっぷりと!!!

 

投稿者:担当ディレクター | 投稿時間:08:00

応援メッセージ

     (*´ー`*)『今晩は!』
 正平サン、スタッフの皆様、、この日は久々の雨降りの旅でしたネ。
雨の中を進む五人衆の姿を見て 2019秋の旅 鹿児島編での雨降り走行のシーンを思いだしました。  ワタシノ《胸キュン・鼻ツン》の原点です。

…傘をさしながらのお手紙読みとか、殆どお目にかかれない 紅一点監督の声が 結構長く聞けたり、ヤマボウシの実が食べられるとは知らなかったワ
とか、、、でした。
 …来週も楽しみにしております‼ 風邪ひかないで‼(*´∀`*)オヤスミナサイマセ!

投稿日時:2020年10月11日 22:03 | 楠 敦子

土日の再放送をじっくり見ていて思ったこと。
お昼ご飯を食べるシーンがなくても、地元の人との会話がなくても、自転車のスピードで流れていく風景を見て、これが本当の旅番組なのではないか、と。
青森の素敵な風景が、そんなことを感じさせてくれました。

投稿日時:2020年10月11日 15:51 | レオンの母

939日目の旅、観たよ。
「相坂養魚場」
山神さんを祀る大きな木の下でのお手紙朗読
傘を持ちながら、大変でしたね。
やまぼうしを食した火野さんと三枝監督の関係と言えば
むかごも思い出します。
写真との照合でぴったりの建物も残っており、何より。
資料で場長公舎も観れたり
NHKカメラマンさんの手腕も発揮され。
仮病休みや昨日は卵の落下と
幼い頃の思い出は些細なことを覚えているものですね。
今週もお疲れ様でした。
今週は台風で天気が不安定で
全部が観れず、すこしがっかり。
来週は天気が良さそうで、嬉しいです。

投稿日時:2020年10月11日 13:10 | ももの爺

淡水の漁業って「内水面漁業」って言うのね~勉強になるわ~・・・だから「内水面研究所」とか「内水面養殖業」って名前なのね~・・・研究所の職員の方に「三沢にとうちゃこしたトム・クルーズですっ!」って言って欲しかったわ~正平さん。しかしデカいニジマスですね~三倍体とか四倍体とかかな~スチールヘッドみたいやな~ルアー放り投げたらすぐ釣れそうだわ~、ハマちゃんの父親の伝三さんも釣りたいのでは?おっ「鞍馬天狗」で火野さんが迫真の演技だわ~今後の「ヒノクルーズ」に乞うご期待!

投稿日時:2020年10月11日 12:30 | よたはち

青森の内水面試験場に行って職員の方に各県にそれぞれありますと言われていましたが、私の住んでいる福島県は猪苗代町にあります。淡水魚の研究をしています

投稿日時:2020年10月11日 12:01 | ヒゲおやじ

おはようござる。今週は岩手県だにゃ どこっさ回るべっか?美味しい物有るど まして空気が美味しい。 天候 良しで 風無し 坂無し が最高だべだが 果たして。 どんな映像  シーンを見せて頂けるかと想像する 悪友5人で検討しながらの話が楽しいな。 コロナ禍で旅もままならない状況だが せめて卓上旅行で地図 ガイドブック 時刻表を側に置き ルート検索 移動手段 宿泊プラン 食事 観光 などを考えるが もうこれで行った気分になれます 安上りですよ。ファンの皆さん一度 お楽しみあれ ぜひお勧め致します。 しょうへい殿 岩手県を走れマクレ 安全走行でね  出発進行 チャリオ君  71.6才より

投稿日時:2020年10月11日 03:59 |  吹田のヒゲ

今週は録画で見ました
週末でここの投稿を見てそうだ、なるほどとうなずき
火曜日のお稲荷さん
階段を外す優しいスタッフさんにほっこりして
水曜日の施設に入所していたお母さんとのやりとりや投稿した方からの
コメントにあったかい気持ちになり
正平さんが手を振った場所を探して空に向かって手を振る
こんなに視聴者に寄り添う番組はこころ旅だけです
木曜日のきらっきらの夕日に明日も頑張ろうと思えました
自分の気持ちがすさんでいると、感動したくても出来なくて
週末でやっとこころに染みました

投稿日時:2020年10月11日 00:23 | たまにポタリング

こんにちは
養魚場が県に1つあるなんて、知らなかったわ。
我が県にもあるのかなぁ?近くで見てみたいです
そうそう、こころ旅を見ていて、そのままにしていたら
なんと、役者正平さんが(^◇^)ビックリ
久しぶりの役者さんもいいですね。
ちらっと 「役者なんですよ」と言われていましたものね。

投稿日時:2020年10月10日 15:03 | pepe

正平さん、スタッフの皆さん!お疲れさまでした。あのどしゃ降りの中ロケは大変でしたね。それにプラス寒さもあり、今こちらも同じ天気です。
正平さん、人間の生理的現象は止められませんよね。ロケの時は大変ですね^_^;
田村カメラマンさん、あの水滴飛ばしを使っても(この、名前が判らず)水滴やくもりがでたり
ご苦労があったと思います。がんばれ!
いろいろな事があり、これも楽しみ。
利伊子さん、今の養魚場が見られて良かったですね。
来週の「岩手県」こころ旅。楽しみにしてます。

投稿日時:2020年10月10日 09:56 | ☆わいは☆

火野さん、チームこころ旅のスタッフの皆様、いつも有難うございます、お疲れ様です。
青森の初秋の風景、堪能させて頂きました。
今年は豊作なのだな、と画面いっぱいに広がる黄金の田園風景を見ながら思いました。その中を駆けて行かれるチームこころ旅の皆様、カッコよかったです。青森最終日、いきなり雨で寒くて寒くて

投稿日時:2020年10月10日 09:23 | ゆかりん

青森県最終日は、十和田市。
遠く長崎県から、梶原利伊子さんのお手紙で訪ねる、「相坂の養魚場」。

戦後の復興期の「品種改良」への期待を、一身に背負ってきた場所が「試験所」でしたね。
《淡水魚が泳ぐ養殖池と……事務所、孵化室、餌料室が建ち、その片すみにポツンと一戸の官舎があり、私たち家族7人の住居となっていました》

利伊子さんが「生まれてから18年間過ごした場所」。
5人きょうだいとご両親で守って暮らす愛しさと、小さな誇りが伝わってくるお手紙でした。

小学校の「遠足」での訪問地なのですから、それだけで距離が分かります。利伊子さんにとっては、毎日が遠足でした!

「内水面研究所」と名前を変えても――片隅にある昭和7年からの建物が、利伊子さんの人生を伝えてくれました。
今夜も、正平さんのお手紙を読む声が、温かく耳に残るとうちゃこでした。

投稿日時:2020年10月10日 08:46 | 川崎ジンジャーエール

残暑有り雨有りの青森の旅、お疲れ様でしたm(_ _)m 4日目の養魚場への旅、研究所の昔を知る人がいて、梶原さんのご家族の事とか分かっていた。時々こころ旅には奇跡が起きますよね!繋がる、繋がるみたいな‼️それがまた他人事なのに嬉しくなる(≧∀≦)

投稿日時:2020年10月10日 08:29 | 美奈成の母

雨の降るなか十和田市への輪行ご苦労さまです。
でも、あんな立派なヤマボウシに出会えるなんていいなー
白い花の後はかわいい実をいっばいつけて、
鳥たちも大喜び
淡水魚の養魚場は大規模ですねニジマスも大きく沢山いました。
利伊子さん懐かしく視聴したことでしょう。

投稿日時:2020年10月10日 06:30 | カヌキヤマウラコ

自分が生まれ育った家の面影が見られると嬉しいですね。

(私の、自分の生家があったとこをたどったら駐車場になっていました。跡形もないです)

タムタムさんがんばりましたから!☆

青森県、広い空のしたを走るこころ旅の絵が印象的でした。

投稿日時:2020年10月10日 05:11 | るる☆

おはようござる。内水面試験場のニジマスですか 確かに密で大丈夫か?名前は違えど未だに運営されてるとは 投稿者さんも喜んでますね。青森最終に良い映像を見せて頂きありがとうさん。ところでBSプレミアムで鞍馬天狗に長七役で出演されてるが、アクの強い悪役を良い味で存在感を出しておられてますね。ファンの皆さん正平さんの仕事振りを見てやって下さいませ
 吹田のヒゲ

投稿日時:2020年10月10日 04:56 | 吹田のヒゲ

「正平さん、スタッフのみなさん、おはようございます」
金曜日とうちゃこ版、見ました・
雨の中、ご苦労様でした。
とうちゃこ地点は、「養魚場」。
青森、鱒、、、頭に、小学生の頃に教科書に載っていた「ヒメマス」の話が浮かんできました。
魚が住まない十和田湖で、養殖の研究をした和井内貞行さんの話だったと思います。
「内水面研究所」と名前を変えても、その精神は、脈々と受け継がれていることに、感動を覚えました。利伊子さんのご家族のお仕事にも。
ニジマスの元気に跳ねる姿に、なぜだか涙でした。
いいもの、見せていただきました。

投稿日時:2020年10月10日 04:39 | REIKO

東北の東北町から雨の中のスタート。大変でしたねぇ~( T∀T) 風邪など引きませんでしょうか?身体は大事にして下さいね!
養魚場、ニジマスたくさんでしたね!!
ああいう施設が全国にあると話されていましたが、身近にあるなら見てみたいです。水族館とは違う面白さがありそうで(笑)
来週は、私の亡き父の故郷、岩手山ある岩手県!!超楽しみにしています( ☆∀☆)
どうか 天気に恵まれますように願っておりまする!!チャリオ、正平さん、待ってますよ~( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆

投稿日時:2020年10月09日 23:58 | ぽんぽこ

自分も70になっても幼少期の記憶は残っているのだろうと実感する回が今日でした。
リイコさんって、75歳の方にしてはしゃれていて、戦中、戦後のキラキラネームみたい。
青森というとモーリー君の交換が毎回出ますが、交換されたのかされなかったのか気になります。

投稿日時:2020年10月09日 23:18 | タケヒロシ

 神社の境内で休憩中に見つけられたヤマボウシの赤い実、自己責任で食べておられましたが、以前も三枝監督さんの回でもあったようですね。
 現在は内水面研究所に名前が変わっている養魚場にとうちゃこして、中を案内してくださった方から、ニジマスを育てて卵を出荷する仕事をされていることが分かり、勉強になりました。
 お手紙に同封された写真と同じ風景も見られ、梶原さんは懐かしく思われたでしょう。水槽で泳ぐニジマスもよく映っていて、田村さんのカメラワークはお上手でした。
 青森県の行ったことがない風景をたくさん見せていただき、ありがとうございました。

投稿日時:2020年10月09日 20:35 | ココア

研究所の方の丁寧で、わかりやすい説明に聞き入りました。
「ここ笑うとこですね」って、きっと面白い方なんでしょうね。
沢山のニジマスに、遠足の子供達は、きっと大はしゃぎの所だったのではと、想像します。
いろいろな魅力的な青森県を見せて頂きありがとうございました!
田村さん、綺麗な撮影ありがとうございました。

投稿日時:2020年10月09日 20:10 | kimiちゃん

正平さんスタッフの皆さんチャリオ君今晩は青森の旅最終日
東北町の大浦の神木.山の神からの出発まわりはゴボウ.ニンジン山芋の畑途中トイレ休憩到着した養魚場はニジマスの養魚場で幼魚の出荷が主だとのこと出会った方は養魚場の方で特別に入れていただき様子を見せていただき手紙の方もご存知でした.写真の建物.周りの景色も変わっていない昔のまま官舎もだいぶん前までは残っていたみたいその時写真も残つていました利伊子さん思い出が蘇ったと思います.タムタムの映像最高でした
来週は岩手県の旅.北海道.青森.どちらも最終日は雨.岩手の旅は大丈夫でしょう楽しみにします

投稿日時:2020年10月09日 20:04 | まさふみ

唯一の女性監督、三枝さんの声が今夜は良く聞こえる。こんな天気の悪い日が当番なんて気の毒に思ってしまう。神社での正平さんとの会話を聞きながらリタイアすることなく続けてこられたのは本当に凄いと思いました。これからも頑張ってください。
タムタムさんのカメラが雨粒と湿度だろうか曇ってる。正平さんの後姿もぼんやり霞んでる
。梶原さんのお便りには47年前の写真が入ってたんですね。とうちゃこの養魚場の係りの方のおかげで昔の写真を見ることができ、また梶原さんの写真ではご家族のことも覚えてらして長崎で懐かしくご覧だろう。

投稿日時:2020年10月09日 19:37 | GUREKO

久しぶりの姐さんの声に、不思議な元気をもらって1日の家事を頑張れました。さらに、予告で、木の実と姐さん、と来れば、DC版でおなじみの「野生児か」ショットが思い返され、ぶふふと何度も楽しい気分にしてもらっています。
昨日の七変化の小川原湖夕景から打って変わって雨の中、利伊子さんが育った相坂養魚場へ向かう道中は、背後からの声が聞き取りにくいほど。雨でゴミ出しを躊躇するような雨嫌いの私にとっては、何とご苦労様なことかと、お仕事とはいえ、ひれ伏すばかりです。
正平さんが「密ですねー」と評した養魚場、今でもちゃんと施設が稼動しているのですね。どんな魚を育てていらっしゃるのでしょうか?全景を拝見するのが楽しみです。

投稿日時:2020年10月09日 16:47 |  pon

有名な青森のゴボウ、美味しく頂いてます。
傘に落ちているボトッボトッの音が大きい!
最終日に雨ですね‥
正平さんは、綺麗なブルーのハーフパンツにマスクと、可愛いレインハット。
三枝監督さんの、元気な声
ユーウツな雨の日も、明るい雰囲気です。
正平さんと田村さんの、兄弟のような、コントのような凸凹(?)会話に、すぐ笑ってしまいます。
又しばらく聴けないことも、淋しいです。
やはり雨の日の道路は、怖いですね。
皆様、くれぐれもお気をつけられますよう~

投稿日時:2020年10月09日 15:13 | kimiちゃん

正平さんの「スッキリ♪」した姿をマジマジと撮るタムタムさん・・・。
そして「お疲れ様でした」と絶妙な一言(^^;)
ジワジワと笑いがこみ上げてくるシーンでした(^^)
確かバッタの子作り?の場面でも「失礼します」と言いながら
アップで撮っておられましたね。
今後のご活躍も期待しています♪タムタムさん♪

投稿日時:2020年10月09日 14:03 | ふくふく

今日はでござる。天気は一転し涼しく雨ですか気まぐれですね。1養魚場で何の魚 十和田湖と言えば?ですかな。遠足が自宅 嬉しい様な近すぎる様な複雑な気持ちかな。田園風景を走ると稲荷神社でトイレ借用でダジャレ1句 トイレの神様ならぬ トイレの紙あり。 監督さん突っ込み出来ず¦ 側にはソバ畑 青森でも耕作するんですね。 ヤマボウシの赤い実が鮮やかだ ヒゲは北海道が好きです 中でもナナカマドの実を思い出した  いずれも赤い実が印象的だね。 今回は風無い様だ 養魚場まで突っ走れ 正平さんよ   吹田のヒゲ
  

投稿日時:2020年10月09日 13:00 |  吹田のヒゲ

肌寒い秋雨の日。。。
正平さん ポンポン冷やさないように気をつけて下さいねm(_ _)m

正平さんとタムタムのゴボウ談義にヒントを得て、わが家は昨晩、粕汁で温まりました v( ̄ー ̄)v
もちろん、青森産のゴボウをたくさん入れてね (^_-)
美味しい出汁が出るんすよ これが (^q^)
今日は、ニンジンシリシリでも作ろうかな~☆
ん? こころ旅がお料理番組化してる?

投稿日時:2020年10月09日 09:58 | ojo

もう少し待てば上がるのに いつも土砂降りの中かけだす♪
と 思わず口ずさむ今日の旅。
山神さまのおかげかちょっと明るくなってきましたね(^^)v
ソバの花 かわいい♡好きな花です。うれしい( *´艸`)
お手紙の方の気持ち 何となくわかるな~
養魚場って どんなところなのかしら。。。
とうちゃこ版 楽しみにしています(^^)/

投稿日時:2020年10月09日 09:28 | norinorimiffy

 たまらなく美しかった昨日の小川原湖の夕景から一夜明け、涼しくはなったのでしょうか、4日目は一転して雨模様…。でも、見渡す限りに広がる、一面のゴボウや山芋の緑のじゅうたんは、美しいの一言。まるで再び、北海道に戻ったかの様な、山神様の一本の木。朝から印象的な景色でした。ついでに正平さんのトイレ休憩時?!に立ち寄った神社の境内越しの一面の蕎麦の白い花じゅうたんも美しく、いつだったか、北海道の旅のどこかでも見たような、幻想的な雰囲気でした。
 お家が養魚場で、小学校の遠足先の定番。遠足後に自宅で即解散!とは、何とも不思議かつ羨ましいお話です。どうやら養魚場は今もある様子…とうちゃこ版が楽しみです。

投稿日時:2020年10月09日 09:03 | こもまま

雨の日もオシャレを忘れない正平さん楽しませてくれてます。
タムタム、田村さんともリズムよく進行して、温かい空気が流れてきます。
牛蒡畑、人参、長いも、そば畑を見て十和田市へ
どんな養魚場か期待がふくらむとうちゃこ版
4日めの青森県雨にも負けずありがとうございます。

投稿日時:2020年10月09日 08:44 | カヌキヤマウラコち

 東北町大浦の山神様を守る一本の木の前から出発。3日間、天気がよかったのに今日は雨で、涼しいけどちょっと走るのが大変そう。
 正平さんの「このみちをゆく」が流れる中、畑の道を走っている正平さん、かっこよかったです。ヤマボウシの赤い実を見つけられたようで、小さい秋を発見されましたね。
 梶原さんが子どもの頃に住まわれていた養魚場周辺の風景が楽しみです。お手紙でリクエストのあったNHKカメラマンさん、美しく撮って見せてください。

投稿日時:2020年10月09日 08:38 | ココア

梶原さんのお便りを聞いてたら小学校(だったと思う)の国語の本に載ってた文章が気になって「十和田湖、養殖」なんて浮かんだ言葉で調べたら「和井内貞行」にたどり着いてスッキリした。こころ旅は私の脳裏に隠れている思い出も掘り出してくれる。
青森、最後の4個目は雨。このスタイルを見ると気の毒になる。周りの田畑の中に山神様の祠付きですくっと立つ木は何の木でしょう?雷の標的になりそうなのに山神様に守られてるんでしょうね。牛蒡、人参、山芋。湯気の立つ煮物が浮かぶ。白い花は蕎麦、一気に寒くなって京都であったかい鰊蕎麦を食べたいな〜。秋の十和田湖、奥入瀬渓流の紅葉は最高だろう。早く行きたい所に行って食べたい物を食べに行きたい。梶原さんの昔、昔の遠足の光景は今夜感じられるだろうか。この雨の中のランチも気になる〜。

投稿日時:2020年10月09日 08:29 | GUREKO

昨日はあんなにおっきな夕陽も見れたのに、、、天気の神様は涼しくしすぎたみたい。こんな日も旅のひとコマ。高鍋監督の「旅なんだから…」が思い出されます。雨の日ばかりは落ち葉の道や下り坂がないようにと祈って見ています。
正平さんのトイレシーンは朝版だけのサービスカットかな?田舎ばかり行くとあってトイレには苦労することもあるでしょうね。雨の日の簡易トイレとか、できれば使いたくないでしょうに、、、ホントにお察しします。せめて紙があってよかった!
ところで今日は正平さんに野生児といわれた女性監督さん。男性スタッフの中にあっても一際たくましい姿にいつも惚れ惚れしています!

投稿日時:2020年10月09日 08:10 | おかか

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2020年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

検索

バックナンバー