2020年10月02日 (金)【北海道2】強風で進まねー!



強風ふきすさぶ。。。
強風吹きすさぶ中、
小安漁港でお手紙を読んで出発!




進まない・・・
風が強すぎて
進まない。。。

 

 

 

 


途中で発見した橋は・・・
途中見つけたのは
古い立派な橋脚。

 

 

 

 


土木遺産でした
1936年から建設が始まった戸井線のコンクリートアーチ橋でした。戸井線は途中で建設が中止され、列車が走ることはありませんでした。
現在は、土木遺産になっているとのこと。

 

 

 

 

 

海岸も荒れもよう
風が強いので
白波が立って
海岸も荒れもよう。

 

 



今夜7時のとうちゃこ版
<今夜7時のとうちゃこ版>
どうやって食べる?箸(はし)のないお弁当!
先人のロマンを感じる”鎌歌”の風景は
とうちゃこ版で!!

投稿者:担当ディレクター | 投稿時間:08:00

応援メッセージ

二週間に渡る北海道の旅お疲れさまでした!大自然を満喫させていただきました(いつか行ってみたい!)観ているこちらは癒やされますが、大自然ならではの旅の大変さも伝わってきました(特に本日の強風!!)これからの旅もご無事でお体に気をつけて、穏やかな天候に恵まれますように

投稿日時:2020年10月05日 18:03 | misuzu

おはようござる。2週間に渡り北海道ご苦労様でした。今週は青森ですね
半島は東か西か はたまた中央からスタートするのか? 月曜日の朝版の中にヒントが満載されてるよね。 映像はどんな入り方をして来るか スタッフとの勝負だ。北海道1回目の月曜日のカヌーは結局 最終日だったし。注意深く見る必要があるから メモしておいて何日目に出てるのかなと 別な意味で面白さもあるのかな?  チャリオ君を労わりながら 青森県内を走れマクレ 71才の正平殿 71.5才のヒゲより 気を飛ばしエールを送るよ。 フレーフレーしょうへい¦  吹田のヒゲ

投稿日時:2020年10月05日 04:02 |  吹田のヒゲ

      (;^o^)『今晩は!』
 正平サン、スタッフの皆様、、連日の投稿 しつこいですか?
(止められないのよネ、、これが!)
 
 「先人のロマンを感じる」《鎌歌》を訪ねる旅。
突風吹きすさぶ中を「よいしょ、よいしょ」と踏ん張り続けた姿や、
輪になっての お弁当シーンも ♡キュ~~ン でした。
 初めての試みの 歩きながらの お手紙読み。
時間をよむ タイミングの良さに脱帽。 後ろ姿にも余韻が、、‼
……来週からも 楽しみにしておりますので!‼ (*´∀`*) オツカレサマデシタ!

投稿日時:2020年10月04日 22:39 | 

今晩はでござる。道北 道央 道南は環境が大分異なりますね、道北&道央は緑が多く自然豊かな風景 道南は人口が多いせいもあるが 人工物が多い。同じ北海道かよと思うね 2週間移動距離もかなりあった考えると チーム全体は大変でしたね。お疲れ様でした 10月6日は青森県ですが地形的に坂は多いと思いなされよ そして自然豊かな風景も多いと思うね。わずかな休息では体力回復出来ないと思うが 気持ちはリセットして 青森と格闘して下さい  けっぱれ  チームこころ旅  吹田のヒゲ

投稿日時:2020年10月04日 18:19 |  吹田のヒゲ

戦争のために工事が中断され、そのまま土木遺産になってしまった鉄道のアーチ橋、
完成していたら、列車の車窓から、青森を近くに感じながら旅情に浸ることができたのでしょうね

投稿日時:2020年10月04日 13:58 | 60代の秀ちゃん

日々楽しませていただいてます。
自分自身、脳梗塞と心筋梗塞を患らったものにとりまして、又高齢者というレッテルの元にて、どこへも出歩くことできず、北海道函館の鎌歌小学校の放映の中に、恵山という地名が飛び出し懐かしく、恵山へは、55年前にリュックを背負いバスを降りたら、漁船が道路に沿って引き上げられて、ずらりと並んでいる風景を目の前にして、周辺をうろうろしたことを思い出しました。
現在リハビリの結果、多少の旅行が可能になりましたので、シルバーウィークの先日、少なくなった便数をたぐって函館へ出かけたところでした。タクシー内で恵山の地名を話題にしたところ運転手さんから今では、地元の人も知らない地名が出てきますね。という会話の後の放映でしたので懐かしさが身にしみます。
75歳となるとパソコンだの苦労する道具ばかりで、ようやく感想を書き込んでいます。
火野さんへ。ケガだけはないように良い旅が続くことを切に願う次第です。毎日が楽しみです。

投稿日時:2020年10月04日 12:34 | 山さん

火野さん、チームこころ旅のスタッフの皆様、いつも有難うございます、お疲れ様です。
今週の北海道編は、初秋のうつくしい風景が本当に多く、心が震えて拝見していて涙が出そうになることもありました。ラストの鎌歌は、もしかすると「あの」台風10号が接近していた時だったのですか?穏やかなハーモニーが聴けなかったのは残念ですが、いつもの、できるだけ手紙主さまのご希望に近づけようと自転車を走らせる火野さん、チームの皆様のお気持ちが私のちょっとくたびれかけた心に潤いを与えて下さいました。有難うございました。来週から始まる本州の旅のご安全とご無事を心からお祈りしております。

投稿日時:2020年10月04日 12:21 | ゆかりん

函館名物、二段海苔弁当
海苔に乗ってる男? 火野正平 さんもお気に入りの
『のりだんだん』とても美味しそうでしたよ!

でも、残念!お箸はどこに?で
お弁当付属の海苔カッター?で代用して、なんとか、、(笑)

旅馴れた皆様にも、まさか、こんなハプニングが?で
今度はこんなアクシデントも想定して
誰かのバッグに割り箸とか仕込でおきますかねぇ!?
転ばぬ先の杖、ですよねぇ~(苦笑)

投稿日時:2020年10月04日 05:21 | いわまん

正平様・スタッフの皆様
北海道の旅1週目は信号機を見たかな?って程の大自然を満喫。
2週目は街中で人も車もお店もたくさん!
対照的で内容の濃い北海道の旅を満喫しました。
善光寺での火野さんの若かりし頃の話題にホッコリ!
このシーンこれから何回も使われそう(笑)
2011年佐賀のバルーン会場でアナウンスされた「火野正平?
あの女好きの?」を思い出しました。

青森の旅も楽しみ。 皆様の旅の安全を祈っております。

投稿日時:2020年10月04日 00:24 | Mako

正平さん チャリオくん スタッフの皆さん、北海道の旅、お疲れ様でした&ありがとうございました。
2週目初日は、地元石狩管内を走破頂き、感謝です。
見慣れた風景、走り慣れた道を正平さんが駆け抜けたこと、なんだか不思議な思いとともに感動しました。旅のルートは、お手紙しだいとはいえ、近所を正平さんが走られたのが嬉っしい気持ちでいっぱいです。
これからの本州ルートも、緩く休み休み南下してください。そして何よりご無事の旅を願っています。

投稿日時:2020年10月03日 17:06 | 昼行灯

「風の日もあるでしょ」しれっとのたまう高鍋カントク。
この番組のディレクターは、どSじゃないとつとまりませんね。

投稿日時:2020年10月03日 14:34 | ぼぶ

雄大な北海道満喫しました。
団体旅行などではなかなか行けない風景を、
なかでも、しののめ湖
いろいろ見ることができ
お手紙の皆様、正平さん、監督さんスタッフさん、チヤリオくん
楽しい2週間ありがとうございます。
来週青森県の旅待っています。

投稿日時:2020年10月03日 11:18 | カヌキヤマウラコ

北海道2週の旅、お疲れ様でしたm(_ _)m 鎌歌への道のりは強風との闘いでしたね。「旅なんだから風の日もあるでしょっ」と高鍋監督さんは言ってだけど、大変だという事が画面から伝わってきました! 版画の先生をされてる佐々木さんのお手紙、素敵な文章で頭の中に風景が浮かびました。廃校になった小学校を見た時、日本中にこういう所がいっぱいあるなぁと、胸が切なくなりましたT^T まだ始まったばかり、四国まで無事とうちゃこされる事を祈っています‼️

投稿日時:2020年10月03日 09:22 | 美奈成の母

前回の旅で見た 浜辺を走る鳥さん達のあんよがかわいくて♡
何回も頭の中で再生し ほのぼの~としてましたが(^-^)
北海道最終日の旅は 過酷でしたね。
坂よりも何よりも 向かい風が一番きついと
いつかおっしゃっていたのを思い出しました(T_T)
ただただ無心にチャリオ君をこいでおられる正平さんを見ていると
私も 何だか泣けてきました。。。
最後のトンネルの中は オレンジ色の光。
タイムトンネルを抜けていくようで
鎌歌の景色にひきこまれていきました。
お天気の日だったらもっとよかったかもしれないけれど
雨の日 風の日にしか見られない景色もあると
教えてくれるのがこころ旅。
ずっとずっと応援しています(^^)/

投稿日時:2020年10月03日 09:13 | norinoriiffy

お手紙が版画も併せてひとつの作品のような文章で
文面からの想いを汲んでの歩きながら読みになったのかもですね。

晴れていたら違った風景だったと思いますが。。。。。
続く旅の中の一コマなのでした~。

平井先生、風のワルツは名曲です!と思わず。

「思ったより進みますねー」高鍋監督の激励(笑)を受けて
こんな向かい風の中でも走る正平さんは
やはり体力しっかりあるのだと思います。

のり弁、おいしそうでした!
でも箸は付け忘れちゃった。。。のですね??

北海道、なかなか行けない場所ですが
訪ねたいとこいっぱいです~!!

投稿日時:2020年10月03日 05:12 | るる☆

おはようござる。北海道2週目の最終日は函館でしたね しかも強風&雨
イッヒヒ。マスク可愛い過ぎますが似合ってますよ。さて自分の故郷が消滅する 分かりますよ。ヒゲも故郷は残ってますが15年以上も帰省してませんが、行くと環境 風景が変わっていてフルサトと言う気になれません 仕方のない事ですが残念ですが現実です。今では50年以上在住の現地がヒゲの故郷だと思ってます。投稿者の気持ち痛いほど分かりますので、強行軍ですが行って見せてあげて下さいませませ。 最後のひと踏ん張りだ 正平殿  吹田のヒゲ

投稿日時:2020年10月03日 04:52 |  吹田のヒゲ

「正平さん、スタッフのみなさん、おはようございます」
金曜日とうちゃこ版、見ました。
凄い向かい風、、、「軽トラ、軽トラ」と、思いながら見ていました。無情にも、反対側を通過してしまい。アーア。
お疲れ様な行程でしたが、佐々木さんの故郷「鎌歌」(かまうた)は、美しい版画のお手紙とともに、見ている人の記憶に残ると思います。
アーチ橋も、映像に残せて良かった!!
「雨にも負けず、向かい風にも負けず、おとこ正平、今日も行く!!」
北海道、2週間の放送は、見る方も力が入りました。

投稿日時:2020年10月03日 04:42 | REIKO

北海道、最終日は「函館市」。
雨まじりに、吹きすさぶ向かい風。
一転して、厳しい一日に――声を掛け合いながら進む「こころ旅」の5人の姿が、頼もしかったです。

今は横浜にお住まいの佐々木孝さんからのお手紙が語る「わたしの故郷 鎌歌」は、いくつもの版画が添えられて、これからの旅への想像をかきたててくれました。

地図上にない場所、「鎌歌」。
廃校になった小学校の、わずかに残された門柱に、消えかかった表札の文字を見つけた正平さん。
その声が……胸のつまるように聞こえました。
はかないものを思うときの、深い情緒に満ちていました。

晴れて爽やかな日ばかりでなく、ひとたび荒れれば厳しい自然環境の北海道。
その雨と風に洗われる「鎌歌」の地。

この日のとうちゃこは、深い印象を残して、北海道の旅を締めくくってくれました。

投稿日時:2020年10月03日 04:09 | 川崎ジンジャーエール

昼食。海苔たっぷりの海苔弁、おいしそうですね。
それにしても風が吹いて寒そう。

投稿日時:2020年10月02日 23:26 | 山山

北海道最南端、津軽海峡が見えるのに寒そうな光景。
海苔弁当に跨って、「海苔に乗ってる」のダジャレで一層寒くなり(笑)
鎌歌小学校は、失われた風景ですが、土木遺産のアーチ橋は鉄道のために造っても列車が走らなかったから幻の風景。

Kokorotabiマスクを作った正平さんの娘の友達のお母さんに逢ってみたい。


投稿日時:2020年10月02日 22:20 | タケヒロシ

 晴れた日の鎌歌を拝見したかったですが、廃校となった鎌歌小学校の近くで、正平さんが歩きながらお手紙を読まれたときにぐるっと映してくださった風景にはジーンときました。
 佐々木さんが故郷「鎌歌」の風景を描かれた版画もよかったです。
 強風の中、正平さん、スタッフの皆さんお疲れ様でした。
 2週間にわたる北海道の旅、たくさんの素晴らしい風景が心に刻まれました。ありがとうございました。

投稿日時:2020年10月02日 20:44 | ココア

こんばんは。(*^-^*)
今日は函館というので楽しみにしていました。
お昼過ぎ、録画を見たら戸井町方面でした。
家とは何と逆方行でした。
どうりで函館方面に行っても会えないわけですね。
私も天気の悪い日に出掛けてたのですが残念です。
マスク可愛かったですね。
皆さんコメントされてましたね。
お昼、正平さんのお弁当初めて見ました。
あんなナイフみたいなもので切って食べる海苔のお弁当。
函館にあんなお弁当あるんですね。
箸は必要ですよね。(笑)
来週は青森県。あの自転車についている青いお人形は今年は取り変えることができるでしょうか。
青森行くといつも気になって見ています。
まだまだ序盤ですがコロナと事故には気を付けて旅を続けてください。

投稿日時:2020年10月02日 20:26 | kazue

935日目の旅、観たよ。
「わたしの故郷 鎌歌」
火野さんの娘さんのお友達のお母さんが作った
kokorotabiマスク
格好良かったです。
版画と照合させながら、お手紙の方のこころに寄り添った
旅でしたね。
道産子サーファーはあの強風が良いのでしょう。
アーチ橋や灯台?、長年、時代を観て来たのですね。
一枚海苔弁、皆で食べている光景、如何にも旅らしかったです。
岬は鎌に観えました。
強風との格闘をテレビで気楽に観ているのが
申し訳ない感じでした。
今週もお疲れ様でした。

投稿日時:2020年10月02日 20:22 | ももの爺

正平さんと、ポジティブさクールな高鍋監督さんの会話が、いつも楽しいですね!
日程がつまっているから、強風も実行されたのかもと‥
のり弁用ナイフ、初めて見ましたが、斬新でナイスアイデア。
吹きすさぶ港でのお弁当。でも、何か切なくて‥
こころ旅の皆様ありがとうの気持ちいっぱいになりました。
鎌歌小学校の直ぐ前が海で、遠くに島もみえ、素敵な所ですね。
「楽団うるさすぎ!」と優しさある正平さんの例えが、最高。
晴れた日のキレイなハーモニーは、どんな調べでしょうね。
一生懸命進まれた正平さんとチームの皆様に胸うたれた北海道最終日でした。

投稿日時:2020年10月02日 20:22 | kimiちゃん

正平さん スタッフの皆さん 今晩は 北海道の旅最終日、今まで良い天候にも恵まれた北海道の旅最終日は大荒れで、でもこれも旅。途中、戸井線の列車が走ることもなかったコンクリートアーチ橋 土木遺産を見つつ目的地へ。港での弁当 のり弁またいでの一発ギャグ。小さなトンネル2つ抜け鎌歌へ。お手紙の版画の景色が目の前に。晴れていたら素晴らしい景色だったと思います。残念。でも雨で煙った景色もまたかくべつでした。来週は青森。どんなこころ旅になるのか、楽しみです。体に気をつけて、頑張ってください。

投稿日時:2020年10月02日 19:55 | まさふみ

正平さん、スタッフのみなさん
お弁当の岩海苔だんだんに
お箸を付け忘れて
本当に本当にごめんなさい。
・゚(´□`)゚・。

投稿日時:2020年10月02日 19:38 | ににぽん

「旅なんですから風の日もあるでしょ」って。この声はあの毛無山を選択した監督さんでしょうか?しかし正平さんもすでに71歳。もう少し手加減してあげてほしいな〜。木版画の先生だけあって添付された故郷の景色が鮮明で綺麗だこと。「思ったより進みますね」って再び監督の声。ってことは正平さんにはきついだろうって思ってるんだ。朝のブログで紹介されてた土木遺産のアーチ橋は改めて凄い迫力。Bカメがとらえた風雨に煙る中に正平さんの黄色いコートが目立つ。版画の通りの武井の島。佐々木さんの心の風景そのもの。吹きっさらしの漁港で北海道最後のランチ風景が気の毒なこと。雨も止みそうにない。監督さんはトンネルをぬけると鎌歌とおっしゃってた。この悪天候の中こころ旅を貫徹してくれて「鎌歌小学校」を確認してくれて佐々木さんは感動でしょうね。お疲れ様でした。

投稿日時:2020年10月02日 19:36 | GUREKO

コール「よいしょ、よいしょ」(正平ちゃん)
レスポンス「ファイト、ファイト」(わたし)
71歳やのに、ほんまにすごいわ!

投稿日時:2020年10月02日 19:28 | 正平ちゃん、えらい!

寒風吹きすさぶ中 ご苦労様です
正平さん 弁当広げ「海苔に乗ってる・・」とシャレてましたが
ソレを人は「ワルノリ」と呼ぶそうですぜ ^一^

投稿日時:2020年10月02日 19:22 | わびすけ

マスクは、ファッションの一部になりつつある今の時期。
黒地に白の文字が、正平さんの雰囲気にピッタリでお似合いです!
こころ旅応援マスクですね~
ひどいお天気。
直ぐに、カメラには、雨粒ビッシリ。
ものすごく強い風に向かい、正平さんとチームの皆様を拝見していると、まさに悪と闘うヒーローにしか見えてません。
手に汗握る気持ち‥
入江が鎌のような‥と記されていた鎌歌。
一度聞いたら、忘れられない素敵な地名の鎌歌。
お手紙と、可愛い木版画の写真は、ささきさんの故郷の深い愛情がいっぱい詰まっている感じがしました。
とうちゃこの鎌歌を楽しみにしています!

投稿日時:2020年10月02日 15:52 | kimiちゃん

いつもお洒落な正平さん、毎日衣装も気になりますが、本日のマスク素敵でした。お嬢様のお友達のお母様から頂いたマスクですね。マスク生活続きそうなので、またあのマスク姿見てみたいです。

投稿日時:2020年10月02日 14:04 | 幸代ママ

今日のマスクは非売品ですか?これ、ファンの間では結構売れるかも、街でこのマスクの人とすれ違う時、お互いに目配せなんかして… 静かなファン交流ができそうです。
お便りを読む正平さんの眼鏡に細かいしぶきが付いて、強風の波立ちが思われました、案の定、海岸線のルートは風との闘いで、これぞザ北海道、というのを実感しました。
佐々木さんの版画作品は、本当に温かみがありますね、それでいて、写実的でもあり、途中の武井の島もお天気が良ければこんな風に見えるのですね。
正平さんが歩きながらお便りを読んでくださるという鎌歌の地、版画とテレビ画面と、両方でじっくり見させていただこうと楽しみにしています。

投稿日時:2020年10月02日 13:06 | pon

Kokorotabi マスクとてもステキ〜。よくお似合いですね。
毎日色々なマスクやフェイスガードというアイテムが増えて正平さんのオシャレファッションもますます楽しめていますよ。
版画の先生の温かみのある作品集にほっこりします。
鎌歌というもう無くなってしまいそうな故郷にちなんだ思い出が綴られたお手紙。
進まぬ強風の向かい風。辛い!体力も消耗しますね。最終日の試練?でしょうか。
そんな白波が立つ危険そうな海にサーファー達がいてビックリ。
さて鎌歌の風景はどんなでしょうか?

投稿日時:2020年10月02日 11:28 | ゆきぱん

正平さん スタッフの皆さん チャリオ君 おはようございます
北海道最終日、娘さんのお友達のお母さん手製のこころ旅マスク、素晴らしい。
お手紙は、版画の先生の故郷・鎌歌へ。今はこの地名も地図から消えてしまっていました。ただ地名が残っているだろう旧小学校の門まで。台風の影響であろう強風のなか、前へ前へとチャリオ君をこぐ正平さん。とうちゃこ版どんな景色が見られるかな

投稿日時:2020年10月02日 08:50 | まさふみ

 娘さんの友達のお母さんが作った「kokoro tabi」と書いたマスクを付けての登場。マスクに心が込もっていてよかったです。
 強風と小雨の降る中でチャリオ君を漕ぐのがきつそう。途中、本州までの最短の地である汐首岬から海を眺めても先が見えないほど悪天候でしたね。お手紙にあった版画の絵と同じ武井の島は見えていました。
 佐々木さんの故郷「鎌歌」の小学校跡はどんな風景なのか楽しみです。

投稿日時:2020年10月02日 08:38 | ココア

「KO KOrota bi」の手作りマスクで登場。で、思ったのは正平さんがこうして10年も続けてこられたのはご家族の応援があればこそ。正平さん自身も健康でご家族の皆さんもきっと変わることなく支えてこられたからでしょう。照れながらも嬉しかったことでしょう。それにしても北海道最後の日にこの悪天候。なんと気の毒な・・・。故郷「鎌歌」への道程と木版画での風景は佐々木さんの脳裏にしっかり刻み込まれているんでしょうね。写真より思い入れ、故郷愛が感じられました。月曜日に正平さんが見上げて「何やろ?水道橋?」っておっしゃってた石のアーチについてもブログに詳しく紹介されてて放送できなくてもきちんと補足されてるのでありがたいです。この悪天候にも負けずとうちゃこされた今夜もしっかり拝見します。海苔弁をどうやって完食するのかも楽しみです。

投稿日時:2020年10月02日 08:34 | GUREKO

 いつもいろんな素敵なマスクをしている正平さん。今朝は娘さんのお友達のお母さんお手製、染物KOKOrotabiマスク…心のこもったマスクで可愛かったです。版画の先生の作品も、どれも温かく、もっと見ていたかった位でした。ダジャレまみれでちゃんと見られなかったけど…。
“鎌歌”って地名、素敵な名前でなくなってしまっているのは寂しいですね。故郷をこよなく愛する版画家であるお手紙主の、母校を望む風景、強い海風との戦い、そして“初”歩きながらの朗読、食べ方謎のお弁当??とうちゃこ版が楽しみです。

投稿日時:2020年10月02日 08:13 | こもまま

これはスルーできない!マスクかわいぃー!娘さんの手作り♡、とくるのかと思ったらお友だちのおかあさまでした。恥ずかしくて普段できないなんてもったいない。私にくださいっ!!
スタートは風という敵に包囲されながら。さすがに池田綾子さんの爽やかな歌声より、チャリオ荒野を行くの方があっているみたい。スタッフの話し声も聞こえないくらいでこれは大変!しかもこんな日にお弁当とは。。。でも海苔に乗ってる正平さんはこんな天気も正平節で海苔きるんですよね!
お医者さんごっこ!火事か…燃えてるか!? 正平師匠、絶好調w

投稿日時:2020年10月02日 08:09 | おかか

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2020年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

検索

バックナンバー