2019年11月01日 (金)【兵庫】嵐を呼ぶ男!?



懐かしいな
2011年秋の旅で訪れた
神子畑(みこばた)選鉱場跡でお手紙を読みました。
「懐かしいな。」と正平さん。

 

 

8年前は紅葉していた木

 
8年前に1本だけ先に紅葉していた木。8年前は9月下旬で紅葉していたのに、今回のロケ当日(10月上旬)は葉がまだ青いままでした。

 

 

 

 



急な雨に降られる・・・
台風18号の影響で、
急な雨に降られ、
慌てて雨具を着ることに。



 

 

  

急な雨に降られて・・・
横なぐりの雨に
正平さんも
「なんじゃこりゃ~!」

 

 

 

 

blog-icon.jpg<今夜7時のとうちゃこ版では・・・>
横なぐりの雨、情報収集が裏目に・・・
やっぱり歩くのか!?
波乱の旅の全容はよる7時から!!

 

投稿者:担当ディレクター | 投稿時間:08:00

応援メッセージ

日曜日の再放送で、もう一度、とうちゃこ版を拝見。

多々良木ダムの堤防に続く、ラストの坂道にさしかかりながら……ハァハァと、マイクに入る荒い息づかいをよ~く聴いてみると……正平さんのものではないのです。
むしろ正平さんを懸命に追いかける新井カメラマン、齋藤監督さんの息づかいのような……。

だから正平さん、若い姫さん、元気な水さんには「上までどうぞ」だったのかも知れない。

チーム全体を、そこはかとなく見計らっている正平さんの温かさを感じ、こころに残りました。

投稿日時:2019年11月03日 16:35 | 川崎ジンジャーエール

兵庫の旅、お疲れ様でした。
次はいつになるか楽しみです。

投稿日時:2019年11月02日 13:41 | ちゃりみょん

風に流される雲の影、舞いながら降ってカメラに叩きつける雨、荒天の中多々良木ダムへの旅お疲れ様でした。8年前のあれこれを確認しながら進む行程、思い出を共有できることの楽しさがとてもよくわかりました。
言葉が通じ合うことも、一つの共有でしょうか、コミュニケーションが始まってやがて安心や信頼に繋がる。中国から来られた里子さんが、聞く・話すを経てお手紙を書けるまでになられたこと、暮らしていくためとはいえ並々ならぬ努力をされたのですね、感服しました。ダムは、ひっそり静かで、おっしゃる通り心を癒すにはぴったりの景色、この先もずっと里子さんの大切な風景でありますように。
次週岡山県の旅もお気をつけて。

投稿日時:2019年11月02日 09:19 |  pon

正平さん、ようやっと貯めていた兵庫編見終わりました~(*´ω`*)今回は台風の影響もあって大変でしたね。でも、淡路島の切ない想い出風景や懐かしの景色逆走。見たこと無い虫さんや駅のギャラリー。踏切に稲の黄金色の景色。そして母親のお百度参り・・・。私的には、母親の愛を感じた四日間でした。そして、やっぱりホッとします。「兵庫 キライ!」と叫びながらペダルを漕いで行く姿。呟き。自然の命を見逃さない正平さん。私もママチャリだけれど、今日も漕いで頑張るゾー!!自転車万歳!!(笑)

投稿日時:2019年11月02日 08:43 | ぽんぽこ

「正平さん、スタッフのみなさん、おはようございます」
金曜日とうちゃこ版、見ました。
「神子畑選鉱場跡」、覚えている所でした。
多くの人が、汗を流し、働いていた場所は、想像してみるだけで、グッとくるものがあります。
「軍艦島」といい、「労働遺産」とでも言うべきような、、、。栄枯盛衰は、仕方のないことかもしれませんが、これからも、遺して欲しいです。
地球温暖化も、本当のことのように思います。
雨の降り方が、変わってきました。
正平さんが、長く走ってくれているので、変化にも気づきます。
里子さんが癒やされたという「多々良木ダム」は、静かで、見ている方も癒やされました。
「正平さん、スタッフのみなさん、お疲れ様でした」
さて、来週は、故郷おかやま、、、どちらへ??
楽しみでーす!!

投稿日時:2019年11月02日 06:42 | REIKO

雨も降る中お疲れさまでした!
お手紙を読む時は雨があがってよかったですね。

お手紙の方同年代なので自分に置き換えたら
こんなに上手に外国語でお手紙出せるかしら?と思いました。。
気持ちが伝わってくるお手紙でした。

ここから歩きで行くけど。。。。「姫と水さんは自転車で行ってこい」
姫さん肩で息してましたよーーー笑

投稿日時:2019年11月02日 05:14 | るる

8年前のとうちゃこ地点がスタート地点。
番組が長寿番組になった証です。
神子畑選鉱場跡の回は、ディレクターズカットでも登場しました。
復習をさせてもらいました。

今週の帽子。
お化けとハートマークの帽子がかわいいです。

投稿日時:2019年11月01日 22:40 | ヒロピー

875日目の旅、観たよ。
「多々良木ダム」
2011年の神子畑選鉱場跡の旅の火野さんの記憶、
電線の鳥とか大したものです。
カレーうどん店のご主人、気さくでしたね。
雨と風でも、古希の火野さんが走るのには頭が下がります。
里子さんのお手紙、記憶に残りそうです。

投稿日時:2019年11月01日 21:06 | ももの爺

 風雨の中を強行して、「たまにはウナギを食わせろ」の正平さんの願いもむなしく、ランチはカレーうどんでしたが、美味しかったのですね。「どうするの、腹いっぱいになって坂を上がっていくの」との正平さんの一言(笑い)。
 とうちゃこの多々良木ダム近くでこう配が急になっている坂、それを見た正平さんが歩いていくことになり、「オンエアを見たとき、おやじさんに笑われるな」。あのランチを取った食堂のおやじさんに気を使われたのですね。
 里子さんのお手紙にあった「晴れたときに水面に映る景色」は雨で見られませんでしたが、里子さんの「こころの風景」を思い浮かべて拝見しました。

投稿日時:2019年11月01日 20:59 | ココア

周りが美しい山々に囲まれている、ダムのダイナミックさは、穏やかな空気が漂い素敵な景色でした!
丁寧に書かれ、正平さんとこころ旅へのお気持ちがたくさん込められ、“初めて”と書かれていた今日のお手紙 に、胸打たれました。
正平さんチームの皆さん悪天候のなか、大変お疲れ様でした
兵庫県の旅ありがとうございました。
皆様風邪をひかれませんよう~

投稿日時:2019年11月01日 20:51 | kimiちゃん

兵庫県4日目は、地元の朝来市にお住まいの、伊藤里子さんからのお手紙。
初めて日本語でつづったお手紙が「こころ手紙」だと聞いた正平さん。
久しぶりに、「行ったろうやんけ!」との雄叫びです。
この義侠心があらわれる瞬間が、正平さんの魅力なんですよネ。

どんなご縁であれ、中国から日本での暮らしになられた里子さん。
山懐に抱かれた朝来市での毎日を、私たちも想像します。

ワイルドな天候に苦闘しながらも、前進するチームこころ旅。里子さんへの応援歌のようで、シビレます。
嵐の中を自転車で行く映像のリアルさは、「こころ旅」ならではの世界です。

とうちゃこした「多々良木ダム」のほとりで……またも見えざる手で、雨が止みましたね。
正平さんの、8年前と変わらぬ、それ以上に馥郁たる人間味の増した旅姿に酔わされた、今夜のとうちゃこ版でした。

投稿日時:2019年11月01日 20:43 | 川崎ジンジャーエール

兵庫の次、岡山では、2年前の雨の倉敷・水島港を訪問した再放送をしていました。金田一耕助のマントを着て、岡山をまたまた訪問していただけるのは、大変うれしく思います。
台風18号の後、10月中旬、雨が続いて、心配しておりましたが、火野さん、スタッフさん、来週から、お元気でお目見えください。
放送、楽しみにしています。

投稿日時:2019年11月01日 20:01 | REYNOLDS

神子畑選鉱場跡、多々良木ダム…2年半前17才で天国へ旅立った愛犬と数回訪れた懐かしい場所が登場し、自然に涙が出てきました。激しい雨風の中、懸命にチャリオ君をこぐ正平さんの姿は、古希を迎えたとは思えない程、逞しかったです。そして、電線に止まっていたツバメ達をはっきりと覚えていたくらい、2011年の兵庫県への旅は正平さんにとって印象深いものだったのですね。兵庫県民として嬉しいです。

投稿日時:2019年11月01日 19:53 | しばわんこ

お天気まで仕込んじゃう齋藤監督、
さすがです(笑)
初めてのお手紙が運んだ幸運ですね!

投稿日時:2019年11月01日 19:42 | レオンの母

一漕ぎもしない下り坂を8年前は逆走、この坂を上って来られたんですね。木々も風でうなってる。そして土砂降りに。台風の影響の中の続行。仕事とはいええらいこっちゃ・・・。8年前の事なのに余程印象に残ってるのか細かい記憶が次々と正平さんの頭の中に走馬灯のように浮かんでるんだろう・・・。気良く呼び込んでくれた店主との会話がおもしろかった。銀杏って何であんなに臭いんだろう・・・銀杏拾いに誘われてびっくりした。でも大好き。旅はまだまだ続きますもの無理は禁物です。想像以上に大きなダムにちょっとビックリ。わざわざこんな場所まで出かけてくるのはどこか遠い故郷に似たような場所があったのでしょうか。慣れない他国での生活にはストレスも溜まっただろう。一文字・一文字が丁寧に書かれてあってお上手でした。皆様もお疲れ様でした。

投稿日時:2019年11月01日 19:33 | GUREKO

今日は、かつての銀鉱山ゆかりの場所からの出発、ということで、
正平さんに降りかかる小雨が、銀粉のようにキラキラ輝いて見えました✨
その後、鉛のような土砂降りに会われたようですね。
実は、私事で恐縮ですが、10数年前に見た夢で、
西日本の地図が出てきて、赤丸印が付けられました。
起きて調べると、朝来市辺りだったのですが、
何故かその地図がずっと頭から離れずにいるのです。
ただの思い込みだとは思いますが、
とうちゃこ版の映像を拝見したら、何かヒントが現れるのではないかと、
今からワクワクしていますo(^o^)o
季節の変わり目、皆様くれぐれもお体に気を付けられて下さい。

投稿日時:2019年11月01日 15:08 | 60代のひぃちゃん

2011年秋の旅での「神子畑選鉱場跡」。
当時の本放送では、まだ視聴者として定着していなかった私は、2017年放送のディレクターズカット版で、この旅を拝見しました。
「産業遺産」をめぐる旅はあっても、その地にかつて暮らした人の思いをたどる旅番組はありません。
時代と往時をしのぶ、「こころ旅」の真髄が表れたような旅でした。

この番組のすごいところは……当ホームページに、過去の放送当時が重層的に記録されていて、いつでも振り返れるところ。
で、さっそくたどってみると……この坂を上らせた監督さんは、齋藤監督さんご本人だったらしい。
そして台風に翻ろうされたのも、8年前と同じでした。

きょうの兵庫県4日目、朝版から、かつての戦友が集まって旅をたどるような、いい味わい。
伊藤里子さんのお手紙と、「多々良木ダム」。
とうちゃこを楽しみにしています。

投稿日時:2019年11月01日 14:22 | 川崎ジンジャーエール

「こころ旅」が始まった頃は、お手紙の方は来日して10年未満、それからも努力を続けられて漢字を使っての投稿が出来るまでに日本語が上達されているって素晴らしいことですね。「こころ旅」のメンバーの皆様も正平さん以下ワンチームとなり、コツコツと積み上げてこられてます。私も見習って、続けることを頑張ろうと思った朝でした。

投稿日時:2019年11月01日 14:00 | ゆっこ

忘れることのない旅です。
透き通るような色の紅葉が、とっても綺麗だった一本の木と、正平さんの言葉です。
正平さんは俳優さんだけど、詩人のように素敵な話し方される人だなぁとその時思いました。
バキッの音や、何かが落ちたり、突然の雨、グルグル回ってるような強風
台風接近時の、大変な旅‥
この日も正平さんの楽しい会話が、あったかいいつものこころ旅。
齋藤監督さんも荒れてる天候中のルートに、気を遣われたことと想像いたします。
正平さん、こころ旅にバンザイです!

投稿日時:2019年11月01日 13:49 | kimiちゃん

神子畑選鉱場跡からスタート。産業遺産としてドシッと山肌にある姿は迫力満点ですね。
お手紙の表現にアレっと?と思ったのですが、追記を読んでいただき納得!外国出身の方もトリコにするこころ旅〜なのであります。
台風の影響で走り出してすぐ天気が急変していく様子がわかり、下り坂で雨風が向かってきて怖かっただろうなぁと思いました。前回はずっと登ってきた!とやらせる方もやる方も苦笑い。もっとキツイ坂いっぱいあった!という正平さんの背後でそうですね!と強くうなづく水サン。まだまだ大丈夫ですね〜と監督はニヤリ。こんなシーンがこの番組らしい。
さらに荒天模様でとうちゃこは試練の連続? お気をつけて〜正平さん。

投稿日時:2019年11月01日 11:26 | ゆきぱん

今朝の出発地は『こころ旅』で今も正平さんの伝説的名言“山がお洒落をし始めたんです”の産まれた場所でしたね。しかも、その時と現在のシーンのシンクロに感激しました!
その時も台風は来ていたけれど、やっぱり地球温暖化は確実に進んでいるのですね。
番組はじめ頃の記憶、やっぱり正平さんにとっても思い出深いのか、冴えてる場面が多いかも。とても今では考えられないハードな距離と激坂の連続。水さんや齋藤監督との回顧シーンに、正平さんとチームこころ旅が今もそうして走り続けている事に、時の流れる速さと共に深い敬意を感じました。でも齋藤さん、あんまり古希使わないであげて下さいね(´∀`*)
今朝の頑張って日本語で初めて書かれたお手紙と共に頑張るチームこころ旅、とうちゃこ版が楽しみです。

投稿日時:2019年11月01日 11:10 | こもまま

冒頭、あ、ここはあれかな? と思ったらやはり みこばた でした。懐かしい。覚えてます。あの廃墟の佇まいが印象的ですから。正平さんの紅葉へのコメントが笑えた。

坂を下った途中で止まり、「あの頃は若かった」のおしゃべりが、皆さんと一緒に年を重ねてきた身には心の底から納得できる。おかしいよね。

今回の方の手紙に「どうりできたないと思った」との言い方は決して失礼ではなく、馬鹿にしたものでもなく、こういうコメントをシレッと言えるのが良いと思う。
私も、難しい漢字をきちんと書かれているのに、ちょっと舌足らずの文面が不思議でしたから。
いつもながら思いますが、こういうわざとらしさが無い番組はいいですね。

投稿日時:2019年11月01日 10:56 | マノ

「こころ旅」を見始めた頃の回で、景色とともに正平さんの「山がおしゃれをし始めた」に落とされました。
ディレクターズカット版はBDに収まっています。
秋の旅は何度も台風に悩まされたのではないですか?どうぞ皆様お気を付けて旅を続けてくださいね。

投稿日時:2019年11月01日 10:19 | フラン

嵐を呼ぶ男‼︎ と、ブログの題名にある様に、8年前に来られた時と同じ様に、また台風の影響で、雨風の中の撮影になりましたね。 雨の日の、岡崎監督の晴男Tシャツではないけれど、ギャグで、嵐を呼ぶ男Tシャツなんて…正平さん、着込んでいそうな〜んて思ってしまいましたわ。 今日のスタートの場所で、こころ旅42日目にして、あの名言 [山がオシャレをし始めたんです]が生まれたんですね。今年は、地球温暖化のせいなのか、残暑厳し過ぎたのでしょうか、紅葉が遅いですね。 まだまだオシャレ知らずのひよっこなんですね。雨、風、坂と三重苦との戦い‼︎ 新井さん、斎藤監督との絡み、笑いで吹き飛ばして欲しいです。 ダムの景色が、お天気のお陰、正平さん達の頑張りのお陰で、幻想的に見えるかも知れませんね。

投稿日時:2019年11月01日 10:04 | ぶらうにぃ

お便りの下段に謎の「歳」。54歳でホームシックって・・・。一字・一字丁寧に書かれた文章。正平さんが読まれてる間にいろいろ??でしたが読み終えてから分かった謎の答えと今夜のとうちゃこのダムが結びつきました。
あっという間の4個目の兵庫のこの場所は8年前に訪れてた場所。あれ以後に関西ローカルの情報番組で何度か紹介されましたが元はこころ旅だったのでは?今朝は一本の木から地球温暖化が証明されましたね。確かにずれてます。今日から11月というのに我が家の窓は全開です。テロップで出た台風18号の猛烈な風、10月は次々と狙い撃ちに会い多大な被害が出ました。新井さんのカメラレンズも土砂降りに。大変だ! 無事のとうちゃこを願ってます

投稿日時:2019年11月01日 09:46 | GUREKO

神子畑選鉱場 印象深い場所でしたのでよく覚えています(*^^)v
紅葉した木を見て 「山がおしゃれを・・・」と
おっしゃった正平さんの言葉も記憶にあります。

もう8年たつんやな~と 私も何だかしみじみ。。。
台風の風にあおられる正平さんの背中を見ながら
いろいろな思いがよぎります。
こころ旅はもはや生活の一部と思っていたけれど
人生の一部かも。。。(*^-^*)

今日のお手紙は 日本語で初めて書かれたとか。。。
一所懸命書かれた文字が あたたかい。。。
こころの風景が見られるか お天気がちょっと心配ですが
とうちゃこ版 楽しみにしています(^o^)/

投稿日時:2019年11月01日 08:59 | norinorimiffy

 8年前のとうちゃこからのスタート、紅葉していた1本の木に「おしゃれを始めた」の名言、よく覚えています。
 正平さんから「よく頑張ったお手紙です、頑張るぞ俺たちも」と一言、うれしい気持ちになりました。
 鉄橋跡や坂道、8年前を懐かしみながらの旅になっているのに、台風18号の強風で過酷な旅になって大変でしょうが、とうちゃこの多々良木ダムにたどり着いて、里子さんが癒やされた景色を見せてください。

投稿日時:2019年11月01日 08:40 | ココア

今朝のお手紙読まれた場所、覚えてます。綺麗に紅葉した木に、「木がオシャレを始めました」みたいな事言われたのを、忘れてません! こころ旅を通して、私のこころの風景にもなってる(≧∀≦)

投稿日時:2019年11月01日 08:27 | おかあさん

今日はBカメさんの,風にざわめく遠景の山から手前の正平さんにパンダウンしてくるカットに心奪われました。
現場の肌感覚がそのまま伝わってくるようで,「(Bカメさんが)かっこいい」と思わず口から出ました。

投稿日時:2019年11月01日 08:26 | 浜の紫爺

うわ!風と雨!強風に押され、風の声を聞きながら、昔の旅をなぞりながら。
正平さん、口は災いの元!登り坂、まだまだ大丈夫か?って言われちゃったよ~
「笑われても いいんだぁ」 また名言いただきました!
でも正平さんは笑われてるんじゃなくて笑わせてくれてるんですよ~。
漢字の試し書きつきのほっこりお手紙もよかったです。何もかも素が丸出しのこころ旅らしい指摘ですね!

投稿日時:2019年11月01日 08:06 | おかか

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2019年11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

バックナンバー